Cuphead Japanese_Translation Index《カップヘッド日本語訳 目次》


Don't Deal With The Devil《悪魔と取り引きするなかれ》

Introduction《イントロダクション》

Tutorial ~ Mausoleum 1《チュートリアル~霊廟1》

Inkwell Isle 1 NPCs《インク壺島1のNPC》

Inkwell Isle 1 Bosses《インク壺島1のボス》

Die House(Mr. King Dice Theme)《ダイ・ハウス(ミスター・キング・ダイスのテーマ)》

Inkwell Isle 1 Die House~Inkwell Isle 2《インク壺島1のダイ・ハウス~インク壺島2へ》

Inkwell Isle 2 NPCs《インク壺島2のNPC》

A Quick Break《クイック・ブレイク(ひと休み)》

Inkwell Isle 2 Bosses《インク壺島2のボス》

Mausoleum 2 ~ Inkwell Isle 2 Die House《霊廟2〜インク壺島2のダイ・ハウス》

Inkwell Isle 3 NPCs《インク壺島3のNPC》

Inkwell Isle 3 Bosses《インク壺島3のボス》

Mausoleum 3 ~ All of Bets are Off!《霊廟3〜全てを帳消しに》

Inkwell Hell《インク壺地獄》

Winner Takes All(Epilogue)《勝者は総取りする(エピローグ)》

Closing Credits《クロージング・クレジット(エンディングロール)》

KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]



Funko Vinyl Figures Cuphead – Cuphead、MUGMAN and the Devil 6 "セット

[PR]
# by CockRobin96 | 2017-11-25 10:51 | Cuphead インデックス | Trackback | Comments(0)

Introduction《イントロダクション》Cuphead

BGMはBandcampサウンドトラックでは3番。
ちゃんとおケツが割れてるところにカートゥーンみを感じる。


Once upon a time, in a magical place called Inkwell Isle,
there were two brothers named Cuphead and Mugman.
They lived without a care under the watchful eye of the wise Elder Kettle.
昔々、インク壺島と呼ばれる魔法の国に、
カップヘッドとマグマンという名前の二人兄弟がおりました。*1
賢者ケトル長老の見守りのもと、のんきに暮らしていました。

One day the two boys wandered far from home,
and-- despite the Elder Kettle's many warnings --
ended up on the wrong side of the tracks and entered the Devil's Casino.
ある日、男の子たちは家を遠く離れたところをぶらつき、
そして、──ケトル長老が散々注意したにもかかわらず──
ガラの悪い地区にまで行き着き、デビルのカジノに入ってしまったのです。*2

Inside, Cuphead and Mugman soon found themselves on a winning streak at the Craps table.
"Hot dawg!" exclaimed King Dice, the casino's sleazy manager.
"These fellas can't lose!"
カジノでは、カップヘッドとマグマンは気がつけばあっという間に、サイコロのテーブルで連戦連勝していました。*3
「これはすごい!」カジノのいかがわしげな支配人、キング・ダイスが感嘆しました。*4
「君たちは負け知らずだね!」

"Nice run, boys," laughed a newcomer.
The brothers gasped.
It was the casino's owner - the Devil himself!
"Now, how about we raise the stakes?" he suggested with a toothy grin.
「がんばってるな、坊やたち」と、闖入者が笑って言いました。*5
兄弟は息を飲みました。
それはカジノのオーナー、デビルそのヒトでした!
「なあ、賭け金を上げてみないか?」と、デビルはニヤリと歯をむき出しつつ、提案してきました。

"Win one more roll, and all the loot in my casino is yours!" the Devil boomed.
"But if you lose, I'll have your souls! Deal?"
「もう1回だけ勝てば、このカジノ中の全てが貴様らのものだ!」とデビルが高らかに言います。
「だがもし貴様らが負けたら、貴様らの魂を頂こう! 取り引きするか?」

Cuphead, blinded by easy riches, nodded and grabbed the dice a throw.
"Good gosh, Cuphead, no!" cried Mugman, for he understood the danger.
But it was too late!
簡単に金持ちになれるチャンスに目がくらんだカップヘッドは、うなずきサイコロを掴んで一振り。
「うわっ、カップヘッド、ダメだ!」危険に気づいたマグマンが叫びました。
しかし遅すぎたのです!

"Snake eyes!" laughed the Devil while slamming the floor.
"You lose!" The brothers trembled in fear as he loomed over them.
"Now, about those souls..."
「スネーク・アイズ(ピンゾロ)だ!」フロア中にデビルの笑い声が響きました。*6
「貴様らの負けだ!」兄弟は、その身にのしかかる恐怖でぶるぶる震えます。
「さて、貴様らの魂だが…」

The brothers pleaded for their very lives.
"Th-there must be another w-way to repay you," Mugman stammered.
"Yes, p-please Mister!" Cuphead added.
兄弟は懸命に命乞いをしました。
「き、きっと他のほ、方法で支払いますから…」マグマンがつっかえながら言います。
「そうです、お、おねがいします旦那!」カップヘッドがつけ足します。

"Hmm, perhaps there is," the Devil snickered, pulling out a parchment.
"I have here a list of my runaway debtors.
Collect their souls for me, and I just might pardon you two mugs."
「ふーむ、ならばこれだ」デビルは一枚の羊皮紙を取り出しながら、ニタニタと笑いました。
「ここに逃げた債務者どものリストがある。
 こいつらの魂を集めてこい、そうすれば貴様ら二杯を許してやらんでもないぞ」

"Now get going!" the Devil roared, kicking the boys out most rudely.
"You have 'til midnight tomorrow to collect every one of those souls!
Otherwise I'll be the one collecting yours!"
「今すぐ行け!」デビルは男の子たちを乱暴に蹴り出しながら怒鳴りつけました。
「明日の真夜中までに全員の魂を集めてくるんだ!
 さもなくば俺様が貴様らの魂をもらい受けるぞ!」*7

Cuphead and Mugman were terribly frightened and ran away as fast as they could.
"C'mon Mug!" panted Cuphead.
"We have to find the Elder Kettle. He'll know what to do!"
カップヘッドとマグマンはすっかり怯えきって、出来る限り速く走って逃げました。
「早く、マグ!」息を切らしながらカップヘッド。
「ケトルじい様を探さなきゃ。どうしたらいいかきっと知ってる!」

*1 ところで、MugmanがMegaman(ロックマンの英語名)のパロディなのは有名だが、Cup headはもともとネジでつるっとした丸頭のものを指す。watchfulは「用心深い、注意深い」という意味だが、じい様居眠りこいてますやん。
*2 end upは「行き着く、結局こうなる」という意味。島1のカエル兄弟のところでも出てくるが、wrong side of the tracksとは貧民地区、裏町を指す。→A Little Girl from Little Rock《リトル・ロックから来た娘》
*3 「クラップス」は二個のサイコロの出目を競うゲーム。初回に二個合わせて7か11が出れば勝ち、2・3・12なら負け。それ以外ならさらにサイコロを振り、7が出れば負け、初回と同じ数(これをポイントと呼ぶ)なら勝ち、それ以外の数なら決着がつくまで振り続ける。投げ手の客及び周囲の客は、その勝敗を賭ける。投げ手が自分の負けに賭けることも可能。この場合は7と11が出まくったのかもしれないが。
*4 Hot daug(Hot dog)は「すごい!」「やったー!」「上手いね!」という時に使う感嘆。sleazyはいかがわしいのほか軽薄、低俗、安っぽいなどろくでもない意味しかない。
*5 nice runはそのままだと「がんばってよく走ったね」みたいなほめ方。「good run」だと「最高ではないけど及第点」「まあ平均以上」みたいなニュアンスがある。→参考「NiceとGoodの違い
*6 slammingは普通「(ドアなどを)バタンと閉める、ドンと置く、ピシャリと叩く」もしくはスラングで「ぶったまげるような」などの意味だが、ここではどういう意味で使われてるのかよくわからない。誰か知ってたら教えてください。
*7 I'll be the oneは「自分がそれになる」を強調した感じ。

一応訳したけど、非公式攻略Wikiのストーリーにもほぼ同じ内容で載ってます。拙訳が後発なのでちょっと似てるのは勘弁してください。

2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」のセリフ等を勝手に日本語訳してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

レコード盤のサウンドトラックも販売中。
でもそろそろこのアフィ飽きてきた。
KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]


というわけで誰が買うのかわからんアホみたいに高いTシャツ


[PR]
# by CockRobin96 | 2017-11-24 22:23 | Trackback | Comments(0)

Inkwell Isle 3 NPCs《インク壺島3のNPC》Cuphead

BGMはBandcampサウンドトラックでは33番。ピアノバージョンは44番。
どことなく雰囲気が都会っぽくなってくる。


Ludwig(Gramophone) & Wolfgang(Radio): ラドウィグ(蓄音機)&ウォルフガング(ラジオ)(ドイツ語発音の場合はルートヴィヒ&ヴォルフガング)
Ludwig:
Achh, That Wolfgang!
Always taking ten notes to express two notes' worth of music!
He has no conception for what I mean by 'Less is more'!
I know you agree with me,
Go convince that tin-eared clock!
He won't listen to me anymore!
ラドウィグ:
ははぁ、ウォルフガングめ!
独奏より箔がつくと思って、いつも楽器をやたらに沢山使っておる!
彼にはわたしの言う「レス・イズ・モア」なんてさっぱり理解できんのだ!*2
君たちならわたしの言うことをわかってくれるだろう、
あの音楽オンチに分からせてくるのだ!*3
彼はもうわたしの言うことを聞いてくれんのだ。

Wolfgang:
So, Ludwig's been filling your mugs with his 'Less is more' drivel, eh?
Keep talking to that fool and soon nothing will sound right to you!
Don't say I didn't warn you!
ウォルフガング:
それで、ラドウィグのやつは君らの頭に「レス・イズ・モア」なんてたわごとを注ぎ込んだってわけだね?
あのアホと喋ってたら、すぐに何も聞こえなくなっちゃうよ。
あとでどうなっても知らないからね!*4

Ludwig:
My 'Friend' Wolfgang warned you about me, didn't he?
I thought he might, and he was right to do so!
Not everyone prefers to hear what I have to share...
わが「友」ウォルフガングは、わたしのことで文句を垂れただろう?
まあ彼はそうするだろうし、そうする権利がある!
万人がわたしの持論を聞きたがるわけではないからな…

Wolfgang:
What did I tell you about talking with that minimalist buffoon?!
'Less is more'...Bah!
あのぼんくらミニマリスト、僕の言った通りだろ!? *5
「レス・イズ・モア」だって…ウボァー!

Ludwig:
You came back!
Suspected you might.
I can tell you have an appreciation for true art.
Behold my minimalist masterpiece!
戻ってきたな!
疑っておるようだな…
お前たちの真の芸術の理解のために教えてやろう。
聴くがいい、ミニマリストの傑作を!
(BGMがピアノバージョンに切り替わる)

Wolfgang:
Well, I warned you!
Awful, isn't it?
Let us change the music back before our ears turn to jelly!
ほら、言わんこっちゃない!
ひどいもんじゃないか?
耳がでろでろになる前に、BGMを元に戻そう!*6
(BGMが普通バージョンに切り替わる)

*1 これはかなりの意訳。そのまんま直訳すると「いつも10音使って、2音だけの音楽より価値を上げようとしている」。ピアノなら右手と左手でメロディが二音。
*2 「レス・イズ・モア(少ないことは豊かなこと)」は19世紀の詩人ロバート・ブラウニングが初めて使ったとされる。のちに20世紀の建築家ローエがこれを標語とした。ミニマリストの好きな言葉。
*3 tin earでブリキの耳。耳が肥えていない、音楽に対する感性がうといという意味。「音楽が下手な人」という意味はない。
*4 直訳すると「僕が注意しなかったなんて言うんじゃないよ」。後で泣きを見たって知らんよ、とかそう言う時に使う。なお、warnは日本語ではよく「警告する」「忠告する」と訳されるが、「先に言っておく」くらいの軽いニュアンスでも使われるそうな。
*5 What did I tell you で「言った通りでしょ!」。お母さんなんかがよく言うあれ。
*6 turn to jellyで「ゼリーになっちゃった=ブルブルする、ガクガクする」。普通は足が震える時などに使う。

どこぞの楽聖を思わせるふたりのあいだを行ったり来たりするイベント。若干会話が噛み合ってない気がするが、訳が悪いのか元々なのかよくわからない…意味不明の会話をいちいち代行する、妙に律儀な主人公。
イベント終了後、島BGMがフルオケかピアノかに切り替えることができる。お好みでどうぞ。
ラドウィグは蓄音機、ウォルフガングはアンティークなラジオの姿をしている。BGM放送を担当しているのは彼ららしい。
戦車ネズミと違ってそこまでドイツ語なまりではない模様。


Pirate Girl: 海賊娘
Arrr, Yer gonna need some tips if ye want to keelhaul these deadbeats!
Start by mixin' up yer weaponry!
Can't expect all yer arms to work the same on every foe!
Mix and match, Landluvvers!
That's what I say!
あーら、あんたがあのロクデナシどもをうんと懲らしめてやりたいなら、アドバイスが必要やね!*1
まずはウエポンを組み合わせることからやね。*2
全ての武器が全ての敵に同じ効果があるとは限らないんよ。
組み合わせてマッチさせることやね、初心者くん!*3
そういうことやね!
*1 tipはウェイターなんかに渡す心付けのほか、助言・情報の意味がある。keelhaulは、昔船乗りの間で行われた罰の一種。紐をくくりつけて海に放り込み、そのまま船底の下をくぐらせて反対側まで泳がせる。転じて、うんと懲らしめる、厳しく罰する。
b0310887_08484383.jpg
*2 mix upは混ぜ合わせること。ぶちまける、ひとつずつ組み合わせる、取り違える、などいろんなイメージがある。
*3 Landluvver=Landlubber。新米水夫。「陸の上のすっとろいやつ」の意。
海賊の格好をしてはいるが、債務者を嫌っているようなのでキャプテン塩ヒゲのクルーではないらしい。この頃になるといろいろウエポンや攻撃法が増えているので、それをうまく組み合わせるようアドバイスしてくれる。それだけ。


Turtle: 亀
You boys think your situation is a multicolor mess,
Don't you?
But what if I told you there was a way to see it in shades of gray?
A way that only a pacifist platformer woluld be able to perceive?
Would you violent little mugs believe me if I told you that?
I wonder.
坊やたちは、自分たちが多色のまぜこぜの中にいると思ってるだろう?
違うかい?
でも、もしわたしがグレーの濃淡で世界を見る方法があるって言ったらどうする? *1
平和を愛するゲーマーだけが、それを見ることができるとしたら? *2
お前さんたちみたいな乱暴者のちびマグカップが、わたしの言うことを信じるのかい?
不思議だねぇ。

Ah, you found the path of pacifism!
I am quite impressed.
You shall now be able to see the world in a new light.
Go in peace!
ああ、お前さんたちは平和への道を見つけたのだね!
本当に感服させられたよ。
お前さんたちはもう、新しい光のなかで世界を見られるようになったのだよ。
ではご機嫌よう!*3

Bravo! You just earned a few bonuses,
Look at your option menu for new visual and audio modes!
ブラボー! ささやかなボーナスを受け取ったね。
新しいビジュアルとオーディオのモードを、オプションメニューで見てごらん!

*1 shades of grayは「はっきりしない」という意味でも使われる。1960年代に活躍したザ・モンキーズというアメリカンポップグループが、当時の暗い世相を反映した「灰色の影」というタイトルの歌を発表している。
*2 プラットフォーマーとは、ジャンプを駆使して障害物を飛び越え、足場から足場へ進んでいくタイプの横スクロールゲームの総称(縦なこともある)。代表的なものはもちろんスーパーマリオシリーズ。このゲームもプラットフォーマー。
*3 直訳で「心安らかに行きなさい」だが、「おさらば、ご機嫌よう」という意味でも使う(単に「Peace!」とも)。聖書に頻出するフレーズでもある。(士師記18:16、マルコによる福音書5:34など)
隠しモード解放のキーパーソン。Run&Gunの全てのステージで、ショットを使わずにクリアしてから再度話しかけると、モノクロモードを解放できる。


Forkington: フォーキントン(フォーク男)
Let's be honest, fellows.
Shall we?
There is class of grade a people, and then there is... well...
...Everyone else.
At the moment, You seem like... Everyone else.
And that means you cannot experience the world in the special way I do.
正直なところね、諸君。
いいかい?
ヒトには階級ってものがあってだね、そこには、その…
その他大勢がいる。
今のところ、諸君は…その他大勢の方のようだね。
つまり、諸君には僕のスペシャルな見方で世界を体感することができないってことだね。

My stars, you did it!
You are truly grade a in my book!
Now you can experience the world as I do!
驚いたよ、やり遂げたんだね!*1
君たち、僕の心の中では最高級だよ!*2
君たちも僕と同じように世界を体感できるようになったんだ!

My dear friends, you just earned a great bonus,
check out yer option menu for a new visual mode!
親愛なる友よ、特別ボーナスを受け取ったね!
新しいビジュアルモードをオプションメニューでチェックしてくれたまえ!

*1 my starsは「驚いた、びっくりした、おやまあ!」と言うときの慣用句。
*2 in my bookのbookは本という意味だけではなく規範、基準の意味がある。「自分の意見としては」「自分の中では」という意味で使う。
突然偉そうになんやコイツ…と思うが、実はこちらも隠しモードの一つ。全てのボス戦でA以上を取ると、赤と緑の二色カラーモードを解放することができる。そしてコイツの態度が馴れ馴れしくなる。
このカラーモードは、1909年から1914年にかけてのごく短い間に用いられたカラー映画の手法「キネマカラー」へのオマージュ。その後1932年に登場した三原色方式の「テクニカラー」に取って代わられた。


おまけ:いろんな隠し要素



2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」のNPCのセリフを勝手に日本語訳してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

レコード盤のサウンドトラックも販売中。
でもそろそろこのアフィ飽きてきた。
KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]


というわけで誰が買うのかわからんアホみたいに高いTシャツ


[PR]
# by CockRobin96 | 2017-11-22 21:22 | Trackback | Comments(0)

Inkwell Isle 2 NPCs《インク壺島2のNPC》Cuphead

BGMはBandcampサウンドトラックでは17番。ピアノバージョンは20番。


The Barbershop Quartet: バーバーショップ・カルテット
Whoever heard of a Barbershop trio?
If we can't find our fourth member,
We'll never sound right again!
Be a pal and let us know if you spot him, won't you?
3人しかいないアカペラ四人組なんて、誰が聞いてくれるんだ?
4人目を見つけ出せなきゃ、
二度とちゃんと合唱なんてできないよ!
ねえ頼むよ、もし彼の居場所がわかったら、僕らに教えてくれないかい?*1

At last!
I thought I'd never see another living soul again!
I lost my way while searching for coins.
No one has money for haircuts these days,
Thanks to that blasted casino!
Well, I'd better get back to my pals in the quartet!
ついに助かった!
もう二度と他の生きたヒトに会えないかと思ったよ!
コインを探してるうちに、道に迷っちゃったんだ。
このごろはみんなヘアカットするお金もないんだ、*2
あのいまいましいカジノのせいでさ!
さて、僕もカルテット仲間のところに戻った方がいいね。

Oh boy, you did it!
We're a quartet once more!
Gee, you must have run yourself ragged tracking him down!
We can't thank you enough! Let's celebrate with a song!
Ready, boys? Key of B flat...
やあ坊や、やってくれたんだね!
僕ら四人組に元通りさ!
ああ、彼を追いかけたんですっかりくたくたにさせてしまったね!*3
感謝してもし足りないよ! 歌でお祝いしよう!
みんな、いいかい? シのフラットの音で…

A Quick Break《クイック・ブレイク(ひと休み)》

Can't get enough of that diddy, eh?
Okay, boys, one more time! With feeling!
これっぽっちじゃ満足できないんだね?
オーケイ、みんな、もう一回だ! 気持ちを込めて!

*1 be a palは直訳すると「仲良くしてよ、友達になってよ」だが、「頼むよ(だって友達だろ)」というニュアンスがある。
*2 この島の住民でヘアカットが必要なのがどれくらいいるんだ思ったが、デビルを顧客にすれば夢の永久機関完成するな!
*3 run (whom) raggedで「クタクタになる」。
床屋のサインポールのアカペラ4人組。
詳細は→A Quick Break《クイック・ブレイク(ひと休み)》で。


Canteen Pilot: 水筒パイロット
Good timing, fellas!
I just added an upgrade on your aeroplanes!
Now you can wallop your foes with bombs!
Just switch your weapon whenever it strikes your fancy!
Try it out!!
グッドタイミングだよ、君たち!
ちょうど君たちの飛行機に新機能をつけたところなんだ。
これで敵にボムをぶちかませるんだよ!
いつでも好きなウエポンにスイッチで切り替えるだけさ!*

Your Aeroplane are now equipped with mini-bombs,
Switch your weapon anytime during battle!
君たちの飛行機は今ミニボムを装備してるよ、
バトル中いつでもスイッチでウエポンを切り替えてね!

* strike (who's) fancyで「興味を惹かれる、そそられる、魅力的に感じる」。
島1にいるパイロットとの関係は不明。同一人物なのか別人なのか。
というか殺る気満々じゃないですかやだー!


Cookie girl(Pink girl, Candy girl): クッキー娘(ピンク娘、キャンディ娘)
You can't catch me...
Unless you take a shortcut!
That's what some punk kids did last week!
It's the only way they could've beaten me to the rides!
Say, Maybe you could show me where the shortcut is around here...?
お前には追いつけっこない…
近道を使わない限りはね!
そんなことを先週悪ガキ達がやってたのよ!
近道って、あいつらがあたしを出し抜いて先にアトラクションに乗れる唯一の方法なの。*
ねえ、この辺の近道がある場所を教えてくれたりする…?

Thanks, Fellas!
I know there was a faster way across the island!
Now I'll be first on all the rides again!
Here, takes this coin as my way of saying thanks.
あんたたち、ありがとうね!
この島の向こう側に早く行ける道がそれなのね!
また全部のアトラクションに一番乗りできるわ!
さあ、お礼にこのコインを持っていって!

*beatは叩くの他に「負かす、出し抜く」という意味がある。


Juggler: ジャグラー(お手玉男)
Well, Hey there, Fellas!
Come to watch my little show, Have you?
They say juggling is a bit like parrying.
Tough at first, but soon you can string them together swimmingly!
I'm hoping to get to four someday.
Four in a row...
Yeah, That would be something, wouldn't it?
やあ、そこの君たち!
ちょっとしたショウを見てかない?
お手玉ってちょっぴり「パリィ」に似てるって言われてるんだ。
最初は難しくても、すぐにスイスイできるようになるよ!
いつか四つ玉で投げられたらいいなあ。
四つ並べば…
そう、何かが起こりそうじゃない?*1

Hey, I heard you managed to parry four times in a row!
I'll bet you're so proud you could bust!
Here's a coin to reward your persistence, boys!
Don't spend it all in one place, now!
やあ、四連続パリィをやり遂げたんだってね!
君たちが記録を破れたなんて僕も誇らしいよ。*2
坊やたちの粘り強さをたたえて、このコインを進呈します!
パーッと使っちゃダメだよ。*3

*1 ポール・マッカートニーの歌のタイトルでもある。
*2 bustはbreakと同じ意味で使われることがある。
*3 直訳すると、「一箇所で全部使っちゃダメだよ」。小銭でもこう言ったりする定番のジョーク。


Lightbulb scholar: 電球学者
So you have spoken with Quadratus,
The watery being across the isle?
That is something few others can claim.
クアドラトゥスと話したことはあるかね?
この島の向こう側の池にいる存在なんだが…
ほんのわずかなヒトだけが話せるものなんだ。


Quadratus: クアドラトゥス
Through all your battles, and all my rhymes...
...You have failed and perished ( ) times.
そなたの戦いの中で、我の詩の中で…
…そなたが過(あやま)ち、果てたのは( )回だ。*

*ストレートに言えば「しくじって死んだ」。やっぱり死んでるのか…
アメリカの女流詩人エミリー・ディキンソンの詩にTo fail ... To perishという句が出て来るが、関連は不明。
quadrateで「正方形の」。2世紀頃のギリシャに同名の神学者がいる。
池の中にいて、これまでの失敗回数を教えてくれる謎の存在。
Inkwell Isle 1 Bosses《インク壺島1のボス》でもとりあげた「Swing You Sinners!」のオバケ(左)に似ている。
b0310887_13094555.jpg

2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」のNPCのセリフを勝手に日本語訳してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

レコード盤のサウンドトラックも販売中。
でもそろそろこのアフィ飽きてきた。
KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]


というわけで誰が買うのかわからんアホみたいに高いTシャツ


[PR]
# by CockRobin96 | 2017-11-19 14:37 | Trackback | Comments(0)

Inkwell Isle 1 NPCs《インク壺島1のNPC》Cuphead

BGMはBandcampサウンドトラックでは6番。ピアノバージョンは14番。
NPCたちの公式名はポークリンド氏以外は不明。ネットで使われている様々な愛称を併記。


Apple(Mac):リンゴ男(マック)
Hey, Fellas! Look like you're in for it now, eh?
Well, I used to be the same way. Always gettin' into troble...
...Runnin', Jumpin', Shootin'...
...But now I prefer just strollin' around and goin' to the pictures!
But hey, Lemme give ya a hand! Take this!
よっ、お前ら! えらいことに巻き込まれたって様子だな、だろ?*1
まあ、オイラも昔はよくそんな目に遭ってたもんさ。いつもトラブルを起こしちゃって…
…走ったり、飛んだり、撃ったり、…
…でも今はその辺をぶらぶらしたり、映画を見に行ったりする方が好きなんだ!
だけど、ちょっとだけ手を貸してやるよ! これを持って行きな!*2

Hey, Guys! Good to see ya again!
Hope those coins helped out a bit!
Maybe check with other folks around here, They might help ya too!
よっ、お前ら! また会えて嬉しいぜ!
あげたコインが少しは助けになるといいな。
この辺の他のヒトたちをチェックしてみな、みんなもお前らを助けてくれるかもよ!

*1 be for in itはひどい目にあわなきゃいけない、罰をうけなくてはならない、などの意味。
*2 ちゃんとした文に直すと「Let me give you a hand.」
旅するニンジンてどう見てもニンジンではない。
頭を誰かに食いかじられてるけどピンピンしているアップルヘッドくん。マックというのは愛称で公式名は不明。
元ネタはもちろんPCのアップル。このゲームはウィンドウズじゃないとできないけどな!


Porkrind's Emporium: ポークリンド商店
You gots to equip those new purchases if you want to use them,
Look at your equip card.
Ya bums!
新しく買ったものを装備して使いたいなら、
購入品カードを見るんだぜ。
ものぐさども!*

*客に向かって言ってええんか。他にも怠け者、おケツなどの意味がある。ケツ…?


Coin Guy(Grampy Coin): コイン男(コイン爺さん)
Harumph!!
I'll be a Monkey's uncle if I'm putting my moolah in the bank.
For all I know, the Devil probably controls the place too!
They'll never get ahold of my gold if I spread it all around.
And if some Joe happens to find a coin or two...
Good for him!
That's what I say.
Harumph!
うぉっほん!
もしも銀行におゼゼを預けようとしたら、きっとえらい目に遭うに違いないのじゃ。*1
よくは知らんが、そこもきっとデビルに支配されてるのじゃ!*2
金貨を島中にばらまいてやれば、やつらもワシの金貨を手にいれることはないのじゃ。
もし誰かさんがコインやなんかを見つけることができたら…*3
そいつはラッキーじゃな!
そういうことじゃ。*4
うぉっほん!

*1 be a Monkey's uncleは「お猿のおじさんになる=信じられないような目に遭う」という意味。
*2 For all I knowで「自分が知っているのはコレで全部=あまりよくは知らない」。
*2 Joeは不特定多数の男性。なぜ男性に限定されるのか。目の前の小僧にわざと教えてるのかな?
*3 自分の言った後にかぶせた場合は「これがわたしの意見だ、この通りだ」。相手の発言にかぶせた場合は「あなたの言うとおりだ、わたしも同意見だ」になる。
ケチなんだか気前がいいんだかよくわからないコインおじさん。
島中に散らばっているコインは、どうやら彼がばらまいたものらしい…


Canteen Pilot (Gas Can, Engineer): 水筒パイロット(ガス缶、エンジニア)
What's that? You two want to fly in a plane like i do? Ha!!
You're not sitting in any cockpit 'til you study those blueprints!
なんだい? 君たちふたりとも僕みたいに飛行機で飛びたいのかい? ははっ!
そこの青写真で飛び方を勉強するまでは、操縦席にも座れやしないよ!

青写真とは、図面の複製写真、もしくはその写真の撮影法。青地に白線、もしくは白地に青線で映るのが特徴。

水筒だかなんだかよくわからないパイロット。「Ha!!」と言うので、ヒルダちゃんの関係者かもしれない。水筒だとしたらこの軍用タイプのもの。島2にそっくりなパイロットがいるが、関係は不明。アップの顔を見ると水筒で確定らしい。



Fishing Fish Lady: 釣り魚のお嬢さん
Begone, spirits! Oh, wait...You're real.
I was about to hit you with the ol' parry move!
That's how you deal with ghost 'round here.
Only a nitwit tries shootin' someone who ain't really there.
Speakin' of not bein' places... would you fellas mind movin' on?
You're spookin' the fish.
オバケめ、あっち行け! あら、ちょっと待って…実体があるのね。
あんたたちを「パリィ」の動きでひっぱたくところだったわ。*1
「パリィ」だけがこのあたりのオバケをどうにかできる方法なの。
実体のない連中をショットで倒そうとするのは、マヌケだけがすることよ。
ここはお喋りする場所じゃないの…あんたたちもう行ってくんないかしら?
お魚が怯えて逃げちゃうじゃない。

So I hear you fellas gave some of them ghost what-for.
Glad someone finally sorted 'em out!
Might make the fishin' even better here.
Then again... might not.
わたしが言ったとおりオバケ達にがつんと食らわせてきたのね。
誰かさんがついにあいつらをやっつけてくれたんで喜んでるの!*2
ここでの釣りもずっとはかどるわね。
と思ったけど…そうでもないかもね。

*1 Parryは「攻撃を受け流す」という意味だが、Cupheadゲーム中ではピンク色の敵や物体に重なった瞬間にジャンプボタンを押すことで攻撃を無効化し、さらに必殺技ゲージを貯めることができる技のこと。
*2 この訳であってるのかどうかわからない。「とうとうあいつらがやっつけられて、誰かさんも喜ぶわ。」かもしれない。
共食いするつもりなのか、単に釣って遊んでるだけなのか…

動画なし
Axe(Axe Guy, Chip, Axe Girl):斧(斧男、チップ、斧娘)
What're you lookin' at?
My chip? Ha!
It's not my fault!
I been busy fightin' off those casino debtors!
Now I gotta save up to have my blade fixed!
So help me, I wish someone would bust that King Dice one!
何見てんのさ?
刃こぼれしてる? ふん!
ボクのせいじゃないよ!
カジノの債務者どもとケンカしてて忙しかったんだ!
刃こぼれを治すのに貯金しなきゃいけないのにさ!
ほんとにもう、誰かあのキング・ダイスをボコボコにしてくれたらいいのに!

Say, fellas, thanks for setting things down around here.
Maybe now I can collect enough dough to pay for my chipped blade.
Speakin' of which...
I should get back to work.
Gotta make hay while the sun shines!
あっ、君たち、この辺の奴らをやっつけてくれてありがとう!
これでたぶん、刃こぼれを治すのに充分なくらいお金を貯められるよ。*1
ということで…*2
仕事に戻らなくちゃ。
今のうちにやれることをやっとかなきゃね!*3

*1 doughはドーナツのドー。生地という意味だが、お金、現ナマのことも言う。
*2 「ところでそれで思い出したんだけど…」みたいなときに使われる言い回し。それまでの話題からあまり逸れてない場合に使う。180度関係ない話題に転換するときは「by the way」。
*3 ことわざのひとつ。「日が差しているあいだに干し草を作れ=チャンスをものにする」。「できるときにできることをやれ」とも。

島1のボスを全て倒すと、ちょっと横にどいてくれてその奥のコインが取れるようになる。
が、嬉しさのあまりそのままサイコロハウスに直行するプレーヤー多数な模様。
島2にいる、「近道を教えるとコインをくれるピンク娘」が女の子だからこっちも女の子じゃない? みたいな説があるが真相は不明。
カプマグ兄弟と同じく取り立てを押しつけられた…のではなく、取り立てを警戒したボス達に問答無用で攻撃され、仕事が出来なくなっていたらしい。
あとダイス氏は結構有名人らしい。悪い意味で。

2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」のNPCのセリフを勝手に日本語訳してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

レコード盤のサウンドトラックも販売中。

でもそろそろこのアフィ飽きてきた。

KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]


というわけで誰が買うのかわからんアホみたいに高いTシャツ


[PR]
# by CockRobin96 | 2017-11-18 09:16 | Trackback | Comments(2)