Nancy Whiskey《ナンシー・ウイスキー》


*Whiskey whiskey, Nancy whiskey
 Whiskey whiskey, Nancy-O!
 Whiskey whiskey, Nancy whiskey
 Whiskey whiskey, Nancy-O!
*ウイスキー、ウイスキー、ナンシー・ウイスキー
 ウイスキー、ウイスキー、ナンシー・オー!
 ウイスキー、ウイスキー、ナンシー・ウイスキー
 ウイスキー、ウイスキー、ナンシー・オー!

I am a weaver, a Calton weaver,
I am a brash and a roving blade.
I got silver in my britches,
And I follow the roving trade!
俺は機織り、カルトンの機織り職人*1
モーレツで放浪癖アリの男*2
ズボンの中に小銭が入ったから
ちょいと両替にでも行くとしよう

*Refrain
*繰り返し

I went into Glasgow city,
Nancy whiskey I did smell
I walked in, sat down beside her
Seven long years; I loved her well!
グラスゴーに行ったらば*3
ナンシー・ウイスキーちゃんの匂いを嗅ぎつけた
入って、彼女の隣に座ったら
七年ものあいだ乳繰りあい!

*Refrain
*繰り返し

More I kissed her, More I knew her
More I loved her, More she smiled!
I forgot my mother's teaching,
Nancy soon had me beguiled!
もっとキスして、もっとお近づきになって、
もっと好きになれば、もっと笑いかけてくれる!
おっ母さんの教えも忘れ果てて、
ナンシーちゃんにすっかり首ったけ!

*Refrain
*繰り返し

Woke up early in the morning,
Lying halfway off the bed,
Tried to rise, but I was not able
Nancy damn near knocked me dead!
朝早くに目覚めたら
ベッドから出られない
起きようとするけど出来なくて
全くナンシーのアマには参ったね!*4

*Refrain
*繰り返し

I'll get back to the Calton weaving;
Surely make those shuttles fly,
I'll make more at the Carlton weaving,
Than ever I did at the roving way.
カルトンの機織り場に戻って
投げ杼を飛ばして機織りだ
カルトンで機織りしている方が
ぶらぶらしてるよりは全然マシ

*Refrain
*繰り返し

All you weavers, you Calton weavers,
All you weavers where e'er you be,
Beware of whiskey, Nancy Whiskey
She'll ruin you, she ruined me!
職人たちよ、カルトンの機織り職人たちよ
三千世界の機織り職人たちよ
ウイスキーには気をつけろ、ナンシー・ウイスキーちゃんには
彼女はお前らを、俺をぶっ壊す女だぜ!*5

*Refrain
*繰り返し

*1 スコットランドのグラスゴーそばにある場所。かつては非常に栄えたが、現在はシャッター商店街状態らしい。ちなみにエディンバラにあるカールトンヒルは名前が似てるだけで別物。
*2 blade 刃という意味の他に、「奴」とか「野郎」的なニュアンスの男性を指す。
*3 グラスゴーはスコットランド最大の都市。中世から大学を持つ学芸都市であり、アメリカとの貿易で栄え、そのあとさらに産業革命で工業都市として栄えた。職工業も重要な産業のひとつだった。昔は。現在はイギリスで失業率がめちゃ高い地区の一つ。スコットランド独立はかつて悲願であったが、今や「独立しない方がマシ」と言われているレベル。だったのだが、最近ちょっと持ち直してきたらしい。
*4 knock ()`s dead 感動させる、悩殺するの意。
*5 「お前らをダメにする女だぞ、俺をダメにしたようにな!」でもいいかもしれない。

 江戸っ子を彷彿とさせる、宵越しの金を持たないタイプの職人の歌。飲んでるのはもちろんスコッチウイスキー。ウイスキーの原型は12世紀頃にはすでにあったが、現在のような琥珀色に熟成させたものは18世紀頃に登場。グラスゴーやエディンバラではさらに原料の大麦をトウモロコシなどに切り替え、新しく発明された蒸留機を使って安価に大量生産したグレーンウイスキーが誕生した。大麦由来のモルトウイスキーと混ぜるとブレンデッドウイスキー。
 まあ、とにかく比較的新しい歌であろうと思われる。
 なお、ロビンは酒が飲めないので、酔っぱらってハメをはずすとかいう行為に嫉妬を感じている模様。酔っぱらえないからハメなんかはずしようがないんだよ!

他の人の歌詞対訳


収録アルバム: Special Reserve


[PR]
by CockRobin96 | 2014-05-09 21:06 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jennywren.exblog.jp/tb/22571184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Our house below... The Cruel Mothe... >>