Oranges and Lemons《オレンジにレモン》


Oranges and lemons,
Say the bells of St. Clement's.
「オレンジにレモン」と*1
聖クレメントの鐘が言う

You owe me five farthing,
Say the bells at St. Helen's.
「お前に5ファージング貸しがあるぞ」と*2
聖ヘレンの鐘が言う

When will you pay me?
Say the bells of Old Bailey.
「いつ支払ってくれる?」と
オールド・ベイリーの鐘が言う

When I grow rich,
Say the bells of Shoreditch.
「お金持ちになったらね」と
ショアディッチの鐘が言う

When will that be?
Say the bells of Stepney.
「いつなるの?」と
ステップニーの鐘が言う

I do not know,
Say the great bell of Bow.
「知らないよ」と
ボウの大鐘が言う

Here comes a candle to light you to bed,
And here comes a chopper to chop off your head.
(Chip chop, chip chop, the last man's dead.)
お前をベッドへ案内するろうそくが来たぞ
お前の首を切り離す首切り役人が来たぞ
(チョンパ、チョンパ、最後の奴が死んだぞ)

Pancakes and fritters,
Say the bells of St. Peter's.
「パンケーキに天ぷら」と*3
聖ピーターの鐘が言う

Two sticks and an apple,
Say the bells at Whitechapel.
「飴ん棒二本にりんご一個」と*4
ホワイトチャペルの鐘が言う

Old Father Baldpate,
Say the slow bells at Aldgate.
「つるっぱげの親父さん」と
オルドゲートの鐘が遅れて言う

Pokers and tongs,
Say the bells at St. John's.
「火かき棒に火ばさみ」と
聖ジョンの鐘が言う

Kettles and pans,
Say the bells at St. Ann's.
「やかんに平鍋」と
聖アンの鐘が言う

Brickbats and tiles,
Say the bells of St. Giles'.
「れんがつぶてにタイル」と
聖ジャイルズの鐘が言う

Here comes a candle to light you to bed,
And here comes a chopper to chop off your head.
(Chip chop, chip chop, the last man's dead.)
お前をベッドへ案内するろうそくが来たぞ
お前の首を切り離す首切り役人が来たぞ
(チョンパ、チョンパ、最後の奴が死んだぞ)

*1 オレンジもレモンも、イギリスがEUに加盟する以前は非常に高価なフルーツだった。なお、この名は1665年のダンス曲集にすでに登場している。
*2 ファージングは現在では使われなくなったイギリスの通貨単位。1ペニーにつき4ファージング。古いバージョンでは「ten shillings(10シリング)」。1ポンドにつき20シリング、1シリングにつき12ペンス。
*3 フリッター、フリットは要するに洋風天ぷらだが、魚や野菜だけでなくりんごやバナナなどを衣で包んで揚げてデザートにすることもある。日本の天ぷらに比べるとフニャッとしている。
*4 「sticks」を棒状のお菓子と解釈することもできるが、欧米で定番のお菓子であるりんご飴のことかもしれない(りんごの数が足りないが)。ハロウィンや11月のガイ・フォークスデーなどで定番となっている。
b0310887_10031612.jpg

text & tune: イギリスのナーサリーライム。文献初出は1744年頃に出版された『Tommy Thumb's Pretty Song Book(トミー・サムの可愛い唄の本)』。

初出の形は、以下のようになっていた。

Two Sticks and Apple,
Ring ye Bells at Whitechapple,
「飴ん棒二本にりんご」と
ホワイトチャペルの鐘が鳴る

Old Father Bald Pate,
Ring ye Bells Aldgate,
「つるっぱげの親父さん」と
オルドゲートの鐘が鳴る

Maids in White Aprons,
Ring ye Bells a St. Catherines,
「白エプロンの女中たち」と
聖キャサリンの鐘が鳴る

Oranges and Lemons,
Ring ye bells at St. Clements,
「オレンジにレモン」と
聖クレメントの鐘が鳴る

When will you pay me,
Ring ye Bells at ye Old Bailey,
「いつ支払ってくれるの」と
オールド・ベイリーの鐘が鳴る

When I am Rich,
Ring ye Bells at Fleetditch,
「お金持ちになったらね」と
フリートディッチの鐘が鳴る

When will that be,
Ring ye Bells at Stepney,
「いつなるの」と
ステップニーの鐘が鳴る

When I am Old,
Ring ye Bells at Pauls.
「年をとったらね」と
聖ポールの鐘が鳴る

ロンドンの鐘尽くし(ただし一部の鐘は現在失われているか特定できなくなっている)の、とぼけた童謡。日本の「通りゃんせ」と「花いちもんめ」を組み合わせたような遊びで、歌いながら「オレンジ」と「レモン」に別れた後、お互い引っ張りあって勝敗を決める。
かつて斬首刑が公開されていた記憶と、借金が重なって投獄されたという歴史が結びついたものという説がある。

Crimson Ensemble
収録アルバム: Classic Nursery Rhymes, Vol. 1


The Broadside Band
収録アルバム: Old English Nursery Rhymes


おまけ:ウォルター・クレインによるイラスト
b0310887_09530327.gif
さらにおまけ:ヘンリエット・ウィルビーク・ル・メールによるイラスト
b0310887_09531760.gif

さらにさらにおまけ:Bob Chilcott(1955-)によるパロディ曲
London Bells《ロンドンの鐘》

amazonには楽譜しかないのだ

[PR]
# by CockRobin96 | 2017-08-17 10:52 | Trackback | Comments(0)

With A Voice Of Singing《歌声もて》


With a voice of singing
declare ye this,
and let it be heard,
Alleluia.
歌声もて
汝ら宣べ伝えよ、
告げ知らせよ、
アレルヤ。

Utter it even unto the ends of the earth.
げに、地の果ての極みまでも。

The Lord hath delivered his people,
Alleluia.
主はその民を救い出し給えりと。
アレルヤ。

O be joyful in God, all ye lands,
O sing praises to the honor of his name,
make his praise to be glorious.
神にありて歓び溢れよ、全地よ、
主のみ名の誉れをほめ歌え、
その賛美を栄えあるものとせよ。

With a voice of singing
declare ye this,
and let it be heard,
Alleluia.
歌声もて
汝ら宣べ伝えよ、
告げ知らせよ、
アレルヤ。

Alleluia.
declare ye this,
and let it be heard,
Alleluia.
アレルヤ。
汝ら宣べ伝えよ、
告げ知らせよ、
アレルヤ。

text: 旧約聖書イザヤ書48:20(欽定訳による)
tune: Martin Shaw(1875-1959)

四声と三声がある模様。アマゾンだとなぜか男声しかない。

河野和雄(多分東洋英和のオルガンの先生)による日本語訳詞:
歌声もて
知らせよ み救いを
アレルヤ

知らせよ み救いを
アレルヤ

告げよ 遠く地の果てまでも

み神は世人(よびと)を救い
アレルヤ
命を与え給う
アレルヤ

喜べ いざ民よ
ほめ歌え み名の栄え
たたえよ 御稜威(みいつ)を

歌声もて
知らせよ み救いを
アレルヤ

アレルヤ
知らせよ み救いを
アレルヤ

ピアノ伴奏のしかなかった
Matthew Curtis
収録アルバム: With A Voice Of Singing SATB - Martin Shaw


オルガン伴奏だけど男声三重唱
Mount St. Mary's Seminary Vespers Schola
収録アルバム: Canticles of the Seasons: Advent, Christmas, Easter, and Marian Devotion

[PR]
# by CockRobin96 | 2017-08-16 16:33 | Trackback | Comments(0)

Find the Music in You《あなたの中の音楽》MLP


[Big McIntosh]
Trot outside and you see the sunshine
Something's in the air today
Sky is clear and you're feelin' so fine
Everything's gonna be a-okay
[ビッグ・マッキントッシュ]
外を小走りすればお日様キラキラ
今日は何かがありそうな感じ
空は澄み切って気分は上々
何もかもがうまくいきそう

[ALL]
If you listen carefully
On every corner there's a rhythm playing
Then it happens suddenly
The music takes you over and you'll
気をつけて聞いてごらん
そこら中にリズムが刻まれてる
それは突然に起こるんだ
音楽があなたを覆い尽くして、気づかせるんだ

Find you've got the music
Got the music in you
Find you've got the music
Got the music in you
あなたが持ってる音楽に気づいて
あなたの中の音楽に
あなたが持ってる音楽に気づいて
あなたの中の音楽に

[Big McIntosh]
Every pony's sayin'
you should learn to express your voice
But if talk doesn't seem like it's the answer
Luckily you have a choice
[ビッグ・マッキントッシュ]
ポニー達はみんな言うよ
もっと声を絞り出してみたらって
でもお喋りじゃ答えにはなりそうもないよ
幸いにも音楽は選り好みができる

[ALL]
When you find you've got the music
Got the music in you
Find you've got the music
Got the music in you
Got the music,
got the music in you!
あなたが持ってる音楽に気づいたなら
あなたの中の音楽をつかまえて
あなたが持ってる音楽に気づいて
あなたの中の音楽をつかまえて
音楽をつかまえて
あなたの中の音楽を!

[Fluttershy]
There's music in the treetops
And there's music in the vale
And all around the music fills the sky
[フラッターシャイ]
音楽はこずえのてっぺんにも
音楽は谷間の中にも
どこにいても音楽は空に充ち満ちる

There's music by the river
And there's music in the grass
And the music makes your heart soar in reply
音楽は川辺にも
音楽は草むらの中にも
音楽はあなたのハートに響いて舞い上がらせる

(When you find you've got the music)
You've got to look inside and find
(あなたが持ってる音楽に気づいたなら)
あなたの中を覗いて、気づいてあげて

(Find you've got the music)
The music deep inside you
(あなたの持ってる音楽に気づいて)
音楽はあなたの奥深く

(Find you've got the music)
'Cause when you look inside,
you'll see it
(あなたの持ってる音楽に気づいて)
あなたの奥深くを覗けば
あなたにもわかるはずだから

(Find you've got the music)
You're gonna find it,
gonna find
(あなたの持ってる音楽に気づいて)
あなたもきっと気づくでしょう
気づくでしょう

You've got the music
Got the music,
got the music
Got the music in you!
あなたが音楽をもうつかまえてることに
音楽を
音楽を
あなたの中の音楽を!

text & tune: Daniel Ingram(1975-)

はあフラタかわかわ。

未だ吹き替えられざるマイリトルポニー トモダチは魔法のシーズン4第14話の劇中歌。
ラリティが結成したアカペラユニットに憧れる歌好きなフラッターシャイだったが、シャイすぎて人(ポニー)の前で歌うなんてとても無理なのだった。ところが本番直前にメインだったビッグ・マッキントッシュが喉を痛めて声が出せなくなり、代わりにフラタが魔法の草で声を変えて裏側で歌うことになる。アカペラユニットは大好評であちこちからお呼びがかかるが、歌う快感にハマったフラタが渋るラリティを説得して出演しまくる。とうとう調子こいたフラタが……というお話。

おそらく元ネタはアメリカの作曲家ジョージ・ガーシュインがミュージカル『クレイジー・フォー・ユー』のために作曲したI Got Rhythm《アイ・ガット・リズム》。


Daniel Ingram
収録アルバム: My Little Pony: Friendship is Magic Songs of Harmony

[PR]
# by CockRobin96 | 2017-08-12 20:18 | Trackback | Comments(0)

Finnegan's Wake《フィネガン家のお通夜(フィネガンズ・ウェイク)》


Tim Finnegan lived in Walken' Street
A gentleman Irishman mighty odd;
He seen a brogue so soft and sweet
And to rise in the world he carried the hod
ティム・フィネガンはウォーケン通りに住んでいた
紳士で、アイルランド男で、かなりの変わり者
なまりも心地よい優男(やさおとこ)*1
レンガ箱を担いで世過ぎをしていた

Tim had a sort of a tipplin' way
With a love of the liquor now he was born
To help him on with his work each day
Had a "drop of the cray-chur" every morn
ティムは飲み助といってもまあよかった
生まれてこの方酒が大好き
仕事の助けになるからと
毎朝「ウイスキーのひとしずく」をきこしめす*2

*Whack fol the da O, dance to your partner
Welt the floor, your trotters shake;
Wasn't it the truth I told you?
Lots of fun at Finnegan's wake!
*おっさんをひっぱたいて、パートナーとダンス、*3
 床を蹴飛ばし、足を振り振り
 俺のお喋りはほんとのことかな?
 フィネガン家のお通夜はお楽しみがいっぱい!*4

One mornin' Tim felt rather full
His head felt heavy which made him shake;
Fell from a ladder and he burst his skull
So they carried him home his corpse to wake
ある日ティムはしたたか飲み過ぎて
頭が重い気がしてかぶりを振ってみたら
はしごから落ちて頭蓋はめちゃめちゃ
それでみんなはお通夜のために遺体をティムの家に運び込んだ

Rolled him up in a nice clean sheet
Laid him out upon the bed;
A gallon of whiskey at his feet
A barrel of porter at his head
きれいで清潔なシーツでティムを包み
ベッドの上に寝かせてやり
足元にはウイスキー1ガロン
頭には黒ビールをひと樽*5

*Refrain
*繰り返し

His friends assembled at the wake
And Mrs. Finnegan called for lunch
First they brung in tea and cake;
Then pipes, tobacco and whiskey punch
友人一同がお通夜に集い
フィネガン夫人が昼食に招待
まずはみんなでお茶とケーキを持ち込み*6
それからパイプにタバコにウイスキーパンチ

Biddy O'Brien began to cry
"Such a nice clean corpse, did you ever see?
Tim mavournin, why did you die?"
Arragh, shut your gob said Paddy McGhee!
ビディ・オブライエンが泣き始めた*7
「こんなきれいな死体、見たことあって?
愛しいティム、どうして死んでしまったの?」*8
「あらまあ、お黙りよ」とパディ・マッギー

*Refrain
*繰り返し

Patty O'Connor took up the job
"Ah Biddy," says she, "You're wrong, I'm sure"
Biddy gave her a belt in the gob
Then left her sprawlin' on the floor
パティ・オコナーが仕事にかかった
「ああ、ビディったら」とパティ、「言い間違いよね、そうでしょ」
ビディはパティの口にベルトをぶっこみ
床に大の字にのしちゃった

Then the war did soon enrage
Woman to woman and man to man
Shillelagh-law was all the rage
And a row and a ruction soon began
それから戦いに火がついた
女は女に、男は男に、
みんなが怒鳴りあいいきりたち*9
すぐに罵りあいと喧嘩が始まった

Mickey Maloney lowered his head
And a bottle of whiskey flew at him
Missed, and fallin' on the bed
The liquor scattered over Tim!
ミッキー・マロニーが頭をかがめて
その上をウイスキー瓶が飛んでいく
それは外れてベッドに落ちて
お酒がティムにぶちまけられた!

Tim revives! See how he rises!
Timothy risin' from the bed
Sayin', "Whirl your liquor around like blazes
Thunderin' Jaysus! Do you thunk I'm dead?"
ティムが生き返った! ティムが起きてるよ!
ティモシーはベッドから起き上がって*10
言うことには、「そこら中お前らの酒でめちゃくちゃだ
とんでもねえこった! お前ら俺を死人だとでも思ってるのか!」

*Refrain
*繰り返し

*1 brogueは本来アイルランドやスコットランドで使われた頑丈な革靴。現在では穴飾りのあるオシャレ革靴。転じて、アイルランドなまり。
b0310887_20480817.jpg

*2 強い酒、特にウイスキーのことをcreatureと称し、さらになまってcray-churとも呼ぶ。
*3 恐らくは「whack for the daddy 'o」のこと。意味不明の囃し言葉。
*4 wakeは目覚める、起きているという意味だが、アイルランド地方では「通夜」「寝ずの番」を意味する(ずっとwakeしているから)。「死者が目覚める」ことにひっかけてもいる。
*5 porterは荷担ぎ人夫、転じてそのような労働者が好んで飲んでいた弱い黒ビール。
*6 brungはbringの過去形のなまり。フィネガン家の人が部屋に持ち込んだのか、友人達が自前で持ち込んだのかよくわからない。
*7 BiddyはBridget(ブリジット)の愛称だが、くちやかましいめんどり婆さんという意味もある。
*8 mavournin=my bonnie、my daringのこと。ゲール語の「mo mhuirnín」からきている。
*9 Shillelaghは本来ステッキがわりに使うコブのついた杖。Shillelagh-lawは口げんか、ののしりあいのこと。
b0310887_12164385.jpg
*10 ティムは元々ティモシーの愛称。
*11 Thundering=雷鳴が轟く音、転じて「ものすごく」という意味のスラング。 Jaysus=Jesus。英米人がよく言う「南無三!」。

text & tune: アイルランド民謡

また酒の歌か。

The Irish Rovers
収録アルバム: The Irish Rovers 50 Years - Vol. 1


おまけ

「ダブリン市民」「ユリシーズ」で知られるアイルランド人作家ジェイムズ・ジョイスの最後の小説。
死亡したが復活したティム・フィネガンを、原罪による転落からキリストの復活へ至る人類の象徴と見立て、ある一家族の物語を描くと見せかけて円環する人類の意識そのものを描こうとする一方で、神話だの言葉遊びだの当て字などを入れまくってふざけまくっているという、とっても難解な小説。
タイトルがFinnegan's WakeではなくFinnegans Wakeとなっているのは、「フィネガンたち」という意味を含んでいる。
このバージョンでは生き返ったティムはまた棺に戻される…らしい。
[PR]
# by CockRobin96 | 2017-08-05 14:26 | Trackback | Comments(0)

Great day《大いなる日よ》


*Great day!
Great day, the righteous marching.
Great day!
God's going to build up Zion's walls.
*大いなる日よ!
 大いなる日よ、堂々たる進軍よ
 大いなる日よ!
 神はシオンの壁を築かれなさる

The chariot rode on the mountaintop,
(God's going to build up Zion's walls)
My God spoke and the chariot did stop
(God's going to build up Zion's walls)
戦車に乗り込んだら山のてっぺんで*1
(神はシオンの壁を築かれなさる)
わが神は命じて、戦車をお止めになった
(神はシオンの壁を築かれなさる)

This is the day of jubilee,
(God's going to build up Zion's walls)
The Lord has set His people free
(God's going to build up Zion's walls)
この日こそ祝祭の日
(神はシオンの壁を築かれなさる)
主は民を解き放たれる
(神はシオンの壁を築かれなさる)

We want no cowards in our band
(God's going to build up Zion's walls)
We call for valiant hearted men
(God's going to build up Zion's walls)
我らが軍隊に臆病者がいないようにしよう
(神はシオンの壁を築かれなさる)
我らは雄々しい心の持ち主を呼び集めよう
(神はシオンの壁を築かれなさる)

Going to take my breast-plate, sword and shield
(God's going to build up Zion's walls)
And march boldly in the field
(God's going to build up Zion's walls)
胸当てと剣と盾を持とう
(神はシオンの壁を築かれなさる)
戦地で不敵に進軍せよ
(神はシオンの壁を築かれなさる)

*Refrain
*繰り返し

*1 チャリオットは「戦車」の他、単に荷車を指すこともある。→Swing Low, Sweet Chariot《静かに揺れよ、愛しい荷車》

text&tune: 黒人霊歌

「シオン」は元々はエルサレムの南東にあった丘。後に北にあったモリア山もこの名で呼ばれる。転じて、エルサレムあるいはその住民全体を擬人化して「シオンの娘」「娘エルサレム」などと呼ぶ。
ダビデ王がこの街をエブス人から攻め取って以来(サムエル記下5:7)、「ダビデの町」と呼ばれるようになった。このあたり聖書では一言で終わっているので、歴史上の戦いにもとづいた歌ではなく、精神的な戦いを歌ったものととった方が良いかもしれない。
また、イザヤ書の「その日には、ユダの地でこの歌がうたわれる。我らには、堅固な都がある。救いのために、城壁と堡塁が築かれた。」(26:1)にも関連するかもしれない。
うがった見方をすれば、奴隷の身分から首尾よく逃亡した喜びを歌っているのかもしれない。

ジェシー・ノーマン & Dalton Baldwin & The Ambrosian Singers
収録アルバム: Jessye Norman - Spirituals

[PR]
# by CockRobin96 | 2017-07-29 09:46 | Trackback | Comments(0)