Jolly shepherd《陽気な羊飼い》

youtubeなかった



Jolly shepherd
陽気な羊飼いが
and upon on a hill as he sat,
丘の上に座ってる
So loud he blew his little horn
そして小さな角笛を大きく吹き鳴らし
and kept right well his gait,
ちょうどいいテンポで吹き続けた
Early in a morning
早朝でも
late in an evening
夜更けでも
And ever blew this little boy
この坊やはいつでも吹き鳴らす
so merrily piping,
それは陽気な角笛の音を
Terliter lo, terliter lo,
テッリ・テッロ
Terliter lo, terliter lo.
テッリ・テッロと。

text & tune: 17世紀頃のイギリス民謡

マイナーすぎてyoutubeにない、作者不詳の歌。輪唱(カノン)で歌われる。
なお、クリスマスとは特に関係ない。
[PR]
# by CockRobin96 | 2016-12-23 10:11 | Trackback | Comments(0)

Vom Himmel hoch, da komm ich her《高き天より、我は来たれり(いずこの家にも)》


Vom Himmel hoch, da komm ich her.
高き天より、ここへやって来ました
Ich bring’ euch gute neue Mär,
良き知らせをあなたがたにもたらすために
Der guten Mär bring ich so viel,
わたしが持って来たのはとても良い知らせ
Davon ich singn und sagen will.
伝えるためにわたしは歌いましょう

Euch ist ein Kindlein heut’ geborn
あなたがたのために今日幼子がお生まれになった
Von einer Jungfrau auserkorn,
それもひとりの若きおとめから
Ein Kindelein, so zart und fein,
その幼子はそれは優雅で上品で
Das soll eu’r Freud und Wonne sein.
その喜びと幸いとがあなたがたのものになるのです

Es ist der Herr Christ, unser Gott,
この子こそが主なるキリスト、わたしたちの神
Der will euch führn aus aller Not,
必要な時はいつもあなたがたを導いてくださる
Er will eu’r Heiland selber sein,
この子があなたがたの救い主となられ、
Von allen Sünden machen rein.
全ての罪人を清くしてくださるのです

text: Martin Luther(1483-1546)
tune: ドイツ民謡をルターがアレンジしたものと伝えられる

天使は言った。
「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。
今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。
この方こそ主メシアである。」
(ルカによる福音書 2:11-12)

世界史で宗教改革について勉強するときに必ず登場する、ルター派の基礎となったマルティン・ルターによる作詞。ルターは「聖書に書かれていないことは認めることができない」という姿勢により、宗教改革の中心人物になった。特に「聖職者が結婚しちゃいかんのか?」のあたり。41歳の時に26歳の修道女と結婚し、子供をもうけている。羨ましい。その他、教皇制度や当時横行していた免罪符の販売を非難し、ついにカトリックから破門されるが、世俗の君主らに庇護され、聖書のドイツ語訳や聖書講義など精力的に活動し続けた。ルター派(ルーテル派)は聖書と信仰を重視するが、カルヴァン派の聖書重視に比べると信仰重視の度合いが強い。
礼拝においては積極的に賛美歌(聖歌)の歌唱を奨励し、自らリュートをとって作詞・作曲した。よく知られている聖歌としては、《いずこの家にも》の他《神はわがやぐら》がある。ルター派の聖歌はコラールと呼ばれる。
なお、みんな大好きJ.S.バッハは一族揃ってルター派であり、職場であるライプツィヒの教会付き音楽家として、多数のコラールをアレンジした。


ルーカス・クラナッハ「ルター」
b0310887_22384118.jpg


日本語歌詞:
いずこの家にも めでたきおとずれ
伝うるためとて 天(あめ)よりくだりぬ

マリアのみ子なる 小さきイエスこそ、
み国にこの世に 尽きせぬよろこび

神なるイエスこそ 罪とが清むる
傷なき子羊 救いの君なれ

Rundfunk-Jugendchor Wernigerode (Kammerchor)
収録アルバム: Telemann, Vivaldi, Handel & Fasch: Altdeutsche Weihnachten - Konzert am Heiligabend

[PR]
# by CockRobin96 | 2016-12-19 23:01 | Trackback(1) | Comments(0)

Il est ne, le divin Enfant《この子こそ神のみ子(お生まれだイエスさまが)》


*Il est ne, le divin Enfant,
*この子こそ、神さまのみ子
Jouez, hautbois, resonnez, musettes;
 奏でよう、オーボエを、響かせよう、ミュゼットを*1
Il est ne, le divin Enfant;
 この子こそ、神さまのみ子
Chantons tous son avenement!
 歌おう、この子を待ち望む歌を!*2

Depuis plus de quatre mille ans,
四千年以上も昔に*3
Nous le promettaient les Prophetes;
預言者たちが僕らに約束した
Depuis plus de quatre mille ans,
四千年以上も前から
Nous attendions cet heureux temps.
この幸福な時を待っていた

*Refrain
*繰り返し

Ah! qu'il est beau, qu'il est charmant,
ああ! なんて美しくて、なんて魅力的なんだろう
Que ses graces sont parfaites!
神さまのお恵みは完璧なんだ
Ah! qu'il est beau, qu'il est charmant,
ああ! なんて美しくて、なんて魅力的なんだろう
Qu'il est doux le divin Enfant!
なんてかわいらしい神さまのみ子さまだろう!
*Refrain

Une etable est son logement,
馬小屋がそのみ住まいで
Un peu de paille, sa couchette,
わずかな麦わらがその寝床
Une etable est son logement,
馬小屋がそのみ住まい
Pour un Dieu, quel abaissement!
神さまの家だとは、なんと身を落とされたことだろう!

*Refrain
*繰り返し

O Jesus! O Roi tout puissant!
イエスさま、全能の王さま
Tout petit enfant que vous etes,
そして小さな幼な子でもあられるお方よ
O Jesus! O Roi tout puissant!
イエスさま、全能の王さま
Regnez sur nous entierement!
僕たちを完全に統べ治めてください!

*Refrain
*繰り返し

*1 フランスの民族楽器。オーボエの仲間。バグパイプ(風袋)が付いている。
b0310887_10463489.jpg

*2 英語で言うところのアドヴェント。待降節、降臨節とも訳され、クリスマス前の4週間を指す。キリストの降誕を待ち望む季節、転じてその時期に歌われる聖歌。
*3 アダムからイエスの誕生までが約四千年間であるとされている。旧約聖書創世記の「アダムが930歳で死んだ」という記述を真に受ければではあるが。

text & tune: フランスの伝承曲

子供用のクリスマス曲として人気が高い。

讃美歌第二編による日本語歌詞:
おうまれだ イエスさまが、
笛ふけ太鼓を鳴らせよ、
おうまれだ イエスさまが、
みんなで歌をうたおう。

このよろこびの日を
神の民は預言し、
むかしむかしから
わたしたちも待っていた

おうまれだ イエスさまが、
笛ふけ太鼓を鳴らせよ、
おうまれだ イエスさまが、
みんなで うたをうたおう。

「たたえよう イエスさまの うぶやは うまごやだ」
という続きの歌詞があった気がするが、その先が思い出せない。

Les Petits Chanteurs de la Chapelle Sacrée
収録アルバム: Les Petits Chanteurs de la Chapelle Sacrée interprètent les plus beaux chants de Noël, Vol. 1 (Versions chantées)

[PR]
# by CockRobin96 | 2016-12-17 11:02 | Trackback | Comments(0)

King Jesus hath a garden《王なるイエスは花園を》



Cleobury版


Rutter版アレンジ ピアノ伴奏いいなあと思ったけどamazonなかった

King Jesus hath a garden,
full of divers flowers,
Where I go culling posies gay,
all times and hours.
王様イエスは花園をお持ちだ
種々の花々に満ちた花園を
わたしはそこに行っては素敵な花束を作る
いつでもどんな時も

*There naught is heard
but Paradise bird,
Harp, dulcimer, lute,
With cymbal,
trump and tymbal,
And the tender, soothing flute.
With cymbal,
trump and tymbal,
And the tender, soothing flute.
*そこでは何も聞こえない
 楽園の小鳥のさえずりと
 ハープにダルシマー、リュート、*1
 それにシンバル、
 トランペットにティンパニ、*2
 優しくなだめるフルートの音(ね)の他は
 それにシンバル、
 トランペットにティンパニ、
 優しくなだめるフルートの音の他は

The Lily, white in blossom there,
is Chastity:
The Violet, with sweet perfume,
Humanity.
*Refrain
真っ白に花盛りの百合は
「純潔」
甘い香りのすみれは
「謙虚」
*繰り返し

The bonny Damask-rose is known
as Patience:
The blithe and thrifty Marygold,
Obedience.
*Refrain
うるわしのダマスク・ローズはご存知の通り*3
「忍耐」
ほがらかでつつましいマリーゴールドは*4
「従順」
*繰り返し

The Crown Imperial bloometh too
in yonder place,
'Tis Charity, of stock divine,
the flower of grace.
*Refrain
厳かに咲き誇るこの花冠よ
このはるか遠いところで
これこそ慈愛、神より授けられた株から
萌えいでた恵みの花
*繰り返し

Yet, 'mid the brave, the bravest prize of
all may claim
The Star of Bethlem - Jesus - bless'd
be his Name!
*Refrain
そして真ん中には誇らしく、最も栄誉あるしるし*5
万人が欲しがるもの
ベツレヘムの星だ、イエスよ、祝されよ
その御名は!
*繰り返し

Ah! Jesu Lord, my heal and weal,
my bliss complete,
Make thou my heart thy garden-plot,
fair, trim and neat.
ああ、主イエスよ、癒しにして幸い、
わが至福なる全きものよ
わたしの心もあなたの花園の片隅に植えて
きれいに、こざっぱりと刈り込んでください

That I may hear this musick clear:
Harp, dulcimer, lute,
With cymbal,
trump and tymbal,
And the tender, soothing flute.
With cymbal,
trump and tymbal,
And the tender, soothing flute.
そうすればわたしにもはっきりとこの音楽が聞こえる、
ハープにダルシマー、リュート、
それにシンバル、
トランペットにティンパニ、
優しくなだめるフルートの音が
それにシンバル、
トランペットにティンパニ、
優しくなだめるフルートの音が

*1 ダルシマーはピアノの原型とされる弦楽器。バチで叩いて音を出す。

*2 ケトルドラムともいう。ティンバルはもともと振動させることで音を出す膜状のものを指す。セミとか。
*3 正式な品種名はロサ・ダマスケナ。シリアの古都ダマスカスに由来する。優美な香りで知られる。
*4 マリーゴールドは聖母マリアに関連づけられることもある。
*5 'mid→amid

text: George Ratcliffe Woodward(1848-1934)
tune: Charles Wood(1866-1926)によるオランダ民謡のアレンジ

園芸に命をかけるイギリスらしい、華やかなキャロル。
パラダイスの原義は「壁に囲まれた」であり、特に閉ざされ、よく整備された庭園を指していた。神が手がける花園とはすなわち楽園、エデンの園である。

Choir of King's College, Cambridge
収録アルバム: Greatest Christmas Carols - 50 Festive Classics


オルガン伴奏つき
Choir of King's College, Cambridge, Stephen Cleobury, David Goode & Nicholas Todd
収録アルバム: Carols from King's


John Rutter
収録アルバム: Silent Night - 25 Carols of Peace & Tranquility

[PR]
# by CockRobin96 | 2016-12-14 18:01 | Trackback | Comments(0)

Here we come a-wassailing(Wassail Song)《我らワッセルしつつ来たれり(ワッセル・ソング)》

Kings Singers版

Theatre Of Voices版 YouTubeなかった


Here we come a-wassailing
ワッセルしながら参上しました*1
Among the leaves so green;
葉っぱのきれいな緑の中で。*2
Here we come a-wand'ring
ここまでめぐりあるいて参りました
So fair to be seen.
それは素敵な眺めだった。

*Love and joy come to you,
*愛と歓びがあなたがたにおとずれますように
And to you your wassail too;
あなたがのワッセルにも
And God bless you
 神様があなたがたを祝福されて
and send you a Happy New Year
 幸せな新年をくださいますように、
And God send you a Happy New Year.
 神様があなたがたに幸せな新年をくださいますように!

Our wassail cup is made
僕らにはワッセル用のカップ
Of the rosemary tree,
ローズマリーの枝で作ったのを*3
And so is your beer
そしてあなたがたにはビールがある
Of the best barley.
上等の大麦から作ったのを。

*Refrain
*繰り返し

We are not daily beggars
僕らは毎日物乞いをしてる訳じゃない
That beg from door to door;
ドアからドアへ門付けしてるんじゃない
But we are neighbours' children,
僕らはお隣さんの子供たちなんだ
Whom you have seen before.
あなたがたもご存じの

*Refrain
*繰り返し

Call up the butler of this house,
このお屋敷の執事さんを呼びだして
Put on his golden ring.
金色のリングを着けさせてやろうよ
Let him bring us up a glass of beer,
そして執事さんにビールを一杯もってこさせておくれ
And better we shall sing.
僕らがもっと上手に歌えるように。

*Refrain
*繰り返し

We have got a little purse
僕らは小さな財布を持ってるんだ
Of stretching leather skin;
なめし革製のお財布を
We want a little of your money
みなさんのお金をちょっぴりいれて欲しいな
To line it well within.
もっといい見た目になるように。

*Refrain
*繰り返し

God bless the master of this house
神様がお屋敷のご主人を祝福してくださいますように
Likewise the mistress too,
同じく奥方様にも
And all the little children
そして小さなお子様たちにも
That round the table go.
このテーブルをぐるりと囲む子たちにも。

*Refrain
*繰り返し

Good master and good mistress,
善良なご主人に奥方様
While you're sitting by the fire,
暖炉のそばでぬくぬく座っている間は
Pray think of us poor children
哀れな子供たちのことをお祈りしておくれ
Who are wandering in the mire.
ぬかるみのなかをさまよう子供たちのことを。

*Refrain
*繰り返し

*1 wassailは酒盛り、宴会の他に、キャロリングと同じく家々を巡り歩いて歌を歌い、寄付を求めること。
*2 →The keeper would a-hunting go《森番が狩りに》と同じフレーズだが、関連は不明。
*3 ローズマリーはハーブの一種。くりぬいてカップを作れるほど太くはなったりしないので、ローズマリーを飾り付けたカップということかもしれない。

text & tune: イギリス民謡

We Wish You a Merry Christmas《楽しいクリスマスがありますように》、The Wren in the Furze《金雀枝の中の鷦鷯》などと同じく、家々を巡って施しを求める歌。物乞いがやるとは限らず、普通の家の子供たちが貧しい人のための寄付をつのるということもあった。 地域によってさまざまなバージョンがある。

The King's Singers
収録アルバム: Christmas Ensemble


Norman Scribner
収録アルバム: Christmas (The Very Best Of)

[PR]
# by CockRobin96 | 2016-12-11 13:50 | Trackback | Comments(0)