Alison Gross《アリソン・グロス》

なんやこのPV…

Alison Gross that lives in yon tower
The ugliest witch in the North Country
Has trysted me one day up to her bower
And many a fair speech she made to me
アリソン・グロス、あの塔に住んでいる
北国一の醜い魔女が
ある日僕を寝室にあげて
たくさんの優しい言葉で語りかけてきた。

She stroked my head and she combed my hair
She set me down softly on her knee
Saying if you will be my lover so true
So many good things I would give to you
僕の頭を撫で、髪をくしけずり、
その膝に優しく僕を寝かせた
言うことには、「もし最愛の人になってくれたら
いいものを沢山あげるわ」と。

Away, away, you ugly witch
Go far away and let me be
I never will be your lover so true
And wish I were out of your communy
去れ、去れ、醜い魔女、
僕から遠く離れてくれ、
お前の最愛の人になんて絶対ならない、
お前のものになどなりたくない。

*Alison Gross she must be
 The ugliest witch in the North Country
 Alison Gross she must be
 The ugliest witch in the North Country
*アリソン・グロス、彼女こそ
 北国一の醜い魔女
 アリソン・グロス、彼女こそ
 北国一の醜い魔女。

She showed me a mantle of red scarlet
With golden flowers and fringes fine
Saying if you will be my lover so true
This goodly gift it shall be thine
彼女が見せたのは真紅のマント、
金の花模様に素敵な縁飾り
言うことには、「もし最愛の人になってくれたら
このすばらしい贈り物はお前のもの」

She showed me a shirt of the softest silk
Well wrought with pearls abound the band
Saying if you will be my lover so true
This goodly gift you shall command
彼女が見せたのは柔らかなシルクのシャツ
襟には綺麗に縫いつけた真珠をめぐらせて
言うことには、「もし最愛の人になってくれたら
このすばらしい贈り物はお前の意のまま」

*Chorus
*繰り返し

She showed me a cup of the good red gold
Well set with jewels so fair to see
Saying if you will be my lover so true
This goodly gift I will give to thee
彼女が見せたのは純金の杯*1
目にもあやな宝石をはめこんだ
言うことには、「もし最愛の人になってくれたら
このすばらしい贈り物をお前にあげる」

Away, away, you ugly witch
Go far away and let me be
I never would kiss your ugly mouth
For all of the gifts that you could give
去れ、去れ、醜い魔女、
僕から遠く離れてくれ、
お前の醜い唇に口づけなど絶対するものか
贈り物をみんなくれたって

*Chorus
*繰り返し

She turned her right and round about
And thrice she blew on a grass-green horn
She swore by the moon and the stars of above
That she'd make me rue the day I was born
彼女は右へ向き、ぐるりとめぐり
草色の角笛を三度吹き鳴らした
高きところの月と星にかけて誓った
僕に生まれたことを後悔させてやると

The out she has taken a silver wand
She's turned her three times round and round
She muttered such words till my strength it did fail
And she's turned me into an ugly worm
彼女は銀の棒を取り出して
三回くるくると回った
僕の力が抜けるまで呪文をぶつぶつ呟き
そして彼女は僕を醜い長虫に変えてしまった*2

*Chorus
*繰り返し

*1 red goldは純金の古語。銅ではない。
*2 wormは蛇の古語。日本語でも古くは蛇を「長虫」と呼んでいた。

民謡で北国と言えばスコットランドを指す。アリソンはスコットランドで一般的な女性名。
姿を変えられた主人公のもとに、夜毎に姉(妹)がやってきて慰めるというバージョンもある。しかしその行動は魔女が主人公にした仕草とほとんど同じで、魔女とは近親相姦を迫る姉のことではないかという説がある。最終的には通りすがりの妖精の女王によって魔法を解かれる。

参考サイト



[PR]
# by CockRobin96 | 2014-01-25 00:02 | Trackback | Comments(0)

Ecce Fidelis servus《見よ忠実なしもべ》


Ecce, fidelis servus et prudens,
見よ、忠実にして節制なるしもべ、
Quem constituit Dominus super familiam suam.
主が聖家族の上に立たせ給うた者。
Justus germinabit sicut lilium et florebit
公正が百合のように芽吹き、花開く、
in aeternum ante Dominum.
神の御前にとこしえに。
Ecce, fidelis servus et prudens,
見よ、忠実にして節制なるしもべ、
Quem constituit Dominus super familiam suam.
主が聖家族の上に立たせ給うた者。
Amen.
アーメン。

tune: Gabriel Urbain Fauré (1845年-1924)

聖母マリアの夫でイエスの義父、聖ヨセフの祭日のための祝祷。

収録アルバム: Fauré - Treize Motets-Messe Basse-Cinq Cantiques

[PR]
# by CockRobin96 | 2014-01-17 23:13 | Trackback | Comments(0)

Edward《エドワード》


How came this blood on your shirt sleeve?
Oh, dear love, tell me
It is the the blood of the old greyhound
That chased that fox for me, me, me
That chased that fox for me
「あなたのシャツの袖の血はどうしてついたの?
 愛しい人、教えてちょうだい」
「これは老いたグレイハウンドの血、
 わたしの、わたしの、私のために狐を追ってくれた犬、
 私のために狐を追ってくれた犬の血。」

It does look too pale for the old greyhound
That chased that fox for thee, thee, thee
That chased that fox for thee
「老いたグレイハウンドの血の色にしては薄すぎる、
 あなた、あなた、あなたのために狐を追ってくれた犬、
 あなたのために狐を追ってくれた犬の血にしては。」

How came this blood on your shirt sleeve?
Oh, dear love, tell me
It is the blood of the old grey mare
That ploughed that field for me, me, me
That ploughed that field for me
「あなたのシャツの袖の血はどうしてついたの?
 愛しい人、教えてちょうだい」
「これは老いた雌馬の血、
 わたしの、わたしの、私のために土地を耕してくれた馬、
 私のために土地を耕してくれた馬の血。」

It does look too pale for the old grey mare
That ploughed that field for thee, thee, thee
That ploughed that field for thee
「老いた雌馬の血の色にしては薄すぎる、
 あなた、あなた、あなたのために土地を耕してくれた馬、
 あなたのために土地を耕してくれた馬の血にしては。」

How came this blood on your shirt sleeve?
Oh, dear love, tell me
It is the blood of my brother-in-law
Who fell about with me, me, me
Who fell about with me
「あなたのシャツの袖の血はどうしてついたの?
 愛しい人、教えてちょうだい」
「これは私の義理の兄の血、
 わたしを、わたしを、笑いものにした義兄、
 わたしを笑いものにした義兄の血。」

And it's what did you fall out about?
Oh, dear love, tell me
About a little bit of bush
That never would have made a tree, tree, tree
That never would have made a tree
「何を笑いものにしたの?
 愛しい人、教えてちょうだい
「ちっぽけな薮木のことを、*1
 大木に、大木に、大木になり得ない木、
 決して大木になり得ない薮木のことを。」

And it's what will you do now, my love?
Oh, dear love, tell me
I'll set my foot into yonder ship
And I'll sail across the sea, sea, sea
I'll sail across the sea
「あなたは何をしようとしているの?
 愛しい人、教えてちょうだい」
「私はあそこの船へ急ぎ行く、
 そして海を、海を、海を越えて航海へゆく、
 私は海を越えて航海へゆく。」

And it's when will I see you again?
Oh, dear love, tell me
When the moon sinks yonder over sycamore tree
And that will never be, be, be
And that will never be
「いつあなたにまた会えるの?
 愛しい人、教えてちょうだい」
「月があのカエデの木を越えて沈む時に」
「「そんなことはあり、あり、ありえない、
 そんなことはありえない。」」

*1 bushは薮や茂みというより低木という意味。なんらかの暗喩であることは間違いないが、歩くスケベ心である訳者は下ネタしか思いつかない。強いて意味を汲み取るとすれば、跡継ぎ等重要な地位を継げる立場でないことを義兄に揶揄されたものか。

text&tune: 英国民謡

チャイルド・バラッド13番に収録された民謡。
Sycamoreは米国ではスズカケノキ、英国ではセイヨウカジカエデ、またはエジプトイチジクを指す。
このバージョンでは義理の兄弟を殺した事になっており、対話の相手は母親とも恋人ともとれるが、一般的には母にそそのかされて父を殺すバージョンが有名。ブラームスが取り上げて「エドヴァルド」というピアノ曲に編曲した。そのバージョンでは、主人公は母親にどうして血がついているのかを問いつめられ、父親殺しを告白する。妻子を置いて海外へ逃亡するつもりであることを明かし、最後に父殺しをそそのかした母を呪って終わる。

youtubeと同じ演奏者だが男声ソロ


[PR]
# by CockRobin96 | 2014-01-17 23:06 | Trackback | Comments(0)