Two Magician《ふたりの魔法使い》


She looked out of the window
as white as any milk
And he looked in at the window
as black as any silk
おとめが窓の外をながめる、
ミルクのように白いおとめが
男が窓の中をのぞきこむ、
シルクのように黒い男が

*Hello, hello, hello, hello,
 You coal blacksmith
 You have done me no harm
 You never shall have my maidenhead
 That I have kept so long
 I'd rather die a maid
 Ah, but then she said and be buried all in my grave
 Than to have such a nasty, husky, dusky, fusky, musky
 Coal blacksmith, a maiden, I will die
*あらあら、まあまあ
 炭みたいな鍛冶屋さん
 私を傷つけることはできないわ
 私の処女は絶対に奪えないわ
 ずうっと守って来たんですもの
 私は処女のまま死ぬんですからね
 たとえお墓に埋められたって
 こんなに汚らしくて、がさつで、黒くて、騒がしくて、二枚舌の*1
 炭みたいな鍛冶屋のものになるくらいなら死んだほうがましよ

She became a duck,
a duck all on the stream
And he became a water dog
and fetched her back again
*Refrain
おとめは鴨になった
鴨は流れに飛び込んだ
鍛冶屋は猟犬になって、
おとめを引き戻した*2
*繰り返し

She became a star,
a star all in the night
And he became a thundercloud
and muffled her out of sight
*Refrain
おとめは星になった、
星は夜空に浮かんだ
鍛冶屋は雷雲になって、
彼女の視界を覆った
*繰り返し

She became a rose,
a rose all in the wood
And he became a bumble bee
and kissed her where she stood
*Refrain
おとめは薔薇になって、
薔薇の木に咲いた
鍛冶屋はマルハナバチになって、
立ちすくむ彼女にキスをした
*繰り返し

She became a nun,
a nun all dressed in white
And he became a canting priest
and prayed for her by night
*Refrain
おとめは尼僧になった、
白衣をまとった尼僧に
鍛冶屋はもったいぶった司祭になって、
夜通し彼女の為に祈った*3
*繰り返し

She became a trout, a trout all in the brook
And he became a feathered fly
and caught her with his hook
*Refrain
おとめは鱒(ます)になった
鱒は小川に飛び込んだ
鍛冶屋は羽のついた毛針になって、
その鈎でおとめをひっかけた
*繰り返し

She became a corpse,
a corpse all in the ground
And he became the cold clay
and smothered her all around
*Refrain
おとめは死体になった
死体は地中に埋まった
鍛冶屋は冷たい粘土になって、
彼女をすっぽり包み込んだ
*繰り返し

*1 fusky, muskyの意味は不明。fuss-ky(空騒ぎする、やきもきする)の意か? muskは「仮面」「モスク」という意味がある。
*2 water dogはかわうそという意味もある。イギリスにもかわうそはいて、一時期絶滅の危機だったが最近回復しているらしい。
*3 「夜通し戯れた」とも聞こえる。

text & tune: イギリス民謡

変身くらべというモチーフは珍しいが、西遊記やギリシャ神話などにもある。
おとめは口では鍛冶屋を罵倒しつつ、追いかけっこの末に鍛冶屋と結ばれる。
変身する物にはさまざまなパターンがあるが、いずれの場合も恋の駆け引き、またセックスを暗示する。



[PR]
# by CockRobin96 | 2014-04-30 21:36 | Trackback | Comments(0)

Love is in bloom《愛は花開く》


Love is in bloom
A beautiful bride, a handsome groom,
Two hearts becoming one
A bond that cannot be undone because
Love is in bloom
A beautiful bride, a handsome groom
I said love is in bloom
You're starting a life and making room
For us
愛が花盛り
美しい花嫁に、ハンサムな花婿
ふたりの心はひとつになる
固く結ばれてほころぶことがない、だって
愛が花盛りだから
美しい花嫁に、ハンサムな花婿
ほら、愛が花盛り
ふたりが新しい生活を始めて、部屋をきれいにしたら
わたしたちを呼んでよね

Your special day
We celebrate now, the pony way
Your friends are all right here
Won't let these moments disappear because
Love is in bloom
A beautiful bride, a handsome groom
I said love is in bloom
You're starting a life and making room
For us,
ふたりの特別な日を
わたしたちはお祝いします、ポニーのやり方で
友達みんながここにつつがなくいる
このひとときをなくしたくない、だって
愛が花盛りだから
美しい花嫁に、ハンサムな花婿
ほら、愛が花盛り
ふたりが新しい生活を始めて、部屋をきれいにしたら
わたしたちを呼んでよね

Best. Wedding. EVER!
さいっこうの結婚式だ!


例によって「マイリトルポニー トモダチは魔法」の劇中歌。結婚式に歌ってみたらかっこいいかもしれない。
ちなみに歌ってるのは花婿の妹。
ラリティさんが締め切り前のヨレヨレたてがみになってていとおかし。
どうでもいいけどマイリトルポニーの雄ポニーって垂れ目率高くない?

(リミックス版しかねえや)


[PR]
# by CockRobin96 | 2014-04-28 12:37 | Trackback | Comments(0)

Grene growith the holy《柊が若緑に》


*Grene grow'th the holy,
 So doth the ive,
 Thow wynter blastys blow never so hye,
 Grene groth the holy.
*柊が若緑になる*1
 蔦もまた同じ
 冬の木枯らしも届かぬ高きところで
 柊が若緑になる。

As the holy grouth grene
And never chaungyth hew,
So I am, ever hath bene,
Unto my lady trew.
柊が若緑になり
とこしえに色が変わらぬように
わたしもかくあらん
わが姫君に真実であれと。

*Refrain

As the holy grouth grene
With ive all alone
When flowerys cannot be sene,
And grenewode levys be gone.
柊は若緑になる
蔦はひとりぼっちなのに
花が見えなくなり
緑の森も葉を落とす頃。

*Refrain

Now unto my lady
Promyse to her I make,
Frome all other only
To her I me betake.
今こそわが姫君に
わたしは誓おう
あなたをおいて他に
わたしが従うお方はいないと。

*Refrain

Adew, myne owne lady,
Adew, my specyall,
Who hath my hart trewly,
Be suere, and ever shall.
さらば、わが姫君よ
さらば、大切なお方よ
わが真心を携えゆくお方よ
確かに、そしてとこしえにあれ。

text & tune:ヘンリー八世と伝えられている

*1 キリスト教が伝わる以前から、イングランドでは柊は男性の象徴、蔦は女性の象徴とされ、魔除けになるとされた。キリスト教伝来以降もしばしば柊と蔦はセットにされた。

英国史上の偉大な王のひとりにして、ぐうの音も出ない鬼畜で知られる、ヘンリー八世の作とされる歌。何故かクリスマスによく歌われる。もしかすると、女と別れようとしている歌かもしれない。六人も嫁をとっかえひっかえした上にそのうちの二人とその関係者を大勢処刑した奴が何言ってるのかと思うが、ヘンリー八世だから仕方ないね!



[PR]
# by CockRobin96 | 2014-04-19 19:00 | Trackback | Comments(0)

Ave Verum Corpus《めでたし真の御身体》Elger


Ave verum corpus natus
めでたし、真の御身体、
ex Maria Virgine.
おとめマリアより生まれしものよ。
Vere passum immolatum
その身はまことに苦しみを受け
in cruce pro homine:
人々のために十字架にあげられ給えり。

cujus latus perforatum
その脇腹を貫かれ、
vero fluxit sanguine.
まことに血を流し給いき。
Esto nobis praegustatum
我らにその身を味わわせ給え、
mortis in examine.
死の試練に先立ちて。

O clemens,
なんという寛容、
O pie,
なんという慈悲、
O dulcis Jesu Fili Mariae.
なんと甘美なマリアの御子イエスよ。

text: c.1300 Anonymous
tune: Edoward Elger (1902-1986)

カトリックにおいて重要な意味を持つ聖歌。多くの作曲家がこの歌詞を持つモテットを手掛けた。ウィリアム・バード、モーツァルト、ガブリエル・フォーレなどによるものが知られる。パンとワインをイエスの血肉に見立てて味わう聖餐式に関連するが、いくつかのバージョンがあり、テキストによって意味がばらつく難解な歌詞。

唐突ですが、今日はイエスが十字架につけられたことを記念する聖金曜日です。あさってはイースターですやったー。
十字架につけられたイエスが最後に叫ぶ「わが神、わが神……」は、旧約聖書『詩編』の第22章に基づく。引用の意図は神への嘆願や非難ではなく、その詩にあらわれる「わたしを見る人は皆、わたしを嘲笑い/唇を突き出し、頭を振る」「わたしの着物を分け/衣を取ろうとしてくじを引く」という預言が実現されたことを示している。
余談だが、ある者が海綿に酸いぶどう酒を含ませて葦の棒に付けて瀕死のイエスに飲ませようとするくだりがあるが、海綿(つまりスポンジ)はローマ時代にはトイレで用を足した後、尻を拭くのに使われていたといわれている。ひどい嫌がらせがあったもんだ。

収録アルバム: Elgar: Ave Maria / Give Unto The Lord / Te Deum And Benedictus, Op. 34


[PR]
# by CockRobin96 | 2014-04-18 21:56 | Trackback | Comments(0)

Pirate's life《海賊暮らし》



Oh, a pirate's life is a wonderful life.
A rovin' over the sea,
Give me a career as a buccaneer.
It's the life of a pirate for me, oh
The life of a pirate for me.
おー、海賊の暮らしは素敵な暮らし。
海をめぐってぶんどり放題、
バッカニアくらいには稼がせな。*1
これが俺の海賊の暮らし、ああ!
俺様の海賊の暮らし。

oh, a pirate's life is a wonderful life.
They never bury your bones,
For when it's all over a jolly sea rover
drops in or his friend, Davy Jones.*2
oh, he is very good friend Davy Jones.
おー、海賊の暮らしは素敵な暮らし。
奴らは死んでも骨は埋めない、
いつでも陽気な海の放浪者。
ダチのデイヴィ・ジョーンズんとこにお邪魔するのさ。
おー、大親友デイヴィ・ジョーンズ。

Ohh, a pirate's life is a wonderful life
You'll find adventure and sport
But live every minute
For all that is in it
The life of a pirate is short
Ohh, the life of a pirate is short
おー、海賊の暮らしは素敵な暮らし
冒険と娯楽が待っている
だけどそれは瞬く間のもの
全くもってそんなものさ
海賊の命は短いものだから
おー、海賊の命は短いもの

*1 17世紀イギリスに存在した、イギリス国家公認の海賊。主にスペインの船舶や植民地を襲った。私掠船とも。転じてあこぎな商人や政治家を指すこともある。有名なバッカニアにフランシス・ドレイク、キャプテン・キッドがいる。ドレイクを画像検索すると愉快なことが起こるぞ。
*2 Davy Jonesというのは海の悪霊に船乗り達がつけた愛称。船幽霊みたいなもの。「go to Davy Jones’s locker」は「溺死する・海の藻屑になる」というほどの意味。「パイレーツ・オブ・カリビアン」で微妙に有名になったかもしれない。

ディズニーアニメ「ピーター・パン」の劇中歌。
昔「ネバーランドに子供しかいないのは、ピーターが大人になった子供を殺すから」というトリビアが流行ったが、あれは正確ではないらしい。ネバーランドにある「子供が一回息をするごとに大人が死ぬ」という言い回しを前提にしていて、ピーターが息を荒げているのを「執拗に大人を殺す」と比喩したのが誤解された。また、大きくなった子供を殺すとは書かれておらず「間引きする」ということばで表現されているので、実際のところ大きくなった子供をどうしているのかはピーターしか知らないわけだが、忘れっぽくて薄情なピーターは覚えていない。元いたところに戻してきたのかもしれないし、捨ててきたのかもしれないし、殺してしまったかもしれない。ちなみに、大人になってしまった子供は海賊に就職してピーターに仕返ししているのかもしれないというのはロビンが今勝手に考えた。

ちなみにバンダイビジュアル版の吹き替え歌詞。
歌ってみよう。

おー 海賊の暮らしは やめられないぜ
世界中の宝物 おれたちのもの おー稼ぎ放題

おー 海賊のくらしは きれいさっぱり
死んだら海に放り込んで それでおしまい おーおれたちの海

おー 海賊の暮らしは その日暮らしさ
明日のこたわからないぜ 短い命さ 短い命さ


 さらにカナダ(?)のディズニーランドで歌ってるっぽい「海賊暮らし」の全歌詞&動画。




[PR]
# by CockRobin96 | 2014-04-17 22:35 | Trackback | Comments(0)