Who Killed Cock Robin《誰がロビンを殺したの》

ほんとはブロードサイドバンドの演奏が好きなんだけどとりあえず
このバージョンでは各節の終わりに*印のリフレインがつく
というかなんなのこのPVは

Who killed Cock Robin?
Who killed Cock Robin?
"I," said the Sparrow,
"With my bow and arrow,
 I killed Cock Robin."
誰がロビンを殺したの?
誰がロビンを殺したの?
「わたしだ」と雀が言った*1
「わたしの矢と弓で
 わたしがロビンを殺したのさ」

Who saw him die?
Who saw him die?
"I," said the Fly,
"With my little eye,
 I saw him die."
誰がロビンが死ぬのを見たの?
誰がロビンが死ぬのを見たの?
「わたしです」と蠅が言った
「わたしの小さな目で
 ロビンが死ぬのを見ました」

Who caught his blood?
Who caught his blood?
"I," said the Fish,
"With my little dish,
 I caught his blood."
誰がロビンの血を受けたの?
誰がロビンの血を受けたの?
「わたしです」と魚が言った
「わたしの小さなお皿で
 ロビンの血を受けました」

Who'll make the shroud?
Who'll make the shroud?
"I," said the Beetle,
"With my thread and needle,
 I'll make the shroud."
誰が経帷子(きょうかたびら)を縫うの?*2
誰が経帷子を縫うの?
「わたしです」と黄金虫(こがねむし)が言った*3
「わたしの縫い糸と縫い針で
 わたしが経帷子を縫いましょう」

Who'll dig his grave?
Who'll dig his grave?
"I," said the Owl,
"With my pick and shovel,
 I'll dig his grave."
誰が墓穴を掘るの?
誰が墓穴を掘るの?
「わたしです」と梟が言った
「わたしのつるはしとシャベルで*4
 わたしが墓穴を掘りましょう」

Who'll be the parson?
Who'll be the parson?
"I," said the Rook,
"With my little book,
 I'll be the parson."
誰が司祭をしてくれるの?
誰が司祭をしてくれるの?
「わたしです」と深山烏が言った*5
「わたしの小さな祈祷書で
 わたしが司祭をつとめましょう」

Who'll be the clerk?
Who'll be the clerk?
"I," said the Lark,
"If it's not in the dark,
 I'll be the clerk."
誰が書記をしてくれるの?
誰が書記をしてくれるの?
「わたしです」と雲雀が言った
「暗闇の中では勘弁だけど
 わたしが書記をつとめましょう」

Who'll carry the link?
Who'll carry the link?
"I," said the Linnet,
"I'll fetch it in a minute,
 I'll carry the link."
誰が案内のたいまつを持つの?
誰が案内のたいまつを持つの?
「わたしです」と胸赤鶸(むねあかひわ)が言った
「わたしの案内ですぐに着きますとも
 わたしがたいまつを持ちましょう」

Who'll be chief mourner?
Who'll be chief mourner?
"I," said the Dove,
"I mourn for my love,
 I'll be chief mourner."
誰が喪主になるの?
誰が喪主になるの?
「わたしです」と鳩が言った*6
「愛しいロビンを悼みます
 わたしが喪主をつとめましょう」

Who'll carry the coffin?
Who'll carry the coffin?
"I," said the Kite,
"If it's not through the night,
 I'll carry the coffin."
誰が棺を運ぶの?
誰が棺を運ぶの?
「わたしです」と鳶が言った
「夜通しは勘弁だけど
 わたしが棺を運びましょう」

Who'll bear the pall?
Who'll bear the pall?
"We," said the Wren,
"Both the cock and the hen,
 we'll bear the pall."
誰が棺の覆いをささげ持つの?
誰が棺の覆いをささげ持つの?
「わたしたちです」と鷦鷯(みそさざい)が言った*7
「夫婦揃ってともに
 わたしたちが覆いをささげ持ちましょう」

Who'll sing a psalm?
Who'll sing a psalm?
"I," said the Thrush,
"As she sat on a bush,
 I'll sing a psalm."
誰が聖歌を歌ってくれるの?*8
誰が聖歌を歌ってくれるの?
「わたしです」と鶫(つぐみ)が言った
「しげみに座っておりますから
 わたしが聖歌を歌いましょう」

Who'll toll the bell?
Who'll toll the bell?
"I," said the bull,
"Because I can pull,
 I'll toll the bell."
誰が鐘を鳴らしてくれるの?
誰が鐘を鳴らしてくれるの?
「わたしです」と雄牛が言った
「わたしなら綱をひけますから
 わたしが鐘を鳴らしましょう」

*All the birds of the air fell a-sighing and a-sobbing,
 When they heard the bell toll for poor Cock Robin.
 When they heard the bell
 toll for poor Cock Robin.
*空の鳥たちは皆ため息ついてすすり泣いた
 弔いの鐘が鳴って哀れなコック・ロビンを弔うのが聞こえたときは
 弔いの鐘が鳴って
 哀れなコック・ロビンを弔うのが聞こえたときは

*1 絵本の世界ではジャック・スパロウという名があてられることがある。なお、動物の幼生の雄をジャックと呼ぶことがある。この場合雌はジェニーと呼ぶ。
*2 経帷子は仏式な言い方なのだが、屍をつつむ布。
*3 beetleはカブトムシと訳されることもあるが、甲虫の総称。ゴキブリもこの中に入る。
*4 shovelとOwlは現在韻を踏まないが、古い時代の英語では「ショウル」に近い発音であったらしい。
*5 ミヤマガラスはヨーロッパに分布するカラス。ravenだとより大型のワタリガラスを指す。
*6 単純にLoveと韻を踏むために登場。本来なら『Cock Robin and Jenny Wren』で登場したミソサザイのジェニーが喪主を務めるはずだが、ショックで抜け殻状態なのかもしれない。というかジェニーの話ができたのは19世紀だし。
*7 ジェニーとは別鳥…だと思う
*8 特に詩篇を指す。ちなみに死者を送るときによく歌われるのは詩篇23編「主はわたしの羊飼い」。

おそらく最も有名なマザーグース(ナーサリーライムズ)のひとつ。全体的にしつこいほどに韻を踏み(だじゃれとも言う)、ほぼ鳥尽くしの内容となっている。18世紀イギリスの政治家ロバート・ウォルポールの失脚を風刺したものだという説があったが、中世のステンドグラスに描かれるほど起源は古く、「ロビン」の失脚と合わせて浮上し文献に初出したものであろうとされている。
殺人(鳥)事件が発端となるミステリアスな歌なので、よくミステリーもののタイトルやモチーフに選ばれる。日本では萩尾望都『小鳥の巣』で知られ、魔夜峰男『パタリロ!』で変な方向に発展した。日本では多くの人が試訳しているが、小林信彦『唐獅子株式会社』に登場する「誰があの駒鳥(ガキ)いてもうた ワイやと雀が吐きよった…」で始まる播州弁訳が秀逸。

参考文献:平野敬一『英語で読もうマザーグース ベストセレクション56』筑摩書房
鳥山淳子編『映画の中のマザーグース』スクリーンプレイ出版

シリー・シンフォニーシリーズによる「誰がロビンを殺したの」

これ子供に見せたらあかんやつや…(・ω・`)
カッコーはもともと狂人の暗喩。映画『カッコーの巣の上で』は精神病院を舞台にした話。
黒人少年のメタファーっぽい黒い小鳥がぶちこまれるSing Singは実在する刑務所がモチーフ。
セクシーボイスでモテモテなジェニーは結構人気があったらしく、同じくシリー・シンフォニーシリーズの『ウサギとカメ』や『ロジャー・ラビット』にもカメオ出演している。

パタリロ!よりクックロビン音頭

もう全然関係ないじゃねえか

イギリスで買ったCDはロビンの宝物
The Broadside Band
収録アルバム: Old English Nursery Rhymes

[PR]
# by CockRobin96 | 2014-05-22 12:30 | Trackback | Comments(0)

Cock Robin and Jenny Wren《コック・ロビンとジェニー・レン》

youtubeなかった
ウォルター・クレインの楽譜付絵本でお楽しみください
b0310887_10195894.png

"Twas on a merry time,
When Jenny Wren was young,
So neatly as she danced,
And so sweetly as she sung,
Robin Redbreast lost his heart,
He was a gallant bird;
He doffed his cap to Jenny Wren,
Requesting to be heard.
それは愉快な時代だった、
みそさざいのジェニーが若かりし頃*1
彼女がそれはそれは上手にダンスして、
甘い声で歌っていた頃。
赤チョッキのロビンもハートを奪われたものだった、*1
ロビンは騎士道精神ある鳥だったから、
ジェニーに向かって帽子を取って
申し込んだのだった。

"My dearest Jenny Wren,
 if you will but be mine,
 You shall dine on cherry-pie,
 And drink nice currant-wine.
 I'll dress you like a Goldfinch,
 Or like a Peacock gay;
 So if you'll have me, Jenny, dear,
 Let us appoint the day."
「ああ親愛なるみそさざいジェニー、
 もし僕のものになってくれるなら
 チェリーパイのごちそうで、
 すてきなすぐりのワインを飲みましょう。
 あなたを黄金の鶸のように、*2
 華やかな孔雀のように着飾らせたい
 もし僕のものになってくださるなら、愛しいジェニー
 さあ日取りを決めましょう。」

Jenny blushed behind her fan,
And thus declared her mind,
"So let it be to-morrow, Rob,
 I take your offer kind;
 Cherry-pie is very good;
 And so is currant wine;
 But I will wear my brown gown,
 And never dress too fine."
 ジェニーは扇子の陰で頬を染め
 かくして彼女の心は決まった。
「それでは明日にしましょう、ロブ*3
 あなたの申し出お受けしますわ。
 チェリーパイなんて素敵、
 すぐりのワインも素敵
 でもわたしは茶色のガウンを着ていくわ、
 派手すぎるドレスなんて着たくないの。」

Robin Redbreast got up early,
All at the break of day,
He flew to Jenny Wren's house,
And sang a roundelay;
He sang of Robin Redbreast,
And pretty Jenny Wren,
And when he came unto the end,
He the begam again.
赤チョッキのロビンは早くに目覚めた、
夜明けの頃のことだった。
ロビンはジェニーの家に飛んでいき、
小円舞曲をさえずった。
歌うのは赤チョッキのロビンと、
かわいいミソサザイのジェニーの歌。
そしてロビンは曲の終わりまで来ると
また繰り返して歌ったのだった。

*1 今時チョッキとか言わないのかもしれない。直訳すると「赤胸」。ロビンはイギリスの国鳥であるヨーロッパコマドリを指す。まちがっても日本とかアメリカではない。19世紀頃の郵便配達人は赤いチョッキを着ていたため、ポストカードのデザインにロビンが頻繁に登場するようになったという説もある。
*2 Gold finchはヨーロッパ原産のゴシキヒワと、アメリカ原産のオウゴンヒワがいる。まれにヨーロッパ原産キアオジも指す。ゴシキヒワとキアオジは真っ茶色のミソサザイに比べたらカラフルかもしれないが、びっくりするほど派手でもないので、もしかするとオウゴンヒワのことかもしれない。
*3 ロビンの愛称。まれにボブとも。そもそもロビン自体がロバートの愛称。ロバートは愛称のバリエーションがやたら多いので知られる。

『The Courtship and Marriage of Cock Robin and Jenny Wren コック・ロビンとジェニー・レンの求愛と結婚』なる長々しいフルタイトルもある。19世紀初頭に出版された、作者不詳の絵本が元になっているが、ウォルター・クレインの『Baby's Opera 幼子のオペラ』ではメロディに合わせるために改編されている。もっともよく知られるマザーグース『Who Killed Cock Robin 誰がロビンを殺したの』とセットで非常に人気が高かったが、日本ではあまり知られていない。なお、本来はもっと長い詩で、ロビンとジェニーは結婚式をあげるが、ロビンが雀に殺されてしまい、『誰がロビンを…』へつながる物語となっている。ビアトリクス・ポーターの『ピーター・ラビットのてがみの本』で、この歌を前提とした手紙が収録されている。
ジェニー・レンという名はディケンズの『互いの友』という小説にも引用され、小鳥のようにかわいらしい少女というイメージとしてポール・マッカートニーの歌に受け継がれた。ちなみにディズニーアニメにも登場しているが、それは『誰がロビンを…』で詳述。
ただし、この絵本が出る以前からロビン(コマドリ)とミソサザイはカップリングであるとされる民間信仰がある。キリスト教が伝わる以前から、胸に火を宿したロビンは復活する太陽と新年の象徴、対して全身茶色の地味なミソサザイは冬と旧年の象徴であった。太陽が最も短くなる冬至の日、冬の王であるミソサザイを追い回して殺すという奇妙な風習がイギリスに存在した(『The King』というキャロルでその一端がうかがえる)。また、ロビンは雄だけ、ミソサザイは雌だけしかいないと信じられており、繁殖の際はこの二種類でカップリングするとされた。「コマドリとミソサザイは神の雄鳥と雌鳥」という言い回しもあった。

参考サイト

マッカートニー「ジェニー・レン」


ペーパーバックの廉価版

[PR]
# by CockRobin96 | 2014-05-22 11:02 | Trackback | Comments(0)

How goodly are thy tents《汝の天幕はいかに善きかな》


How goodly are thy tents, O Jacob.
And thy tabernacle, O Israel.
As the valleys are they spread forth,
As gardens by the river's side.
いかに善いことか、汝の天幕は、ヤコブよ。*1
汝の聖なる幕屋は、イスラエルよ。
それは広がる谷のよう、
川岸の庭園のよう。

text:旧約聖書民数記24章5節
tune: F.A. Gore Ouseley (1825-1899)

*1 イスラエル十二氏族の祖先とされる人物。有能というか狡猾な知恵者だが、晩年は妻妾やその子供たちの争いに悩まされた。神と格闘して神からの祝福を得て、その名をイスラエル(神の勝者)と改名する。ここではヤコブの子孫たるイスラエル民族そのものを指す。

民数記によれば、力を増すイスラエル民族を危惧したモアブの王が、高名な占い師バラムにイスラエルへの呪詛を依頼するが、神からの預言を受けたバラムは王に逆らって祝福の言葉を託宣する。その際の言葉がこれ。その後バラムはイスラエル人とミディアン人の戦争に巻き込まれて死亡。どういうわけだか、ミディアン人に入れ知恵をしてイスラエル人を惑わし、異教の神々に従わせたということになっている。乗り物はロバ。

R大学の聖歌隊がなにかってーと歌う歌。

(amazonは該当なし)

[PR]
# by CockRobin96 | 2014-05-18 21:45 | Trackback | Comments(0)

I give you a New Commandment 《我汝らに新しき掟を与えん》


I give you a new commandment:
love one another,
as I have loved you,
so you are to love one another.
わたしはあなたがたに新しい掟を与える。
他人を愛しなさい、
わたしがあなたがたを愛したように、
あなたがたも他人を愛しなさい。

I give you a new commandment:
love one another;
If there is this love among you,
then all will know,
that you are my disciples.
わたしはあなたがたに新しい掟を与える。
他人を愛しなさい。
あなたがたのうちに愛があるならば、
それによって全ての人が知るようになる、
あなたがたはわたしの弟子であると。

tune: Peter Aston

ヨハネによる福音書13章34節以下による歌詞。
最後の晩餐の席でユダが出て行った後、イエスが弟子たちに語る。新しい掟ということは古い掟がそれまでにあったわけで、それは旧約レビ記19章18節の「自分自身を愛するように隣人を愛しなさい」という掟を前提としている。



この曲が出るのずっと待ってた
[PR]
# by CockRobin96 | 2014-05-18 21:24 | Trackback | Comments(0)

Shule Aroon《シューラ・ルーン》


youtubeなし



I wish I were on yonder hill,
'Tis there I 'd sit and cry my fill
and every tear would turn a mill.
あの遠い丘の上に座って、
心ゆくまで泣きじゃくりたい
そしたら涙で水車が回せるでしょう。

His hair was black, his eye was blue,
His arm was stout, his word was true.
I wish in my heart I was with you.
その髪の色は黒、その瞳の色はブルー、
その腕は力強くて、その言葉は真実だった。
わたしは心から願いました、彼のそばにいられたならと。

*Shule, Shule, Shule, Aroon
 Shule go socair agus
 Shule go kewn
 Shule go duris agus ayliglume.
*行って、行って、恋人よ
 静かに来て、
 ひっそりと来て、
 扉を開けて、わたしも連れて行って!


'Tis oft I asat on my true love's knee,
Many a fond story he told to me,
He told me things that ne'er shall be.
わたしが愛しい人の膝に座ると
彼は他愛もない話をたくさんしてくれました。
彼は言いました、「こんなことはもう二度とないだろう」と。

*Refrain
*繰り返し

I sold my rock, I sold my reel,
When my flax was spun I sold my wheel
to buy my love a sword of steel.
糸巻き竿を売りましょう、糸車も売りましょう
亜麻糸を巻いた紡ぎ車も売りましょう
愛しい人に鋼のつるぎを買うために。

*Refrain
*繰り返し

I'll dye my petticoat, I'll dye it red,
And round the world I'll beg my bread,
Till I find my love, alive or dead.
わたしのペチコートを染めましょう、赤い色に染めましょう、*1
世界中まわってパンを乞いましょう。
愛しい人を見つけ出すまで、例え生きていようが死んでいようが。

*Refrain
*繰り返し

*1 赤いペチコートは物乞いの印とかどっかで聞いたのだが、どうもデマらしい。英語版wikiによれば閏年の二月29日は「女性から男性にプロポーズしてもいい日」であり、その印として赤いペチコートを着るという風習がある。またエリザベス女王に処刑されたスコットランド女王メアリーは、処刑されるとき「赤いペチコートと黒いドレス、白いベール」をかぶり「結婚式のような姿」だったと伝えられる。既婚女性としての気概を示すために染めたものか。

原語で「Siúil A Rún」「シューリ・ルウ」と書かれることも。アイルランド語(ゲール語)と英語が混在する歌詞。恋人を戦地に送り出す娘の心情を歌う。ここでとりあげたのはボーイズ・エアー・クワイアによるバージョン。バージョンによっては「道中ご無事で」とか「あの人はフランスへ」みたいな歌詞が追加される。
恋人が向かった戦争とは、もともとは17世紀に起こったカトリック系の王様ジェームズ二世と、オランダから迎えられたオレンジ公ウィリアムのイギリスの王位争いに端を発する。アイルランドのカトリック教徒たちを率いたジェームズ二世は抵抗を続けるが(いわゆるジャコバイト運動)、1691年リムリック条約で降伏。アイルランドを追放されたアイルランドのカトリック教徒たちは、フランスに移住し「ワイルドギース(野雁すなわち渡り鳥)」と呼ばれる傭兵集団となった。じゃあ『ヘルシング』に出てくるベルナデッド隊長はカトリックなんじゃなかろうか。
この歌はアイルランド系移民によってアメリカにも伝わり、独立戦争の際に『Johnny Has Gone for a Soldier ジョニーは戦争へ行った』という歌に変化した。アイルランド語がそのまま残っている部分があるのは、駆け落ちを示唆するような歌詞だったからではないかという説がある。さらに二百年後、ピーター・ポール&マリーによって反戦の歌『Gone the Rainbow 虹去りて』として歌われる。似たようなタイトルの映画と小説「Johnny Got His Gun ジョニーは戦場へ行った」というのがあるが、びっくりするほど後味が悪くてトラウマになった。

 アイルランド語対訳の参考
 他バージョンの対訳&ジョニーは戦争へ行った
 参考文献:茂木健『バラッドの世界 アイリッシュ・トラッドの系譜』春秋社

クラナドによるバージョン


ジョニーは戦争へ行った


虹去りて


Anuna
収録アルバム: The Best of Anuna

[PR]
# by CockRobin96 | 2014-05-15 19:26 | Trackback | Comments(0)