タグ:英語 ( 274 ) タグの人気記事

Cuphead Japanese_Translation Index《カップヘッド日本語訳 目次》


Don't Deal With The Devil《悪魔と取り引きするなかれ》

Introduction《イントロダクション》

Tutorial ~ Mausoleum 1《チュートリアル~霊廟1》

Inkwell Isle 1 NPCs《インク壺島1のNPC》

Inkwell Isle 1 Bosses《インク壺島1のボス》

Die House(Mr. King Dice Theme)《ダイ・ハウス(ミスター・キング・ダイスのテーマ)》

Inkwell Isle 1 Die House~Inkwell Isle 2《インク壺島1のダイ・ハウス~インク壺島2へ》

Inkwell Isle 2 NPCs《インク壺島2のNPC》

A Quick Break《クイック・ブレイク(ひと休み)》

Inkwell Isle 2 Bosses《インク壺島2のボス》

Mausoleum 2 ~ Inkwell Isle 2 Die House《霊廟2〜インク壺島2のダイ・ハウス》

Inkwell Isle 3 NPCs《インク壺島3のNPC》

Inkwell Isle 3 Bosses《インク壺島3のボス》

Mausoleum 3 ~ All of Bets are Off!《霊廟3〜全てを帳消しに》

Inkwell Hell《インク壺地獄》

Winner Takes All(Epilogue)《勝者は総取りする(エピローグ)》

Closing Credits《クロージング・クレジット(エンディングロール)》

KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]



Funko Vinyl Figures Cuphead – Cuphead、MUGMAN and the Devil 6 "セット

[PR]
by CockRobin96 | 2017-11-25 10:51 | Cuphead インデックス | Trackback | Comments(0)

Introduction《イントロダクション》Cuphead

BGMはBandcampサウンドトラックでは3番。
ちゃんとおケツが割れてるところにカートゥーンみを感じる。


Once upon a time, in a magical place called Inkwell Isle,
there were two brothers named Cuphead and Mugman.
They lived without a care under the watchful eye of the wise Elder Kettle.
昔々、インク壺島と呼ばれる魔法の国に、
カップヘッドとマグマンという名前の二人兄弟がおりました。*1
賢者ケトル長老の見守りのもと、のんきに暮らしていました。

One day the two boys wandered far from home,
and-- despite the Elder Kettle's many warnings --
ended up on the wrong side of the tracks and entered the Devil's Casino.
ある日、男の子たちは家を遠く離れたところをぶらつき、
そして、──ケトル長老が散々注意したにもかかわらず──
ガラの悪い地区にまで行き着き、デビルのカジノに入ってしまったのです。*2

Inside, Cuphead and Mugman soon found themselves on a winning streak at the Craps table.
"Hot dawg!" exclaimed King Dice, the casino's sleazy manager.
"These fellas can't lose!"
カジノでは、カップヘッドとマグマンは気がつけばあっという間に、サイコロのテーブルで連戦連勝していました。*3
「これはすごい!」カジノのいかがわしげな支配人、キング・ダイスが感嘆しました。*4
「君たちは負け知らずだね!」

"Nice run, boys," laughed a newcomer.
The brothers gasped.
It was the casino's owner - the Devil himself!
"Now, how about we raise the stakes?" he suggested with a toothy grin.
「がんばってるな、坊やたち」と、闖入者が笑って言いました。*5
兄弟は息を飲みました。
それはカジノのオーナー、デビルそのヒトでした!
「なあ、賭け金を上げてみないか?」と、デビルはニヤリと歯をむき出しつつ、提案してきました。

"Win one more roll, and all the loot in my casino is yours!" the Devil boomed.
"But if you lose, I'll have your souls! Deal?"
「もう1回だけ勝てば、このカジノ中の全てが貴様らのものだ!」とデビルが高らかに言います。
「だがもし貴様らが負けたら、貴様らの魂を頂こう! 取り引きするか?」

Cuphead, blinded by easy riches, nodded and grabbed the dice a throw.
"Good gosh, Cuphead, no!" cried Mugman, for he understood the danger.
But it was too late!
簡単に金持ちになれるチャンスに目がくらんだカップヘッドは、うなずきサイコロを掴んで一振り。
「うわっ、カップヘッド、ダメだ!」危険に気づいたマグマンが叫びました。
しかし遅すぎたのです!

"Snake eyes!" laughed the Devil while slamming the floor.
"You lose!" The brothers trembled in fear as he loomed over them.
"Now, about those souls..."
「スネーク・アイズ(ピンゾロ)だ!」フロア中にデビルの笑い声が響きました。*6
「貴様らの負けだ!」兄弟は、その身にのしかかる恐怖でぶるぶる震えます。
「さて、貴様らの魂だが…」

The brothers pleaded for their very lives.
"Th-there must be another w-way to repay you," Mugman stammered.
"Yes, p-please Mister!" Cuphead added.
兄弟は懸命に命乞いをしました。
「き、きっと他のほ、方法で支払いますから…」マグマンがつっかえながら言います。
「そうです、お、おねがいします旦那!」カップヘッドがつけ足します。

"Hmm, perhaps there is," the Devil snickered, pulling out a parchment.
"I have here a list of my runaway debtors.
Collect their souls for me, and I just might pardon you two mugs."
「ふーむ、ならばこれだ」デビルは一枚の羊皮紙を取り出しながら、ニタニタと笑いました。
「ここに逃げた債務者どものリストがある。
 こいつらの魂を集めてこい、そうすれば貴様ら二杯を許してやらんでもないぞ」

"Now get going!" the Devil roared, kicking the boys out most rudely.
"You have 'til midnight tomorrow to collect every one of those souls!
Otherwise I'll be the one collecting yours!"
「今すぐ行け!」デビルは男の子たちを乱暴に蹴り出しながら怒鳴りつけました。
「明日の真夜中までに全員の魂を集めてくるんだ!
 さもなくば俺様が貴様らの魂をもらい受けるぞ!」*7

Cuphead and Mugman were terribly frightened and ran away as fast as they could.
"C'mon Mug!" panted Cuphead.
"We have to find the Elder Kettle. He'll know what to do!"
カップヘッドとマグマンはすっかり怯えきって、出来る限り速く走って逃げました。
「早く、マグ!」息を切らしながらカップヘッド。
「ケトルじい様を探さなきゃ。どうしたらいいかきっと知ってる!」

*1 ところで、MugmanがMegaman(ロックマンの英語名)のパロディなのは有名だが、Cup headはもともとネジでつるっとした丸頭のものを指す。watchfulは「用心深い、注意深い」という意味だが、じい様居眠りこいてますやん。
*2 end upは「行き着く、結局こうなる」という意味。島1のカエル兄弟のところでも出てくるが、wrong side of the tracksとは貧民地区、裏町を指す。→A Little Girl from Little Rock《リトル・ロックから来た娘》
*3 「クラップス」は二個のサイコロの出目を競うゲーム。初回に二個合わせて7か11が出れば勝ち、2・3・12なら負け。それ以外ならさらにサイコロを振り、7が出れば負け、初回と同じ数(これをポイントと呼ぶ)なら勝ち、それ以外の数なら決着がつくまで振り続ける。投げ手の客及び周囲の客は、その勝敗を賭ける。投げ手が自分の負けに賭けることも可能。この場合は7と11が出まくったのかもしれないが。
*4 Hot daug(Hot dog)は「すごい!」「やったー!」「上手いね!」という時に使う感嘆。sleazyはいかがわしいのほか軽薄、低俗、安っぽいなどろくでもない意味しかない。
*5 nice runはそのままだと「がんばってよく走ったね」みたいなほめ方。「good run」だと「最高ではないけど及第点」「まあ平均以上」みたいなニュアンスがある。→参考「NiceとGoodの違い
*6 slammingは普通「(ドアなどを)バタンと閉める、ドンと置く、ピシャリと叩く」もしくはスラングで「ぶったまげるような」などの意味だが、ここではどういう意味で使われてるのかよくわからない。誰か知ってたら教えてください。
*7 I'll be the oneは「自分がそれになる」を強調した感じ。

一応訳したけど、非公式攻略Wikiのストーリーにもほぼ同じ内容で載ってます。拙訳が後発なのでちょっと似てるのは勘弁してください。

2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」のセリフ等を勝手に日本語訳してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

レコード盤のサウンドトラックも販売中。
でもそろそろこのアフィ飽きてきた。
KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]


というわけで誰が買うのかわからんアホみたいに高いTシャツ


[PR]
by CockRobin96 | 2017-11-24 22:23 | Trackback | Comments(0)

Inkwell Isle 3 NPCs《インク壺島3のNPC》Cuphead

BGMはBandcampサウンドトラックでは33番。ピアノバージョンは44番。
どことなく雰囲気が都会っぽくなってくる。


Ludwig(Gramophone) & Wolfgang(Radio): ラドウィグ(蓄音機)&ウォルフガング(ラジオ)(ドイツ語発音の場合はルートヴィヒ&ヴォルフガング)
Ludwig:
Achh, That Wolfgang!
Always taking ten notes to express two notes' worth of music!
He has no conception for what I mean by 'Less is more'!
I know you agree with me,
Go convince that tin-eared clock!
He won't listen to me anymore!
ラドウィグ:
ははぁ、ウォルフガングめ!
独奏より箔がつくと思って、いつも楽器をやたらに沢山使っておる!
彼にはわたしの言う「レス・イズ・モア」なんてさっぱり理解できんのだ!*2
君たちならわたしの言うことをわかってくれるだろう、
あの音楽オンチに分からせてくるのだ!*3
彼はもうわたしの言うことを聞いてくれんのだ。

Wolfgang:
So, Ludwig's been filling your mugs with his 'Less is more' drivel, eh?
Keep talking to that fool and soon nothing will sound right to you!
Don't say I didn't warn you!
ウォルフガング:
それで、ラドウィグのやつは君らの頭に「レス・イズ・モア」なんてたわごとを注ぎ込んだってわけだね?
あのアホと喋ってたら、すぐに何も聞こえなくなっちゃうよ。
あとでどうなっても知らないからね!*4

Ludwig:
My 'Friend' Wolfgang warned you about me, didn't he?
I thought he might, and he was right to do so!
Not everyone prefers to hear what I have to share...
わが「友」ウォルフガングは、わたしのことで文句を垂れただろう?
まあ彼はそうするだろうし、そうする権利がある!
万人がわたしの持論を聞きたがるわけではないからな…

Wolfgang:
What did I tell you about talking with that minimalist buffoon?!
'Less is more'...Bah!
あのぼんくらミニマリスト、僕の言った通りだろ!? *5
「レス・イズ・モア」だって…ウボァー!

Ludwig:
You came back!
Suspected you might.
I can tell you have an appreciation for true art.
Behold my minimalist masterpiece!
戻ってきたな!
疑っておるようだな…
お前たちの真の芸術の理解のために教えてやろう。
聴くがいい、ミニマリストの傑作を!
(BGMがピアノバージョンに切り替わる)

Wolfgang:
Well, I warned you!
Awful, isn't it?
Let us change the music back before our ears turn to jelly!
ほら、言わんこっちゃない!
ひどいもんじゃないか?
耳がでろでろになる前に、BGMを元に戻そう!*6
(BGMが普通バージョンに切り替わる)

*1 これはかなりの意訳。そのまんま直訳すると「いつも10音使って、2音だけの音楽より価値を上げようとしている」。ピアノなら右手と左手でメロディが二音。
*2 「レス・イズ・モア(少ないことは豊かなこと)」は19世紀の詩人ロバート・ブラウニングが初めて使ったとされる。のちに20世紀の建築家ローエがこれを標語とした。ミニマリストの好きな言葉。
*3 tin earでブリキの耳。耳が肥えていない、音楽に対する感性がうといという意味。「音楽が下手な人」という意味はない。
*4 直訳すると「僕が注意しなかったなんて言うんじゃないよ」。後で泣きを見たって知らんよ、とかそう言う時に使う。なお、warnは日本語ではよく「警告する」「忠告する」と訳されるが、「先に言っておく」くらいの軽いニュアンスでも使われるそうな。
*5 What did I tell you で「言った通りでしょ!」。お母さんなんかがよく言うあれ。
*6 turn to jellyで「ゼリーになっちゃった=ブルブルする、ガクガクする」。普通は足が震える時などに使う。

どこぞの楽聖を思わせるふたりのあいだを行ったり来たりするイベント。若干会話が噛み合ってない気がするが、訳が悪いのか元々なのかよくわからない…意味不明の会話をいちいち代行する、妙に律儀な主人公。
イベント終了後、島BGMがフルオケかピアノかに切り替えることができる。お好みでどうぞ。
ラドウィグは蓄音機、ウォルフガングはアンティークなラジオの姿をしている。BGM放送を担当しているのは彼ららしい。
戦車ネズミと違ってそこまでドイツ語なまりではない模様。


Pirate Girl: 海賊娘
Arrr, Yer gonna need some tips if ye want to keelhaul these deadbeats!
Start by mixin' up yer weaponry!
Can't expect all yer arms to work the same on every foe!
Mix and match, Landluvvers!
That's what I say!
あーら、あんたがあのロクデナシどもをうんと懲らしめてやりたいなら、アドバイスが必要やね!*1
まずはウエポンを組み合わせることからやね。*2
全ての武器が全ての敵に同じ効果があるとは限らないんよ。
組み合わせてマッチさせることやね、初心者くん!*3
そういうことやね!
*1 tipはウェイターなんかに渡す心付けのほか、助言・情報の意味がある。keelhaulは、昔船乗りの間で行われた罰の一種。紐をくくりつけて海に放り込み、そのまま船底の下をくぐらせて反対側まで泳がせる。転じて、うんと懲らしめる、厳しく罰する。
b0310887_08484383.jpg
*2 mix upは混ぜ合わせること。ぶちまける、ひとつずつ組み合わせる、取り違える、などいろんなイメージがある。
*3 Landluvver=Landlubber。新米水夫。「陸の上のすっとろいやつ」の意。
海賊の格好をしてはいるが、債務者を嫌っているようなのでキャプテン塩ヒゲのクルーではないらしい。この頃になるといろいろウエポンや攻撃法が増えているので、それをうまく組み合わせるようアドバイスしてくれる。それだけ。


Turtle: 亀
You boys think your situation is a multicolor mess,
Don't you?
But what if I told you there was a way to see it in shades of gray?
A way that only a pacifist platformer woluld be able to perceive?
Would you violent little mugs believe me if I told you that?
I wonder.
坊やたちは、自分たちが多色のまぜこぜの中にいると思ってるだろう?
違うかい?
でも、もしわたしがグレーの濃淡で世界を見る方法があるって言ったらどうする? *1
平和を愛するゲーマーだけが、それを見ることができるとしたら? *2
お前さんたちみたいな乱暴者のちびマグカップが、わたしの言うことを信じるのかい?
不思議だねぇ。

Ah, you found the path of pacifism!
I am quite impressed.
You shall now be able to see the world in a new light.
Go in peace!
ああ、お前さんたちは平和への道を見つけたのだね!
本当に感服させられたよ。
お前さんたちはもう、新しい光のなかで世界を見られるようになったのだよ。
ではご機嫌よう!*3

Bravo! You just earned a few bonuses,
Look at your option menu for new visual and audio modes!
ブラボー! ささやかなボーナスを受け取ったね。
新しいビジュアルとオーディオのモードを、オプションメニューで見てごらん!

*1 shades of grayは「はっきりしない」という意味でも使われる。1960年代に活躍したザ・モンキーズというアメリカンポップグループが、当時の暗い世相を反映した「灰色の影」というタイトルの歌を発表している。
*2 プラットフォーマーとは、ジャンプを駆使して障害物を飛び越え、足場から足場へ進んでいくタイプの横スクロールゲームの総称(縦なこともある)。代表的なものはもちろんスーパーマリオシリーズ。このゲームもプラットフォーマー。
*3 直訳で「心安らかに行きなさい」だが、「おさらば、ご機嫌よう」という意味でも使う(単に「Peace!」とも)。聖書に頻出するフレーズでもある。(士師記18:16、マルコによる福音書5:34など)
隠しモード解放のキーパーソン。Run&Gunの全てのステージで、ショットを使わずにクリアしてから再度話しかけると、モノクロモードを解放できる。


Forkington: フォーキントン(フォーク男)
Let's be honest, fellows.
Shall we?
There is class of grade a people, and then there is... well...
...Everyone else.
At the moment, You seem like... Everyone else.
And that means you cannot experience the world in the special way I do.
正直なところね、諸君。
いいかい?
ヒトには階級ってものがあってだね、そこには、その…
その他大勢がいる。
今のところ、諸君は…その他大勢の方のようだね。
つまり、諸君には僕のスペシャルな見方で世界を体感することができないってことだね。

My stars, you did it!
You are truly grade a in my book!
Now you can experience the world as I do!
驚いたよ、やり遂げたんだね!*1
君たち、僕の心の中では最高級だよ!*2
君たちも僕と同じように世界を体感できるようになったんだ!

My dear friends, you just earned a great bonus,
check out yer option menu for a new visual mode!
親愛なる友よ、特別ボーナスを受け取ったね!
新しいビジュアルモードをオプションメニューでチェックしてくれたまえ!

*1 my starsは「驚いた、びっくりした、おやまあ!」と言うときの慣用句。
*2 in my bookのbookは本という意味だけではなく規範、基準の意味がある。「自分の意見としては」「自分の中では」という意味で使う。
突然偉そうになんやコイツ…と思うが、実はこちらも隠しモードの一つ。全てのボス戦でA以上を取ると、赤と緑の二色カラーモードを解放することができる。そしてコイツの態度が馴れ馴れしくなる。
このカラーモードは、1909年から1914年にかけてのごく短い間に用いられたカラー映画の手法「キネマカラー」へのオマージュ。その後1932年に登場した三原色方式の「テクニカラー」に取って代わられた。


おまけ:いろんな隠し要素



2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」のNPCのセリフを勝手に日本語訳してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

レコード盤のサウンドトラックも販売中。
でもそろそろこのアフィ飽きてきた。
KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]


というわけで誰が買うのかわからんアホみたいに高いTシャツ


[PR]
by CockRobin96 | 2017-11-22 21:22 | Trackback | Comments(0)

Inkwell Isle 2 NPCs《インク壺島2のNPC》Cuphead

BGMはBandcampサウンドトラックでは17番。ピアノバージョンは20番。


The Barbershop Quartet: バーバーショップ・カルテット
Whoever heard of a Barbershop trio?
If we can't find our fourth member,
We'll never sound right again!
Be a pal and let us know if you spot him, won't you?
3人しかいないアカペラ四人組なんて、誰が聞いてくれるんだ?
4人目を見つけ出せなきゃ、
二度とちゃんと合唱なんてできないよ!
ねえ頼むよ、もし彼の居場所がわかったら、僕らに教えてくれないかい?*1

At last!
I thought I'd never see another living soul again!
I lost my way while searching for coins.
No one has money for haircuts these days,
Thanks to that blasted casino!
Well, I'd better get back to my pals in the quartet!
ついに助かった!
もう二度と他の生きたヒトに会えないかと思ったよ!
コインを探してるうちに、道に迷っちゃったんだ。
このごろはみんなヘアカットするお金もないんだ、*2
あのいまいましいカジノのせいでさ!
さて、僕もカルテット仲間のところに戻った方がいいね。

Oh boy, you did it!
We're a quartet once more!
Gee, you must have run yourself ragged tracking him down!
We can't thank you enough! Let's celebrate with a song!
Ready, boys? Key of B flat...
やあ坊や、やってくれたんだね!
僕ら四人組に元通りさ!
ああ、彼を追いかけたんですっかりくたくたにさせてしまったね!*3
感謝してもし足りないよ! 歌でお祝いしよう!
みんな、いいかい? シのフラットの音で…

A Quick Break《クイック・ブレイク(ひと休み)》

Can't get enough of that diddy, eh?
Okay, boys, one more time! With feeling!
これっぽっちじゃ満足できないんだね?
オーケイ、みんな、もう一回だ! 気持ちを込めて!

*1 be a palは直訳すると「仲良くしてよ、友達になってよ」だが、「頼むよ(だって友達だろ)」というニュアンスがある。
*2 この島の住民でヘアカットが必要なのがどれくらいいるんだ思ったが、デビルを顧客にすれば夢の永久機関完成するな!
*3 run (whom) raggedで「クタクタになる」。
床屋のサインポールのアカペラ4人組。
詳細は→A Quick Break《クイック・ブレイク(ひと休み)》で。


Canteen Pilot: 水筒パイロット
Good timing, fellas!
I just added an upgrade on your aeroplanes!
Now you can wallop your foes with bombs!
Just switch your weapon whenever it strikes your fancy!
Try it out!!
グッドタイミングだよ、君たち!
ちょうど君たちの飛行機に新機能をつけたところなんだ。
これで敵にボムをぶちかませるんだよ!
いつでも好きなウエポンにスイッチで切り替えるだけさ!*

Your Aeroplane are now equipped with mini-bombs,
Switch your weapon anytime during battle!
君たちの飛行機は今ミニボムを装備してるよ、
バトル中いつでもスイッチでウエポンを切り替えてね!

* strike (who's) fancyで「興味を惹かれる、そそられる、魅力的に感じる」。
島1にいるパイロットとの関係は不明。同一人物なのか別人なのか。
というか殺る気満々じゃないですかやだー!


Cookie girl(Pink girl, Candy girl): クッキー娘(ピンク娘、キャンディ娘)
You can't catch me...
Unless you take a shortcut!
That's what some punk kids did last week!
It's the only way they could've beaten me to the rides!
Say, Maybe you could show me where the shortcut is around here...?
お前には追いつけっこない…
近道を使わない限りはね!
そんなことを先週悪ガキ達がやってたのよ!
近道って、あいつらがあたしを出し抜いて先にアトラクションに乗れる唯一の方法なの。*
ねえ、この辺の近道がある場所を教えてくれたりする…?

Thanks, Fellas!
I know there was a faster way across the island!
Now I'll be first on all the rides again!
Here, takes this coin as my way of saying thanks.
あんたたち、ありがとうね!
この島の向こう側に早く行ける道がそれなのね!
また全部のアトラクションに一番乗りできるわ!
さあ、お礼にこのコインを持っていって!

*beatは叩くの他に「負かす、出し抜く」という意味がある。


Juggler: ジャグラー(お手玉男)
Well, Hey there, Fellas!
Come to watch my little show, Have you?
They say juggling is a bit like parrying.
Tough at first, but soon you can string them together swimmingly!
I'm hoping to get to four someday.
Four in a row...
Yeah, That would be something, wouldn't it?
やあ、そこの君たち!
ちょっとしたショウを見てかない?
お手玉ってちょっぴり「パリィ」に似てるって言われてるんだ。
最初は難しくても、すぐにスイスイできるようになるよ!
いつか四つ玉で投げられたらいいなあ。
四つ並べば…
そう、何かが起こりそうじゃない?*1

Hey, I heard you managed to parry four times in a row!
I'll bet you're so proud you could bust!
Here's a coin to reward your persistence, boys!
Don't spend it all in one place, now!
やあ、四連続パリィをやり遂げたんだってね!
君たちが記録を破れたなんて僕も誇らしいよ。*2
坊やたちの粘り強さをたたえて、このコインを進呈します!
パーッと使っちゃダメだよ。*3

*1 ポール・マッカートニーの歌のタイトルでもある。
*2 bustはbreakと同じ意味で使われることがある。
*3 直訳すると、「一箇所で全部使っちゃダメだよ」。小銭でもこう言ったりする定番のジョーク。


Lightbulb scholar: 電球学者
So you have spoken with Quadratus,
The watery being across the isle?
That is something few others can claim.
クアドラトゥスと話したことはあるかね?
この島の向こう側の池にいる存在なんだが…
ほんのわずかなヒトだけが話せるものなんだ。


Quadratus: クアドラトゥス
Through all your battles, and all my rhymes...
...You have failed and perished ( ) times.
そなたの戦いの中で、我の詩の中で…
…そなたが過(あやま)ち、果てたのは( )回だ。*

*ストレートに言えば「しくじって死んだ」。やっぱり死んでるのか…
アメリカの女流詩人エミリー・ディキンソンの詩にTo fail ... To perishという句が出て来るが、関連は不明。
quadrateで「正方形の」。2世紀頃のギリシャに同名の神学者がいる。
池の中にいて、これまでの失敗回数を教えてくれる謎の存在。
Inkwell Isle 1 Bosses《インク壺島1のボス》でもとりあげた「Swing You Sinners!」のオバケ(左)に似ている。
b0310887_13094555.jpg

2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」のNPCのセリフを勝手に日本語訳してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

レコード盤のサウンドトラックも販売中。
でもそろそろこのアフィ飽きてきた。
KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]


というわけで誰が買うのかわからんアホみたいに高いTシャツ


[PR]
by CockRobin96 | 2017-11-19 14:37 | Trackback | Comments(0)

Inkwell Isle 1 NPCs《インク壺島1のNPC》Cuphead

BGMはBandcampサウンドトラックでは6番。ピアノバージョンは14番。
NPCたちの公式名はポークリンド氏以外は不明。ネットで使われている様々な愛称を併記。


Apple(Mac):リンゴ男(マック)
Hey, Fellas! Look like you're in for it now, eh?
Well, I used to be the same way. Always gettin' into troble...
...Runnin', Jumpin', Shootin'...
...But now I prefer just strollin' around and goin' to the pictures!
But hey, Lemme give ya a hand! Take this!
よっ、お前ら! えらいことに巻き込まれたって様子だな、だろ?*1
まあ、オイラも昔はよくそんな目に遭ってたもんさ。いつもトラブルを起こしちゃって…
…走ったり、飛んだり、撃ったり、…
…でも今はその辺をぶらぶらしたり、映画を見に行ったりする方が好きなんだ!
だけど、ちょっとだけ手を貸してやるよ! これを持って行きな!*2

Hey, Guys! Good to see ya again!
Hope those coins helped out a bit!
Maybe check with other folks around here, They might help ya too!
よっ、お前ら! また会えて嬉しいぜ!
あげたコインが少しは助けになるといいな。
この辺の他のヒトたちをチェックしてみな、みんなもお前らを助けてくれるかもよ!

*1 be for in itはひどい目にあわなきゃいけない、罰をうけなくてはならない、などの意味。
*2 ちゃんとした文に直すと「Let me give you a hand.」
旅するニンジンてどう見てもニンジンではない。
頭を誰かに食いかじられてるけどピンピンしているアップルヘッドくん。マックというのは愛称で公式名は不明。
元ネタはもちろんPCのアップル。このゲームはウィンドウズじゃないとできないけどな!


Porkrind's Emporium: ポークリンド商店
You gots to equip those new purchases if you want to use them,
Look at your equip card.
Ya bums!
新しく買ったものを装備して使いたいなら、
購入品カードを見るんだぜ。
ものぐさども!*

*客に向かって言ってええんか。他にも怠け者、おケツなどの意味がある。ケツ…?


Coin Guy(Grampy Coin): コイン男(コイン爺さん)
Harumph!!
I'll be a Monkey's uncle if I'm putting my moolah in the bank.
For all I know, the Devil probably controls the place too!
They'll never get ahold of my gold if I spread it all around.
And if some Joe happens to find a coin or two...
Good for him!
That's what I say.
Harumph!
うぉっほん!
もしも銀行におゼゼを預けようとしたら、きっとえらい目に遭うに違いないのじゃ。*1
よくは知らんが、そこもきっとデビルに支配されてるのじゃ!*2
金貨を島中にばらまいてやれば、やつらもワシの金貨を手にいれることはないのじゃ。
もし誰かさんがコインやなんかを見つけることができたら…*3
そいつはラッキーじゃな!
そういうことじゃ。*4
うぉっほん!

*1 be a Monkey's uncleは「お猿のおじさんになる=信じられないような目に遭う」という意味。
*2 For all I knowで「自分が知っているのはコレで全部=あまりよくは知らない」。
*2 Joeは不特定多数の男性。なぜ男性に限定されるのか。目の前の小僧にわざと教えてるのかな?
*3 自分の言った後にかぶせた場合は「これがわたしの意見だ、この通りだ」。相手の発言にかぶせた場合は「あなたの言うとおりだ、わたしも同意見だ」になる。
ケチなんだか気前がいいんだかよくわからないコインおじさん。
島中に散らばっているコインは、どうやら彼がばらまいたものらしい…


Canteen Pilot (Gas Can, Engineer): 水筒パイロット(ガス缶、エンジニア)
What's that? You two want to fly in a plane like i do? Ha!!
You're not sitting in any cockpit 'til you study those blueprints!
なんだい? 君たちふたりとも僕みたいに飛行機で飛びたいのかい? ははっ!
そこの青写真で飛び方を勉強するまでは、操縦席にも座れやしないよ!

青写真とは、図面の複製写真、もしくはその写真の撮影法。青地に白線、もしくは白地に青線で映るのが特徴。

水筒だかなんだかよくわからないパイロット。「Ha!!」と言うので、ヒルダちゃんの関係者かもしれない。水筒だとしたらこの軍用タイプのもの。島2にそっくりなパイロットがいるが、関係は不明。アップの顔を見ると水筒で確定らしい。



Fishing Fish Lady: 釣り魚のお嬢さん
Begone, spirits! Oh, wait...You're real.
I was about to hit you with the ol' parry move!
That's how you deal with ghost 'round here.
Only a nitwit tries shootin' someone who ain't really there.
Speakin' of not bein' places... would you fellas mind movin' on?
You're spookin' the fish.
オバケめ、あっち行け! あら、ちょっと待って…実体があるのね。
あんたたちを「パリィ」の動きでひっぱたくところだったわ。*1
「パリィ」だけがこのあたりのオバケをどうにかできる方法なの。
実体のない連中をショットで倒そうとするのは、マヌケだけがすることよ。
ここはお喋りする場所じゃないの…あんたたちもう行ってくんないかしら?
お魚が怯えて逃げちゃうじゃない。

So I hear you fellas gave some of them ghost what-for.
Glad someone finally sorted 'em out!
Might make the fishin' even better here.
Then again... might not.
わたしが言ったとおりオバケ達にがつんと食らわせてきたのね。
誰かさんがついにあいつらをやっつけてくれたんで喜んでるの!*2
ここでの釣りもずっとはかどるわね。
と思ったけど…そうでもないかもね。

*1 Parryは「攻撃を受け流す」という意味だが、Cupheadゲーム中ではピンク色の敵や物体に重なった瞬間にジャンプボタンを押すことで攻撃を無効化し、さらに必殺技ゲージを貯めることができる技のこと。
*2 この訳であってるのかどうかわからない。「とうとうあいつらがやっつけられて、誰かさんも喜ぶわ。」かもしれない。
共食いするつもりなのか、単に釣って遊んでるだけなのか…

動画なし
Axe(Axe Guy, Chip, Axe Girl):斧(斧男、チップ、斧娘)
What're you lookin' at?
My chip? Ha!
It's not my fault!
I been busy fightin' off those casino debtors!
Now I gotta save up to have my blade fixed!
So help me, I wish someone would bust that King Dice one!
何見てんのさ?
刃こぼれしてる? ふん!
ボクのせいじゃないよ!
カジノの債務者どもとケンカしてて忙しかったんだ!
刃こぼれを治すのに貯金しなきゃいけないのにさ!
ほんとにもう、誰かあのキング・ダイスをボコボコにしてくれたらいいのに!

Say, fellas, thanks for setting things down around here.
Maybe now I can collect enough dough to pay for my chipped blade.
Speakin' of which...
I should get back to work.
Gotta make hay while the sun shines!
あっ、君たち、この辺の奴らをやっつけてくれてありがとう!
これでたぶん、刃こぼれを治すのに充分なくらいお金を貯められるよ。*1
ということで…*2
仕事に戻らなくちゃ。
今のうちにやれることをやっとかなきゃね!*3

*1 doughはドーナツのドー。生地という意味だが、お金、現ナマのことも言う。
*2 「ところでそれで思い出したんだけど…」みたいなときに使われる言い回し。それまでの話題からあまり逸れてない場合に使う。180度関係ない話題に転換するときは「by the way」。
*3 ことわざのひとつ。「日が差しているあいだに干し草を作れ=チャンスをものにする」。「できるときにできることをやれ」とも。

島1のボスを全て倒すと、ちょっと横にどいてくれてその奥のコインが取れるようになる。
が、嬉しさのあまりそのままサイコロハウスに直行するプレーヤー多数な模様。
島2にいる、「近道を教えるとコインをくれるピンク娘」が女の子だからこっちも女の子じゃない? みたいな説があるが真相は不明。
カプマグ兄弟と同じく取り立てを押しつけられた…のではなく、取り立てを警戒したボス達に問答無用で攻撃され、仕事が出来なくなっていたらしい。
あとダイス氏は結構有名人らしい。悪い意味で。

2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」のNPCのセリフを勝手に日本語訳してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

レコード盤のサウンドトラックも販売中。

でもそろそろこのアフィ飽きてきた。

KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]


というわけで誰が買うのかわからんアホみたいに高いTシャツ


[PR]
by CockRobin96 | 2017-11-18 09:16 | Trackback | Comments(2)

Winner Takes All(Epilogue)《勝者は総取りする(エピローグ)》Cuphead


[Winner Takes All] ウィナー・テイクス・オール(勝者は総取りする)*1

The brothers had triumphed over the demon,
forcing him to finally give up.
"We shall accept your surrender, Devil," Cuphead laughed.
"But we're not done just yet!"
兄弟は悪魔にうち勝ち、
ついに降参させました。
「僕らはお前の降伏を受け入れるよ、デビル」カップヘッドは笑って言います。
「でもまだやることがあるんだ!」

And with that, Cuphead and Mugman destroyed all of the soul contracts,
releasing Inkwell Isle's residents from eternal servitude to the Devil.
それから、カップヘッドとマグマンは全ての「魂の契約書」を破壊し、
インク壺島の住民たちはデビルへの永遠の隷属から解放されたのです。

"Gosh, I can't wait to tell everybody!" Cuphead said.
The boys set off for home, and at top speed.
"C'mon, last one there's a leaky cup!" Mugman teased as they ran.
「うわぁ、みんなに話すのが待ちきれないよ!」カップヘッドが言いました。
男の子たちは、全速力で家を目指します。
「やーい、びりっけつが穴あきカップだぞ!」マグマンが走りながらからかいました。*2

Once home, the brothers gathered everyone together.
"You're all free of the Devil's debt!" Cuphead announced.
"And that fiend won't bother us again!" Mugman added.
家に着くと、兄弟はみんなを集めました。
「全員がデビルの負債から解放されたんだよ!」カップヘッドが宣言しました。
「もうあの魔王に二度と悩まされることはないんだ!」マグマンが続けました。

The Elder Kettle was literally brimming with pride as everyone began to cheer:
"Let's hear it for Cuphead and Mugman!"
"Hip-hip-hurrah!" "Hip-hip-hurrah!"
ケトル長老は、みんながふたりをほめたたえはじめたので、文字通り誇らしさで溢れそうです。
「カップヘッドとマグマンに拍手を!」*2
「ばんざーい!」「ばんざーい!」

As an all-day celebration began,
the brothers promised to never wander into trouble again.
And they didn't -- until the next time, of course!
But that is another story...
一日中続くお祝いが始まり、
兄弟は二度とトラブルに頭をつっこまないことを誓いました。
そしてつっこまなかったのです…次の時まではね!
でもそれはまた別のお話…

*1 選挙法の一つでもある。
*2 普通は「Last one in is a rotten(bad) egg!(最後に残ったのが腐った卵だぞ)」などという言い方をする。遊びに誘って「やーい、置いてけぼりにするぞ!」という時に使う。英語版の「となりのトトロ」でも使われたらしい。でもマグマンくんの方がどう見ても遅いんだけど。
*3 Let's hear it for ~で「~に拍手を!」「~にエールを!」という決まり文句。

舞台上のマグマンくんのポーズかわいえ。

2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」のエピローグを勝手に日本語訳してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

レコード盤のサウンドトラックも販売中。
KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]

[PR]
by CockRobin96 | 2017-11-16 21:41 | Trackback | Comments(0)

Inkwell Hell《インク壺地獄》Cuphead


[Chief Evil Officer] チーフ・イヴィル・オフィサー(悪の大幹部)
"Well, well, well... look how far you've come!
Not only did you bust up my good-for-nothing lackey, King Dice...
...but I see you've got my soul contracts, as agreed!
Hand ' em over, and join my team! "
これはこれは…ここまでよくぞがんばったものだな!*1
役立たずでゴマすりのキング・ダイスをノしてきただけでなく…*2
…約束通り「魂の契約書」を持ってきてくれると思ってたぞ!
さあそれを寄こせ、そして俺様の仲間になれ!

*1 「You’ve(you have) come this far」で「あなたはこんなに遠くまで来た=あなたはよく頑張ったね」という言い回し(みんなで頑張ったのならWe'veとなる)。「look how far you've come」はその変形で、直訳すれば「自分がどんなに頑張ったか見てごらん」。
日本のドラマ「離婚弁護士Ⅱ」(2005年)の挿入歌としてケリ・ノーブルが書きおろした曲がまんまこのタイトル。みんな大好きディズニー「ズートピア」の主題歌「トライ・エブリシング」にもこの歌詞が入っている。
*2 good-for-nothingは「いないよりマシ」くらいな言われ方。lackeyは本来従僕(イギリスではフットマンとも。お仕着せを着せた見栄えのいい男の召使い。執事を兼ねることもある)の意味だが、転じて「卑屈にペコペコする奴、おべっか使い、言いなりになる奴」を指すようになった。サイコロおじさん…

Yes →
"You're mine now!
And we're gonna have a hell of a time down here...!!"
貴様らは今から俺様のものだ!
我らが「地獄の時代」がここから始まるのだ…!*

*a hell of a timeで「どエライこと・凄まじいひととき」。地獄と入っているが、きつい・つらいばかりではなく「すごくいい!」という意味でも使う。単に「a(one) hell of ...」でも良い。(参考:いろんなa hell of time
たった1日で全債務者を倒した末恐ろしい子を下僕にできたらそりゃそうなるわな。
ところでまどか☆マギカみたいに「実は何回も時間を巻き戻して平行世界を作りまくってて、そのたびに主人公が強力になる」とかだったら怖い。


No →
"Welching on me just like all the others, eh...
I'll teach you for backing out of a deal -- have at you!!"
ほう、他の連中と同じように踏み倒すというのだな…*1
では俺様が取り引き決裂とはどういうことか教えてやろう──行くぞ!*2

*1 welch=welsh。約束を破る、借金を踏み倒す、契約不履行する。
*2 have at you! はフェンシングなどの勝負で「行くぞ!」という掛け声。have at ...だけだと、攻撃する、打ってかかる、勢いよく始めるなどの意味。

[Admission To Perdition] アドミッション・トゥ・パーディション(最果てへの入り口)
*Admissionは入学、入会、入場許可。perditionは悪人の行き着くところ、破滅、地獄。この曲は今までのボスキャラのメドレーとなっている。
"You broke our deal...now it's my turn to break you!!!"
貴様らは取り引きをぶち壊した…今度は俺様が貴様らをぶち壊す番だ!!

[One Hell Of A Time] ワン・ヘル・オブ・ア・タイム(地獄のひととき)
"Anyone who opposes me will be destroyed!"
俺様に逆らうものは誰でも破滅するのだ!

*実はこのセリフはカプコン「ストリートファイターⅡ」におけるベガ(英語名はM. Bison)の勝ちゼリフの英語版。
デビルのキャラデザは、1929年のモノクロ時代のディズニーアニメ短編「地獄の悪魔退治(Hell's Bells)」、ついで1934年のベティさんものの「Red Hot Mamma」。
三叉の槍(フォーク)、ヤギ、クモ、足のある蛇、仏像(?)は全て(キリスト教から見た)悪魔や異教を連想させるもの。
b0310887_10223697.jpg
b0310887_10253318.jpg

2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」のラスボス戦におけるセリフ等を勝手に和訳してみるテスト。
ご指摘・補足等お待ちしております。

おまけ:全ボス勝ちゼリフ集



レコード盤のサウンドトラックも販売中。
KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]

[PR]
by CockRobin96 | 2017-11-16 10:44 | Trackback | Comments(0)

Mausoleum 3 ~ All of Bets are Off!《霊廟3〜全てを帳消しに》Cuphead


[Legendary Chalice]
Thank goodness you came by!
Those lousy ghosts had me but good that time!
Here's the last magical super art I was able to find for you!
Well, time for me to take a powder. Good luck!
[伝説のチャリス]
あなたたちがきてくれて本当に良かった!
気持ち悪いオバケたちに捕まって、ひどい目にあったわ。*1
これがわたしに見つけることのできた最後のマジカル・スーパー・アーツよ!
さて、もう逃げなきゃ。グッドラック!*2

*1 but good でこっぴどく、徹底的に。「オバケに捕まってたけど良かったわぁ」ではない。
*2 take a powderで「逃げる、ずらかる」。女性がお化粧直ししにトイレに行くふりしてデートをトンズラすることから由来。

2:50〜

[King Dice]
(リスト未回収の場合)
"Hold it right there, you!
You mighta busted up some of them deadbeats,
but you don't have all their soul contracts!
You ain't seein' the big cheese 'til you got those contracts in your grubby little mitts... all of them!!"
そこでストップだ、君たち!*1
契約を踏み倒したろくでなしどもを何人かノしてきたようだが、*2
まだ全ての「魂の契約書」を集めてないだろう!
その小汚いお手々で契約書を掴んでくるまでは、大物に会わせるわけにはいかないね…全員分のをだぞ!*3

*1 インク壺島2の時のセリフと違って、このrightは「右」という意味はない。right thereで「すぐそこ」。
*2 bust upはぶちのめす、潰す、爆発させるなど。deadbeatsは怠け者、どクズ、タカリ屋、借金を踏み倒す奴、など色々な意味がある。
*3 big cheese=big chiefのシャレ。大親分。他にもbig bug=big bossとかがある。


[All of Bets are Off!] オール・オブ・ベッツ・アー・オフ!(全てを帳消しに)
*全てを白紙に戻す、賭けを無しにするの意。

[King Dice]
"Well, lookee here! You actually pulled it off...
but you've made me lose a bet!!*
And for that, you ain't seein' the boss just yet.
We're gonna play a little game first!"
おや、これはこれは! 君たちは本当に契約書をむしり取ってきたんだな…
でも、君たちのせいでわたしは賭け金をふいにしてしまったよ!*
だから、ボスにはまだ会えないよ。
まずはちょっとしたゲームで遊ぼうじゃないか!

*この「賭け」が、発端でカップくんがバカ勝ちしてたことを指すのか、デビルと来る来ないで賭けでもしてたのかよくわからない。どっちにしても、「こんなぽっと出のちびジャリに契約書コンプリートなんてされたらワイのメンツ丸つぶれやんけ…せや!いちゃもんつけて妨害したろ!」の精神。


[King's Court] キングズ・コート(キングの宮廷・王の御前)
Tipsy Troop "Go sleep 'hic' it off...you look a little 'hic' rough!"
ほろ酔いトリオ「一眠りして(ヒック)酔いを覚ましなよ…ちょっと見た目が(ヒック)おかしいぜ!」
*troopは群、組、団など。go sleep it offで「酔いを覚ます為に一眠りする」。
左からマティーニグラス、スコッチグラス、ウィスキーボトル。

Chips Bettigan "Hey short stack! This ain't a place you wanna be hanging 'round."
チップス・ベティガン「よう貧乏人! ここはお前らがうろついていい場所じゃないぜ!」
*見たまま、カジノで使うチップ。ショート・スタックは専門用語でチップの手持ちが少ない人(一番少ないとは限らない)。
Bettiganはbet againのもじり。

Mr. Wheezy "Looks like you could use some fresh air."
ミスター・フィーズィ(ホイーズィ)「ちょっと新鮮な空気を吸ってきた方がいいようだね」
*wheezyは咳き込む、ぜーぜーしていること。見た目どおり。

Pip and Dot "You set them up, I'll knock them down."
ピップ&ドット「あなたが並べて、僕(あたし)が崩す」
*ドミノ牌のカップル(デザイナーによれば「夫婦だと思う」らしい)。上がピップで下がドット。ピップもドットもサイコロやドミノの目のこと。ドミノは並べる遊び方と、いわゆるドミノ倒しの遊び方がある。ふたりが言ってるのはドミノ倒しの方。
撃破すると、ドットがピップの顔面に蹴りをいれまくるという恐ろしい演出がある。嫁が下なんですけど尻に敷かれてるのは旦那ですってやかましいわ。

Hopus Pocus "...and PRESTO!! The cup has completely disappeared."
ホーパス・ポーカス「…はい、たちまちに! カップは完全に消えました」
*hocus pocusのもじり。いわゆる「ビビディバビディブー」みたいなインチキ呪文。うさぎがピョンと飛ぶ(hop)ことにかけているのかもしれない。
ここだけダイスの手がシュッとしているのは、手袋を脱いで素手だかららしい。
モデルは、バッグス・バニーの前身であるHappy Rabbitとその登場作品「Prest-O Change-O(それっ、やっ、はやがわり)」(1930年)より。
b0310887_10010456.jpg
Phear Lap "This derby is over and these results are in. Last place...YOU!"
フィアー・ラップ「ダービーが終了して結果が出そろいました。最後尾は…お前だ!」
*phearはfear(恐怖、危険、怖い)のもじり。また、Phar Lapという実在のオーストラリア競馬界の名馬がいる。lapは競争路の一周。
dead horse(死馬)は役に立たないもの・前借り賃金という意味がある。前借りして競馬に突っ込むのか。
モデルは、ミッキー・マウスの古い友人ホーレス・ホースカラー。
b0310887_10075482.jpg
Pirouletta "Ah-ha! You've noticed that my style is very Russian!"
ピルーレッタ「アハッ、わたしが本場のロシア式なのがわかったでしょ!」
*ピルエット+ルーレット。 -ettaはイタリア語で「小さな」。バレエの本場と言えばロシア。ロシアンルーレットは拳銃を使うあれ。間違ってもオートマチックを使ってはいけない。

Mangosteen "Fault, scratch and choke -- are you trying to hustle me?"
マンゴスティン「失点に、スクラッチに、チビり飛ばし…それでわたしに挑戦してるつもりかい?」
*マンゴスティンは東南アジアで取れる果物。美味で「果物の女王」と称される。確かにビリヤードの玉っぽい見た目をしている。
スクラッチはビリヤード用語。入れるべきでない玉をポケットに落とすことで、ファウル扱いになる。
チビりもビリヤード用語で、緊張してキュー(突き棒)が思い通りに出せなくなること。

Mr. Chimes "Monkey see, monkey doom."
ミスター・チャイムズ「猿真似して、猿の墜落」
*Monkey see, monkey doで「猿真似」。doomは破滅の意。
実は3Dシューティングアクションゲーム「コール・オブ・デューティ ブラック・オプス2」で、シンバルを持った猿の人形を手に入れるともらえる称号。

背景の神経衰弱カードが誰が描いたのかやけに凝っているが、ダイス氏が妙に美しく描かれているのでナルシスト疑惑がある。

King Dice "So clever, so dapper, ya betta' believe this dice is loaded. Hi-de-ho!"
キング・ダイス「賢くて小粋、このダイスは全く素晴らしいイカサマ師なんだよ。ハイ・ディ・ホー!」
*you better believeで「本当だ、間違いないよ」。loadedは「装填した、うんと詰め込んだ、すごいお金持ち」という形容でもあるが、load the diceは「サイコロに重りを入れる=イカサマをする」。
Hi-de-hoはキング・ダイスのモデルであるキャブ・キャロウェイがスキャットで好んで使った掛け声。→Minnie the Moocher《ミニー・ザ・ムーチャー》
手袋くんがするダンスも、キャブの実際のダンス映像をキャプチャーしたものとなっている…らしいのだが、該当する動画が見つからず。

ところでやっぱりナルシストやんけ。


2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」の霊廟3〜キング・ダイス戦におけるセリフ等を勝手に日本語訳してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

おまけ:全ボス勝ちゼリフ集



レコード盤のサウンドトラックも販売中。
KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]

[PR]
by CockRobin96 | 2017-11-15 10:41 | Trackback | Comments(0)

Inkwell Isle 3 Bosses《インク壺島3のボス》Cuphead

ゲーム中ではどの順番でもできるが、ここでの順番はBandcampサウンドトラックに準じる。


[Honeycomb Herald] ハニカム・ヘラルド(蜂の巣の宣戦布告)
Rumor Honeybottoms:ルーマー・ハニーボトムズ
*ヘラルドは告知・先ぶれという意味だが、この名を冠した新聞社が有名。このステージは蜂の巣が会社になっている。つまり女王は女社長。
rumorは噂(あてにならないニュース)。一応人名としても存在する(キラキラネーム扱いっぽいが)。強いていうなら「蜜蜂の巣の奥深くにいるゴシップ屋」「噂のハニーボトムズさん」とも読める。
冠の形は1934年のディズニー短編アニメ「アリとキリギリス」に出てくるアリの女王様のものにちょっと似ている。隠れた下半身は最後まで明らかにされない。
なお、最初にナイフとフォークでカチカチやっているのは、カプコンの2D格闘ゲーム「ヴァンパイア」シリーズに登場するキュービィ(魂を主食とする魔の女王蜂)の勝利ポーズのパロディらしい。カプコン好きすぎじゃない?

"Doggone! We got ourselves a good ol' fashioned honey heist."
「こん畜生め! 古い手口の蜂蜜泥棒を捕まえてやったぞ!」
*heistはこっそり忍び込むのではなく、押し込み強盗の方のイメージ。普通蜂蜜泥棒と言えば熊。honeyとmoneyつながりでもある。
got ()self...という言い回しは、状況で意味が揺れるようなので、映画「カーズ」に出てきた使い方でなんとなくニュアンスを感じ取ってください。
この警備員蜂は一部で「オイオイおじさん」と呼ばれている。元々のキャラデザは1940年製作の短編アニメ「Ants in the Plants」の警察官アリ。イギリスの警察官がモデルで、「oi」もHeyのコックニー(ロンドンの下町)なまり。英語圏ではBobee(Bobbyはイギリス警官のこと)という愛称が付いている模様。

"Hey sugar, this honey is off limits. Now scram."
「あらお砂糖ちゃん、この蜂蜜には立ち入り禁止よ。とっとと出てお行き!」
*シュガーは英語圏の人がよく言う「ハニー」と似たような意味だが、「うちの蜂蜜に加糖はしないわよ」とも読める。
「うちの蜂蜜は添加物厳禁よ。とっとと出てお行き!」でもいいかもしれない。
カップとマグの中身って白っぽいけどミルクなんだろうか。蜂蜜をホットミルクにいれるとおいしいよね。

"Dominate and bombinate -- that's how I bee!"
「統率と爆音…これがわたくしのやり方なの!」
*bombinateは蜂などがブブブブという音をたてること。
ある戦闘機の愛称が「ホーネット(スズメバチ)」であることからの連想。
魔女+メカ変形で若干ヒルダちゃんとキャラがかぶっている気がする。


[Shootin N' Lootin] シューティン・ルーティン(狙い撃って奪い取れ)
Captain Brineybeard:キャプテン・ブライニービアード(塩ヒゲ船長)
*ポパイのライバル、ブルートっぽいキャラデザの船長。隻眼に両足が義足。この体格で両方義足ってつらそう。
義足は冒険小説『宝島』のジョン・シルバーのイメージから始まるが、眼帯に関してはいろんな説があってよくわからない。一説には、船底などの暗がりから急に出てきた時に、眼帯をかぶせた方の目を使えばすぐ見えるようになるとも。塩ヒゲ氏も一瞬だけ眼帯がめくれる描写があり、無傷の目があるのが確認できる。
なお、彼だけがCupheadのキャラの中で五本指をしている。
b0310887_09245139.jpg
"Yer skills be like me buried treasure... just a myth!"
「おめーらの腕前ってのは俺様が昔埋めた財宝と同じだな…ただの作り話だ!」
*この辺まで来ると、「なんか凄い取立屋が来る」とか噂にでもなってるのだろうか。

"HAW-HAW-HAW-HAW-HAW!"
「ワーッハッハッハッハ!」
*笑い声だけ。船がツノのあるクジラに変化している。もしかすると、1940年のディズニー映画「ピノキオ」に出てきたクジラがモデルだろうか。


[Dramatic Fanatic] ドラマティック・ファナティック(劇場の激情)
Sally Stageplay:サリー・ステージプレイ
*ステージプレイはまんま「舞台演劇」の意。キャラデザはポパイの恋人オリーブ・オイルっぽい。タップダンスの音がかっこいいBGM。

"Break a leg...nah, break two!"
「片足折ってご挨拶…いえ、両足折って土下座ね!」
*Break a leg(片足が折れるように)は本来は舞台用語で「ご成功を!」を意味する。「Good Luck」と言ってしまうと逆に「Bad Luck」を呼び寄せるからわざと不吉なことを言う、あるいは「好評になって(足を曲げて)お客にご挨拶できますように」「おひねりを投げ込まれて(足を曲げて)拾えますように」という意味だとも言われている。ちなみに「両足が折れますように」は単なる悪口。
背景で慌ててるおじさんは、グッドエンディング時の全員集合シーンで書き割りではなく本物の旦那であることが判明する。

"Stay away from center stage or succumb to the power of a starlet's rage!"
「舞台中央から下がるか、スター女優の勢いにひれ伏すかよ!」
*ということはおもちゃを投げてくる二人の赤ちゃんも実子かもしれない。子持ちでカジノ行って借金背負っちゃいかんでしょ。
starletは「小さな星」、売り出し中の若手女優を言う。でも既婚で子持ちやんけ!

"Good riddance -- go away! It is time for my soliloquy."
「いい厄介払いね…さあどいて! わたしの独擅場よ」
*「どくせんじょう」と読む。独壇場(どくだんじょう)は誤読。
女神に扮した役者が宙吊りになっている演出は、メリエスの「月世界旅行」の一シーンに似ている。
b0310887_10480992.jpg
"Please exit stage left during my standing ovation!"
「わたしが拍手喝采されてる最中は静かに退場してちょうだい!」
*exit stage leftで「静かに立ち去る、ひっそりと世を去る」。
シェイクスピア「この世はみな舞台、人はみな役者」(「お気に召すまま」2幕7場)
スタンディング・オベーションは起立して拍手喝采すること。プレーヤーに対する最高級の賛辞。


[Perilous Piers] パーラス・ピアーズ(危険な埠頭)
"The Fish Federation and the Crustacean Nation are victorious once again!"
「魚類連邦と甲殻類国家に勝利を再び!」


[Murine Corps] ミュリン(ミュライン)・コープス(ハツカネズミ兵団)
Werner Werman:ワーナー・ワーマン(ドイツ語発音だとヴェルナー・ヴェアマン)
*ここだけ他のステージと違って韻を踏んでいないが、これはMarine Corps(海兵隊)のひねり。ミュリンかミュラインかはどっちでもいいらしい。
ワーナーのキャラデザモデルはミッキーの兄貴分「モーティマー・マウス」(1936年「ミッキーのライバル騒動」で初登場)。茶色いのでシリーシンフォニーの「田舎のねずみ」(同じく1936年)もちょっと入ってるかもしれない。
加えてドイツ兵の帽子、ドイツ語なまり、戦車などわかりやすい要素がくっついている。
なんでネズミ+戦車かというと、第二次世界大戦中にドイツ軍が試作した超重戦車の名前が「マウス(ネズミ)」。ただし完成せず実戦には投入されなかった。
ちなみに乗ってる戦車はキャンベルのスープ缶。
b0310887_09442438.jpg
b0310887_23484691.jpg
"Zat vas easy as eins, zwei, drei!"
「三つ数えるように簡単だったぞ!」

"Zis tank is ze ultimate veapon. You vill not vin!"
「この戦車は究極の兵器だ。お前たちは絶対に勝てない!」

"Hiss! Hiss! Me-e-e-e-ow!!"
「フシャシャー! ミャーオ!」
*この猫のカラーリングは「トムとジェリー」のトムをオマージュ。うみゃみゃみゃみゃー。
君はメカを操るのが得意なフレンズなんだね!


[Junkyard Jive] ジャンクヤード・ジャイヴ(廃品処理場のスウィング)
Dr. Kahl's Robot:カール博士のロボット
*ジャイヴとはスウィングジャズに合わせて踊るダンス。またはスウィングを演奏すること。
ロボットのモデルは1968年のSF小説「アイアン・マン 鉄の巨人」(1999年に「アイアン・ジャイアント」としてアニメ映画化)とされる。伸縮する腕などはラピュタのロボット兵もちょっと入ってるかもしれない。ところで「巨大ロボアニメ」の元祖は鉄人28号(1956年)と思われがちだが、フランスの長編アニメ「やぶにらみの暴君(後に「王と鳥」としてリメイク)」(1952年)が先行だったりする。

スウィングする巨大ロボというのは、フランスのエレクトロ・スウィンググループ「キャラバン・パレス」のPVっぽくもある。


一方カール博士は、「ロボットを使役する悪の科学者」というすごくスタンダードでわかりやすいキャラデザ。あまりにも該当するモデルが多すぎるのだが、オマージュ元のロックマンシリーズのワイリー、セガのソニックシリーズのエッグマン、クラッシュ・バンディクーシリーズのコルテックスがいる。共通点は髪型

"OBJECTIVE COMPLETE. TARGET SCRAPPED."
「目標達成。たーげっとヲ破壊シマシタ」

"MALFUNCTION. MALFUNCTION."
「故障デス、故障デス」

"I have the perfect equation to hinder yer evasion!"
「ワシにはお前達の脱出を阻止する完璧な方程式があるのじゃ!」
*撃破すると、博士の服が弾け飛ぶという死ぬほどどうでもいいサービスシーンが入る。お前が脱ぐのかよ!
しかも回収した契約書によれば、魂を持ってかれるのはカール博士ではなくロボットの方


[Rugged Ridge]ラグド・リッジ(デコボコ山脈)
"You'll never best a bluff, persevere a peak, or curb a cliff -- just give up now!"
「絶壁を登ることも、絶頂を越えることも、断崖を抜けることもできない…今こそ諦めるんだな!」

"Fee fi fo fum, I'm the guardian of this ruined land."
「悪い子はとって食うぞ、俺こそはこの荒れ果てた地の守り手なのだ」
*「Fee fi fo fum」は昔話の人食い巨人の決めぜりふ。


[High Seas Hi-Jinx!] ハイシーズ・ハイジンクス!(潮騒ぎカラ騒ぎ)
Cala Maria:カラ・マリア(カラ・マライア)
*ムチムチボディが悩ましい人魚ちゃん。腰をくねった時にできるお腹の段にアニメーターのこだわりを感じる
モデルはアニメ界のセックスシンボルことベティ・ブープ…ではなく、コナミの横スクロールゲーム「極上パロディウス」のボスキャラ、イライザ。
calamariは食用イカのことだが、頭にあるのはタコ。これは映画「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト」に登場したデイヴィ・ジョーンズのパロディ。彼女は言うなれば女版デイヴィ・ジョーンズなのである。眷属を呼び出すときだけタコの目が×から●になる。
中盤〜後半はギリシャ神話の怪物メデューサ。これはヒメヘビの属名が「カラマリア」であることからの連想。
こっちもマリアかマライアかどっちでもいいらしい

"You are a cutie... I am not sure if I should catch and release!"
「カワイイ子ね…キャッチ&リリースすることもないかもね!」
*呼び出される眷属のうち、カメはディズニーの短編アニメ「ウサギとカメ」のカメがモデル。

"You dare to gaze?! How 'bout stone boots so you can swim with the fishes!"
「あたしを見れるもんなら見てごらん? お魚と一緒に泳げる石のブーツの履きごこちはどうよ!」
*足をコンクリートで固めて海に沈めるのは、マフィアがよくやる処刑法。2016年にブルックリンの海岸にそういう遺体が流れ着いて話題になった。

"Holy mackerel! Is that your best effort?"
「イカしてなーい! 最高にがんばってそれなの?」
*mackerelはサバのこと。HolyのあとにShitに限らず色んなものをくっつけることがよくある。
ちなみにグッドエンドの全員集合シーンでは、もげた身体が元に戻ってる上に大きさも縮んでいる。解せぬ。


[Railroad Wrath] レイルロード・ラス(憤怒鉄道)
Phantom Express:ファントム・エクスプレス(幽霊超特急)
*怒りのレイルロード…なんでもない。
野菜3体に始まり、お化け4体で終わる。
日本の浮世絵に描かれた妖怪との共通点が多く指摘されている。日本人としてはちょっと嬉しい。

Blind Specter "I can... see... into the future. You...will be... counting worms."
ブラインド・スペクター(目無しお化け)「俺には…未来が見える。お前たちが…墓でウジ虫を数えているのがな」
*鳥山石燕の「画図百鬼夜行」に登場する妖怪「手の目」に似ている。
read who's palm(誰々の手のひらを読む)といえば、占いのこと。
さらに、死人とウジ虫の組み合わせは土葬が一般的な欧米ではよくある。
4体の中でこいつだけ駅員には見えないが、どういう立場なのだろうか。

T-Bone "All aboard!! Next stop -- your funeral."
Tボーン「発車いたします! 次の停車駅は…貴様らの葬式会場だ」
*Tボーンといえばステーキだが、お肉はない。車掌帽をかぶった巨大な骸骨。元ネタはおそらく歌川国芳の「相馬(そうま)の古内裏(ふるだいり)」。もしくはシリー・シンフォニーシリーズの一編「骸骨の踊り」。

Blaze Brothers "Sorry! This train is only for the dead...but we can help you with that."
ブレイズ・ブラザーズ「悪いな! この列車は死人専用なんだ…だが乗る手伝いをしてやれるぜ!」
*Blazeは燃え上がる炎、まぶしく輝くもの、または道しるべ。
一見なんだかよくわからないが、鉄道信号の一種ではないかと言われている。電気攻撃を仕掛けてくるし。

The Head Of The Train "What a glorious night for me to bring the fright!"
先頭車両「震えあがらせるにはもってこいの輝かしい夜だな!」


2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」のインク壺島3におけるステージタイトル・ボスの勝ちゼリフ等を勝手に日本語訳してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

おまけ:全ボス勝ちゼリフ集



レコード盤のサウンドトラックも販売中。
KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]


[PR]
by CockRobin96 | 2017-11-13 10:42 | Trackback | Comments(0)

Mausoleum 2 ~ Inkwell Isle 2 Die House《霊廟2〜インク壺島2のダイ・ハウス》Cuphead


[Legendary Chalice]
I knew if i rooted around here I could find something special for you!
But I didn't know I'd get trapped again!
Thanks for saving me a second time.
Take this magical super art and I'll see if I can find you another!
[伝説のチャリス]
この辺を探せば、あなたたちにもっとすごいものを見つけてあげられると思ってたのよ。
でもまた罠にかかるとは思わなかったのよ〜。
二度も助けてくれてありがとうね。
このマジカル・スーパー・アーツを持ってってちょうだい。また他のを見つけたら会いに行くわね!

1:52あたりから

[King Dice]
(リスト未回収の場合)
Hold it right there, wheat!
You ain't leaving 'til you put the screws to them debtors... all of 'em!
Ya get me? Good.
Now scram!
そこでストップ、回れ右だ!*1
債務者どもをシメてくるまではここから出さないよ…全員をだぞ!*2
わかったかね? よろしい。
さっさとお行き!
*1 wheatは小麦のことだが、多分right wheel(回れ右)のダジャレ。回れ麦…なんつって…
*2 put the screwsはネジを締める、転じて「(暴力的な意味で)シメる、支払わせる」の意。


(リスト全回収済みの場合)
Looks like I might a underestimated ya. Cupface.
You gave it to them debtors but good!
Go on over to the next island.
Lots a fun times waitin' for you there! HA HA HA!
わたしは君たちのことを見くびっていたようだね、カップフェイスくん。
債務者どもをコテンパンにしてくるとはね!*
次の島に進みたまえ。
とーっても愉快なことが君たちを待ち受けてるからね! ハッハッハ!
* but goodは「こっぴどく、しこたま」。カップヘッドの名前をわざと間違えとる。

[King Dice & The Devil]
"The little mugs have some fight in 'em, I'll say that much!
They're makin' mincemeat outta them debtors!"
"You see!! I knew there was something special about those fellas!"
"Well, don't be too sure just yet, boss. I think there's somethin' fishy about those two!"
"Don't blow your wig, Dice. If those two little finks try anything... I'll be waiting!!!"
「あのチビマグカップ、本当に戦ってきましたよ。*1
 債務者どもをメタメタにしてます!」*2
「そらみろ! 俺はあいつらなら何かとんでもないことをやると思ってたさ」*3
「それはまだ早計ではありませんかね、ボス? わたしはうさん臭い二人組だと思ってますよ」
「そうカッカするな、ダイス。ちっぽけなガラクタ2個が何か企んでるなら…待っててやろう!!」*4
*1 I'll say that muchで「それだけは認めるよ、確かだよ」などの意味。
*2 make mincemeat outで「挽き肉(ミンチ)にする=切り刻む、こてんぱんにする」。
*3 fella=Fellow。「あいつ、やつ」を指す。
*4 blow (who's) wigは「(かつらの)髪を逆立てる=怒髪天をつく」。wigの他hair、top、cap、roofなどとにかく頭頂をあらわす単語がよく入る。

サイコロおじさんちょっとイライラやんけ。
2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」の、霊廟2~インク壺島2のダイ・ハウスまでのセリフを勝手に日本語訳してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

レコード盤のサウンドトラックも販売中。
KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]

[PR]
by CockRobin96 | 2017-11-11 13:36 | Trackback | Comments(0)