The Lady With The Fan《扇を持ったレディ》


She's the lady with the fan,
When she comes by, hold your man,
She made Smoky Joe so ginny
He forgot about his Minnie.
She's the lady with the fan!
あの娘は扇を持ったレディ
あの娘が現れると、男はみんな釘付け
あの娘はスモーキー・ジョーをジン浸りにしちゃった*1
ミニーを忘れようとして*2
あの娘は扇を持ったレディ

She's the lady with the fan,
Can she dance? Yeah, man!
Every wiggle gets a giggle
From the hick who pays a nickel.
To see the lady with the fan!
あの娘は扇を持ったレディ
踊れるのかって? もちろん!
他の踊り手はみんな笑いもの
いなかっぺも小銭を握りしめてやってくる
扇をもったレディを見ようと!

She's the lady with the fan,
(She's the lady with the fan,)
She's such a grand attraction,
She put lazy-bones in action,
She's the lady with the fan!
あの娘は扇を持ったレディ
(あの娘は扇を持ったレディ)
あの娘はあんなにも魅力的
怠け者でもハッスルさせる
あの娘は扇を持ったレディ

She's the lady with the fan,
(She's the lady with the fan,)
In fair or stormy weather,
She shakes them both together,
She's the lady with the fan!
あの娘は扇を持ったレディ
(あの娘は扇を持ったレディ)
いい天気だろうが大荒れ模様だろうが
あの娘はみんなまとめてよろめかす
あの娘は扇を持ったレディ

*1 キャロウェイの創作した一連の曲に登場する、キャロウェイの分身らしき男。
*2 キャロウェイの代表作《ミニー・ザ・ムーチャー》その人で、スモーキー・ジョーの恋人。この「扇を持ったレディ」こそが出世した彼女なのか、別の女なのかよくわからない。

text & Al Brackman(?-?) / Cab Calloway(1907-1994)
tune: Jeanne Burns(?-?)

キャブ・キャロウェイのハイ・ディ・ホー!」の劇中歌として歌われたバージョン。


キャブ・キャロウェイ
収録アルバム: And All That Jazz - Cab Calloway

[PR]
# by CockRobin96 | 2018-08-21 12:15 | Trackback | Comments(0)

Barnacle Bill《バーナクル・ビル(フジツボのビル)》



"Who's that knocking at my door?"
"Who's that knocking at my door?"
"Who's that knocking at my door?"
Cried the fair young maiden.
「ドアをノックしているのは誰?」
「ドアをノックしているのは誰?」
「ドアをノックしているのは誰?」
きれいなおとめが大声で言う*1

"It's only me from over the sea"
Says Barnacle Bill the Sailor.
"I'm all lit up like a Christmas tree"
Says Barnacle Bill the Sailor.
「海を越えてきたこのおいらだけだよ」
水兵バーナクル・ビルが言う*2
「クリスマスツリーみたいに真っ赤っかさ」*3
水兵バーナクル・ビルが言う

"I'll sail the sea until I croak,
I fight 'n swear 'n drink 'n smoke,
But I can't swim a bloody stroke"
Says Barnacle Bill the Sailor.
「くたばるまで航海を続け*4
 ケンカし、ののしり、飲んだくれ、ヤニを吸う
 でも血の海の泳ぎ方は知らねえ」*5
水兵バーナクル・ビルが言う

"Are you young and handsome, sir?
Are you young and handsome, sir?
Are you young and handsome, sir?"
Cried the fair young maiden.
「あんたは若くてハンサムかしら、旦那さん?」
「あんたは若くてハンサムかしら、旦那さん?」
「あんたは若くてハンサムかしら、旦那さん?」
きれいなおとめが大声で言う

"I'm old 'n rough 'n dirty 'n tough"
Says Barnacle Bill the Sailor.
"I drink my gin 'n dip my snuff"
Says Barnacle Bill the Sailor.
「おいらは年食ってるし、がさつだし、不潔だし、ガンコだ」
水兵バーナクル・ビルが言う
「ジンを飲むし、嗅ぎタバコが鼻についてる」
水兵バーナクル・ビルが言う

"I drink my whiskey when I can,
Whiskey from an old tin can,
Fer whiskey is the life of Man"
Says Barnacle Bill the Sailor.
「飲めるときにゃウィスキーを飲むんだ、*6
 使い古したブリキ缶から
 ウィスキーこそ人生さ」
水兵バーナクル・ビルが言う

(Instrumental: Sailor's Hornpipe)
(間奏:《水兵の角笛》)*7

"I'll come down and let you in,
I'll come down and let you in,
I'll come down and let you in"
Cried the fair young maiden.
「降りてあんたをいれてあげるわ」
「降りてあんたをいれてあげるわ」
「降りてあんたをいれてあげるわ」
きれいなおとめが大声で言う

"Well hurry before I break the door"
Says Barnacle Bill the Sailor.
"I'll puff 'n fuss 'n rant 'n roar"
Says Barnacle Bill the Sailor.
「早くしとくれ、おいらがドアを壊す前に」
水兵バーナクル・ビルが言う
「ハァハァして、言い合いして、がなり立てて、吠えてやんよ」
水兵バーナクル・ビルが言う

"I'll spin you yarns 'n tell you lies,
I'll drink yer wine 'n eat yer pies,
I'll kiss yer cheek 'n black yer eyes"
Says Barnacle Bill the Sailor.
「大ぼらを吹き、空ごとを言ってやんよ、
 おめえのワインを飲んでパイを食ってやんよ、
 おめえのほっぺと黒い瞳にキスしてやんよ」
水兵バーナクル・ビルが言う

"Sing me a love song low and sweet,
Sing me a love song low and sweet,
Sing me a love song low and sweet"
Cried the fair young maiden.
「愛の歌を歌ってよ、静かな甘い声で」
「愛の歌を歌ってよ、静かな甘い声で」
「愛の歌を歌ってよ、静かな甘い声で」
きれいなおとめが大声で言う

"Sixteen men on a dead man's chest"
Sang Barnacle Bill the Sailor.
"Yo-heave-ho and a bottle of rum"
Sang Barnacle Bill the Sailor.
「16人の男が『死者の宝箱』島へ*8」
水兵バーナクル・ビルは歌った
「よいとまけ、ラムがひと瓶」
水兵バーナクル・ビルは歌った

"Oh, a high-rig-a-jig and a jauntin' car,
A-hee a-ho are you 'most done,
Belay my boys and the Bull-jine run"
Sang Barnacle Bill the Sailor.
「二輪馬車がチャグチャグ鳴るよ*9
 アヒー・アホー、もう終わったかい
 野郎ども、エンジンを噴かせ」*10
水兵バーナクル・ビルは歌った

(Instrumental: Bounding Main)
(間奏:《波打つ大海原》)*11

"Tell me that we soon shall wed,
Tell me that we soon shall wed,
Tell me that we soon shall wed"
Cried the fair young maiden.
「言ってよ、すぐ結婚しようって」
「言ってよ、すぐ結婚しようって」
「言ってよ、すぐ結婚しようって」
きれいなおとめが大声で言う

"I've got me a wife in every port"
Says Barnacle Bill the Sailor.
"And handsome gals is what I court"
Says Barnacle Bill the Sailor.
「おいらはあらゆる港に現地妻がいたもんだ」
水兵バーナクル・ビルが言う
「おいらが口説くならいい女」
水兵バーナクル・ビルが言う

"With my false heart 'n flatterin' tongue
I courts 'em all both old 'n young,
I courts 'em all but marries none"
Says Barnacle Bill the Sailor.
「まがいものの真心によく回る舌で
 年増も若いのもみんな口説いた
 みんなを口説いたけど誰とも結婚しなかったよ」
水兵バーナクル・ビルが言う

"When shall I see you again?
When shall I see you again?
When shall I see you again?"
Cried the fair young maiden.
「いつまたあんたに逢える?」
「いつまたあんたに逢える?」
「いつまたあんたに逢える?」
きれいなおとめが大声で言う

"Never again, I'll come no more"
Says Barnacle Bill the Sailor.
"Tonight I'm sailin' from the shore"
Says Barnacle Bill the Sailor.
「ありえないね、もう来ないよ」
水兵バーナクル・ビルが言う
「今夜のおいらは岸から遠く航海中」
水兵バーナクル・ビルが言う

"If you wait fer me to come,
Sittin' and waitin' 'n suckin' yer thumb,
You'll wait until the day of yer doom!"
Says Barnacle Bill the Sailor.
「おいらを待つ気なら
 座り込んで、待ち続けて、親指をしゃぶって
 最後の審判の日までそうしてることになるぜ」
水兵バーナクル・ビルが言う

"Goo'bye!"
「さいなら!」

*1 「きれいなおとめ」とぼかされているが、字面通りかどうか。おそらく娼婦か愛人。
*2 実は東京ディズニーランドに「バーナクル・ビルズ」という名の屋台があり、「勇敢な船乗りのこと」と説明されているが、実際は19世紀ごろに実在した船乗りであり冒険者であるWilliam Bernard(?-?)のあだ名。その生涯はよくは知られていないが、歌の内容から察するに悪名の方が高い気がする。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」及び「ワールド・エンド」に登場した「靴ひものビル」は、フジツボがびっしりとりついた姿になっているが、この《フジツボのビル》が元ネタ。
*3 「lit up」には「ライトアップする」と「ぐでんぐでんに酔っぱらう」の両方の意味がある。
*4 「croak」は「死ぬ」の俗な言い方。カエルやカラスのしわがれ声もさすが、断末魔のうめき声が似ているからとも。
*5 このあたりとりあえずこう訳したが、意味不明。strokeは「泳ぎ方」という意味がある。
*6 Whisky Johnny《ウィスキー・ジョニー》という民謡の一節そのまま。こういう曲。

*7 こういう曲。後述の《波打つ大海原》と共に、ポパイのテーマに使われていることでも知られる。海の男と言えばこの曲。

*8 元来はスティーブンソン『宝島』に登場した海賊の歌。スティーブンソンの創作だが、広く知られるようになり、古謡であると誤解された。元の歌では「15人の男が『デッドマンズ・チェスト(死者の宝箱)』という何もない島に流れ着いた」という内容になっている。

以下はさまざまな歌の歌詞がチャンポンになっている。甘いラブソングを歌ってくれとせがまれてるのに、真逆のうるさい歌ばっかり歌っているわけである。
*9 Eliza Lee《イライザ・リー》という民謡の歌詞の一節。こういう曲。うるせえ。

*10 このブログによれば、ブル・ジンとはエンジンを指す船乗りのスラングであったらしい。
*11 こういう歌。歌詞はこんな感じ


text & tune: アメリカ民謡

Abraham Brown the Sailor《水兵エイブラハム・ブラウン》(イギリスにOld Abraham Brown《エイブラハム・ブラウン爺さん》という童謡があるが別物)という民謡を基にしたアメリカの戯れ歌。

男女の駆け引きをテーマにした歌は古くからあり、この《バーナクル・ビル》もその系統と見なすことができる。
ビルは女の期待をことごとく裏切り、やりたい放題やってハイさよならというロクデナシだが、ずれた対話がなんとなくおかしみを誘うのか、結構人気の曲であったらしい。(明らかに地雷とわかる男に結婚を迫る女もどうかと思うが)
まだデカ鼻角耳だった頃のビン坊&ブッサだったころのベティさんでアニメ化したことがあるが、なぜか「脱線水兵エロ行脚(あんぎゃ)」というとんでもない邦題がついていた。まあ間違いじゃないけど…もっとこう…手心というか…しかも肝心のシーンはチェスを打ってるってオチだし…
フライシャースタジオは後にポパイでもこの歌を劇中歌に使っている。




上記の歌詞と同じ音源だが、CDのみ


同じメンツの音源だが、歌詞が少し子供向けに改変されている模様。そっちの歌詞は見つからなかった。
Frank Luther And Carson Robison
収録アルバム: Vintage Childrens Favourites

[PR]
# by CockRobin96 | 2018-08-18 10:59 | Trackback | Comments(0)

The Bells Of Hell Go Ting A Ling A Ling《地獄の鐘がチリン・チリン》


The Bells of Hell go ting-a-ling-a-ling
For you but not for me:
For me the angels sing-a-ling-a-ling,
They've got the goods for me.
Oh! Death, where is thy sting-a-ling-a-ling?
Oh! Grave, thy victory?
The Bells of Hell go ting-a-ling-a-ling
For you but not for me.
地獄の鐘がティンガ・リンガ・リン
僕じゃなくお前のために。
僕には天使達がシンガ・リンガ・リンと歌いかける
僕のためにいいものを持ってくる。
死よ、汝の棘はいずこにありや、スティンガ・リンガ・リン*1
墓よ、汝の勝利はいずこに?
地獄の鐘がティンガ・リンガ・リン
僕じゃなくお前のために。

*1 「死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか」(コリントの信徒への手紙1 15:55)より。英国で愛されている夕べの聖歌《日暮れて四方は暗く》の歌詞の一部でもある。


text & tune: 1911年頃に発祥したとされる、英国空軍の歌。

元来はShe Only Answered 'Ting-a-ling-a-ling'《彼女はチリン・チリンとしか言わない》というポピュラーソングの替え歌であったらしい。
イギリスのブラックコメディミュージカル「素晴らしき戦争」で劇中歌として登場した。サントラには残念ながら収録されていない。

[PR]
# by CockRobin96 | 2018-08-11 09:56 | Trackback | Comments(0)

Jabberjaw Running Under Water《泳げわんぱくジョーズ》


Me and my friends get no respect
What does Scooby-Doo that we neglect?
We be puttin' all our foes in check
But me and my friends get no respect
僕と仲間たちはバカにされてる
スクービー・ドゥってなんのことだよ?*1
悪者たちをこらしめたって
僕と仲間たちはバカにされてる

So what? Who cares?
We're doin' it how we like
I'm singin' into my mic,
A special underwater mic
それがどうした? 誰が気にする?
僕らのやり方でやってるだけさ
マイマイクに向かって歌うんだ
特注の水中マイクにね

*Who's gonna save the world?
 Who's gonna save the days?
 From Ahab, crabs who steal
 and eerie eels with evil rays?
*誰が世界を救ってくれる?
 誰が窮地を救ってくれる?*2
 エイハブ船長や、泥棒蟹たちや、*3
 怪光線を出すキモウナギたちから?

 Who's gonna talk like Curly,
 since Curly isn't here?
 Who's gonna chase down villains
 and then turn around and run in fear?
 カーリーみたいにおしゃべりするのは誰だい、*4
 カーリーがこの世にいないからって?
 誰が悪者たちと追っかけっこして
 ビビッて右往左往してくれる?

You know who I'm talkin' about
He's fat and short on brains
And I do not mean Captain Caveman
I mean Jabberjaw!
誰のことだかわかるだろ
おデブでちょっとおつむが足りないあいつ
ムクムクおやじのことじゃない*5
わんぱくジョーズのことだよ!

Tries to further justice without making waves
And to impress the ladies but his subtle ways
Get lost between the sediment and water mains
"And I will never date you cause you smell like bait"
("No respect!")
波風立てないように悪者をやっつけて
ご婦人方にさりげなくアピールして
下水とヘドロのど真ん中で迷子になって
「あんたとは絶対デートしない、釣り餌みたいなニオイがするのよ」
(バカにしてくれちゃって!)

So what? Who cares?
When a supervillain plots
To send an army of lobster bots,
to tie you up in sailor knots?
それがどうした? 誰が気にする?
巨悪の陰謀が
ロブスターロボ軍団をさしむけてきて、
みんなを水夫結びで縛り上げてるときなんかに?*6

*Refrain
*繰り返し

Who's gonna stand for justice,
when bad guys break the law?
誰が正義の味方になってくれるんだ、
悪者たちが法律を破ってるときに?

You know who I'm talkin' about
We're Clamhead, Shelley, and Bubbles, and Biff,
But if you're catchin' a whiff of fish
It's Jabberjaw!
誰のことだかわかるだろ
僕らはクラムヘッド、シェリー、バブルズ、ビフ、*7
でも魚臭い息を感じたなら
それがわんぱくジョーズ!

*1 もちろんスクービー・ドゥー(弱虫クルッパー)のこと。

*2 save the daysで「窮地を救う・間一髪で切り抜ける」という意味。「(不幸になりそうだった)一日を助けてくれた」ということらしい…

*3 エイハブが誰だか不明。この名で有名な人といえば「白鯨」のエイハブ船長だが、ハンナ・バーベラプロ制作のアニメで彼が出てくるのは「Goober and the Ghost Chasers(グーバーとゴースト追跡隊。日本未公開)」の第一話のみ。海洋生物つながり…?
*4 戦前に一世を風靡したコメディドラマ「3ばか大将」のひとりで、坊主頭でおデブなボケ役Curly Howard(1903-1952)のこと。原作アニメではジョーズはカーリー風のしゃべり方をする…らしい。カーリーは独特の芸風で一番人気だったが私生活では精神を病んでしまい、卒中で入退院を繰り返し48歳の若さで死去した。
*5 キャプテン・ケーブマンとはこいつ↓。日本では「ムクムクおやじとゴーゴー娘」というタイトルで紹介された。

*6 巻き結びとも。こういう結び方。

*7 ハンナ・バーベラアニメにありがちな4人組。オタクっぽいのがクラムヘッド、キツイ黒髪美人がシェリー、ブロンドのファニーフェイス娘がバブルス、黒髪ハンサムがビフ。

tune & text: Pain

「原始家族フリントストーン」などで知られるアニメ界のハンナ・バーベラ・プロダクション製作のアニメ「わんぱくジョーズ」の公式ファンソング。日本では1967~1980年まで放送していた海外アニメ枠「マンガのくに」(現テレビ東京)でかつて放送されていた。んで、このPVはカートゥーンネットワークで時々唐突に流れていたが、その時点で日本のCNは一回も「わんぱくジョーズ」を一回も放送したことがなかったのでキッズには何が何やらだった。今でも放送したという話は聞かないが。
「弱虫クルッパー」(スクービー・ドゥー)と「ドラドラ子猫とチャカチャカ娘」(プッシー・キャッツ)を合わせたような、変な動物+バンド4人組が事件に巻き込まれては切り抜ける的なコメディアニメ。なぜかアメコミのアクアマンとコラボしたことがある。

ちなみに、jabberは「おしゃべり」という意味。

「わんぱくジョーズ」の原作版オープニング


Pain
収録アルバム: Jabberjaw

[PR]
# by CockRobin96 | 2018-08-05 23:23 | Trackback | Comments(0)

Mausoleum Ⅰ. Ⅱ. Ⅲ《霊廟1・2・3》Cuphead


[霊廟1クリア失敗]
Get lost! You hear me?
This tomb is only for the eerie!
失せろ! ちゃんと聞いてんのか?
この墓地はこの世のものでない者たち専用なんだよ!


[霊廟1クリア成功]
[Legendary Chalice]
Gosh, I don't know how to thank you boys for saving me!
Where are my manners?
I didn't even introduce myself!
I am known as the Legendary Chalice.
Pleased to meet you.
I was searching for magic and got trapped by those ghosts!
Speaking of magic... Please accept this gift. It should help!
There are other Mausoleums around Inkwell Isle, I just wonder...
[伝説のチャリス]
ああ、助けてくれた坊やたちになんてお礼を言ったらいいかしら!
あら、ごめんあそばせ。*1
自己紹介すらしてなかったわね!
わたしは「伝説のチャリス」として知られてるの。
あなたたちに会えて嬉しいわ。
わたしは魔法のアイテムを探してて、オバケ達に罠にかけられてしまったのよ。
魔法といえば…この贈り物を受け取ってちょうだい。きっとあなたたちの助けになるわ!*2
他にも「霊廟」がインク壺島中にあるの、不思議よねぇ…
*1 直訳で「お行儀はどこにいったの?」だが、行儀の悪い子にこう言って叱ったり、自分で「失礼しちゃってごめんなさいね」という意味で使ったりする。
*2 speaking of 〜で「〜といえば」「話のついでなんだけど」の意。

Dear me!
You mustn't forget that magical super arts have to be equipped in the menu before use!
あらやだ!
忘れちゃダメよ、使う前にメニュー画面で「魔法の必殺技」を装備するのよ!

SUPER ART1 : Energy Beam
頭から真横に極太の水流をぶっ放す。ヘッドキャノン

固有BGMはLegendary Ghost《伝説の聖霊》(サントラでは25番)。チャリスは聖杯のこと。キリスト教の礼拝でぶどう酒を入れるのに使うものだが、究極的にはかつてキリストが最後の晩餐で使ったものを指すこともある。
ホクロの位置がマリリン・モンローっぽいおば…おねーさん。

ちょくちょくオバケたちに捕まるうっかり者。助けると、必殺技を授けてくれる。

カプマグ兄弟のご先祖さまではないかという説がある。島3のラグド・リッジで彼女によく似た石像があるのが確認できる。母親説もあったが、それならいくらなんでも遭遇時に気付くだろということで今ではあまり用いられない。
よく「女神」として紹介されているが、彼女は正しくは「」である。死んだらみんな神さま仏さまになる日本人にとっては「どっちもいっしょじゃん」と思うかもしれないが、キリスト教的な悪魔(デビル)が存在する以上、神は唯一神であり、女神の存在はあり得ない。そこんとこよろしく。

追記:ダウンロードコンテンツとして、チャリスさんがお若くなって参戦することが決定した(ほくろの位置が逆になっている)。ぺたんこ靴かわいい。(2019年予定。できるんですかねぇ)
しかしマグマンくんの顔芸とジェスチャーに若干話題を持ってかれた。
ウィキペディアなどでは「ミス・チャリス」と紹介されているがこれは明らかな誤訳で、Ms.は「ミズ」と発音するのが正しい。「既婚でも未婚でもありえる」敬称であることが重要なのである。




[霊廟2クリア失敗]
Yet another spooktacular performance from the Spectre Syndicate.
幽霊組合派遣の怖がらせ屋の方が上等だね!

spook+spectacularという造語。spectreはspecterの英国綴り。カナダは英国の影響が強いからだろうか。

[霊廟2クリア成功]
I knew if i rooted around here I could find something special for you!
But I didn't know I'd get trapped again!
Thanks for saving me a second time.
Take this magical super art and I'll see if I can find you another!
この辺を探せば、あなたたちにもっとすごいものを見つけてあげられると思ってたのよ。
でもまた罠にかかるとは思わなかったのよ〜。
二度も助けてくれてありがとうね。
この「魔法の必殺技」を持ってってちょうだい。また他のを見つけたら会いに行くわね!


SUPER ART2 : Invincibility
短時間体が金色に輝き、無敵状態になる。これはマリオやソニックやカービィと同じ。



[霊廟3クリア失敗]
Is success achievable?
Not when we are this un-boo-lievable!
目標達成だって?
我々にベロベロバーなんてされてるうちはダメだね!

booはブーイングする、ブー!と言って脅かすの意。それと、unbelievable(信じられない)のダジャレ。

[霊廟3クリア成功]
Thank goodness you came by!
Those lousy ghosts had me but good that time!
Here's the last magical super art I was able to find for you!
Well, time for me to take a powder. Good luck!
あなたたちがきてくれて本当に良かった!
気持ち悪いオバケたちに捕まって、ひどい目にあったわ。*1
これがわたしに見つけることのできた最後の「魔法の必殺技」よ!
さて、もうおさらばしなきゃ。がんばってね!*2


*1 but good でこっぴどく、徹底的に。「オバケに捕まってたけど良かったわぁ」ではない。
*2 take a powderで「逃げる、ずらかる」。女性がお化粧直ししにトイレに行くふりしてデートをトンズラすることから由来。

SUPER ART3 : Giant Ghost
マッスルな霊体を召喚し、触れたものにダメージを与える。操作は自機と連動。ところでチャリスさんがこの技を使ったらやっぱりムキムキになるんでしょうか。


参考:必殺技一覧





Cuphead Japanese_Translation Index《カップヘッド日本語訳 目次》

Kristofer Maddigan
収録アルバム: Cuphead (Original Soundtrack)

[PR]
# by CockRobin96 | 2018-07-27 12:10 | Trackback | Comments(0)