You Signed a Contract《ユー・サインド・ア・コントラクト(お前たちは契約書にサインした)》Fandroid!

(これ全キャラ作るのさすがにめんどくさかったんやろなあ…)

Don’t deal with the devil
悪魔と取り引きするなかれ
A lesson that I learned well
この教訓がよくわかったよ
When I meddled
オレが賭けに手を出したばっかりに
Made a bet and now it’s settled
今は身動きがとれなくなった
Say farewell to Elder Kettle
ケトル爺様にお別れを言おう

I’m on an adventure
オレは冒険の真っ最中
Indentured
契約を交わしてしまった
Fetching debts from sketchy characters
わけのわかんない奴らから債務をかき集めてくるという*1

I’m a kitchen dish
オレは単なる台所の食器
That can dish it out
ガチャガチャうるさい食器だけど*2
Quick, tip me over
さあ早く、オレをひっくり返してみなよ
And pour me out
満杯にしてみろよ
I’m short and stout
チビだけど頑丈だぜ
And I’m rockin’ out
オレは今ノリノリで
And I’m knockin’ out
敵をボコボコにしてる最中
With my pinkie out
オレの小指から出てくるものでな!*3

And I’m counting down
ただ今カウントダウン中
But don’t count me out
ただしオレは抜きで
When you pick me up
みんながオレに気づいたとしても*4
You won’t put me down
オレを叩き潰すなんてできっこない
Got the whole toon town on lock down
アニメ横丁はまるごと厳重封鎖だ*5
And the list goes like this... (oh!)
そしてリストはこんなにずらずらと長い…(うわあ!)

* Grim Matchstick
 カール博士のロボット
 Sally Stageplay
 サリー・ステージプレイ
 Baroness Von Bon Bon
 ヒルダ・バーグ
 Rumor Honeybottoms
 そしてルート・パック
 Goopy Le Grande
 グーピィ・ル・グラン
 Djimmi the Great
 偉大なるジミ
 Beppi the Clown
 道化師ベッピ
 Ribby and Croaks
 リビーとクロークス
 Phantom Express
 カラ・マリア
 Three Mausoleums
 三つの霊廟*6
 Wally Warbles
 ワーナー・ワーマン
 Captain Brineybeard
 塩ひげ船長
 You signed a contract!
 お前たちは契約書にサインしたんだ!

My name is Cuphead
オレの名前はカップヘッド
Fragile, empty-headed, artful-dodger
すぐ壊れる、頭空っぽな、口先三寸の大ウソつき*7
Tricked by easy riches
大金にころりとダマされた
Now I’m picking fights with monsters
ただ今バケモノたちと喧嘩中
Twenty times my size
オレの20倍はある連中と
(Oh snap!)
(あーあ!)

 I’m sorry that I bet it all
 何もかも賭けるんじゃなかった
 I’m sorry that I have to hurt you
 みんなを傷つけることになってごめんよ
 We both signed the dotted line
 二人とも同意しちゃったんだ*8
 Now it’s your soul or mine!
 みんなの魂か、自分のを渡すって!

(At midnight the clock will chime)
(真夜中には時計の鐘が鳴ってしまう)

* Refrain
* 繰り返し

Face to face
立ち向かわなきゃ
With every loss I take
オレが失ったすべてと
I learn the way the bosses change
ボスたちを撃破する方法を覚えなきゃ
But hey
でも待てよ
Two can play at this game!
このゲームは二人プレイできるじゃないか!
Uh-huh
そうだよ
Multiplayer aeroplanes
人数分飛行機があるじゃないか*9
Oh brother, where art thou?
弟よ、汝いずこにありや?*10
(Mugman!)
(マグマーン!)

 I’m sorry that we lost our souls
 何もかも賭けるんじゃなかった
 I’m sorry that I have to hurt you
 みんなを傷つけることになってごめんよ
 We co-signed the dotted line
 連帯で署名しちゃったんだ
 Now It’s your soul and mine
 みんなの魂か、自分のを渡すって!

(sing the chorus one more time)
(もう一回声をそろえて歌おう!)

*Refrain
*繰り返し

My name is Mugman
僕の名前はマグマン
Fragile, empty headed, Cuphead’s brother
すぐ壊れる、頭空っぽな、カップヘッドの弟
Tricked by easy riches
大金にころりとダマされた
Now I’m picking fights with monsters
ただ今バケモノたちと喧嘩中
Twenty times my size
僕の20倍はある連中と
(Oh snap!)
(あーあ!)

 I’m sorry that I bet it all
 何もかも賭けるんじゃなかった
 I’m sorry that I have to hurt you
 みんなを傷つけることになってごめんよ
 We all signed the dotted line
 全面的に同意しちゃったんだ
 Now it’s your soul or mine!
 みんなの魂か、自分のを渡すって!

We signed a contract!
僕らは、契約書にサインしちゃった!

Snake Eyes
大凶の*11
King Dice
キング・ダイス
Deck is stacked, dice are loaded
カードはインチキだし、サイコロはイカサマ*12
Yet I still survive
でもオレはまだ生き延びてる

Don’t deal with the devil
「悪魔と取り引きするなかれ」
A lesson that I learned well
この教訓がよくわかったよ
Still indebted
まだ債務は残ってたけど
So I rebelled
オレは反旗をひるがえした
We descended
オレたちは不意打ちをかけてやったんだ
Made him cry and now it’s settled
デビルを泣かせて、カタを付けた
Say goodbye to that darn devil
残念デビルにさよならを言おう
Swear the story’s not embellished
もう絶対、お話にこれ以上尾ひれはつけるもんか
I’m a dish a bit disheveled
オレはちょっぴり小汚い食器
Relishing the bellows
今はこの歓呼の声を味わってる
From my fellow fiends of Inkwell
インク壺島中の愛すべき悪党どもの
That I let go
オレが解放したみんなの声を
“Hip-hip-Hoorah” echos
ばんざーい!」がこだまする
Turn the page and say
ページをめくってこう言おう
All’s well that ends well!
終わりよければすべてよしってね!

*1 sketchyは「戯画的な」という意味もある。
*2 dish it outは「わめきちらす」「やっつける」「罵詈雑言を浴びせる」という意味がある。
*3 pinkie(pinky)は小指のことだが、ちびっちゃいもの全般も指す。というか下ネタか?
*4 pick upは「つまみあげる」「ひっかける」「つかまえる」などいろんな意味があるが、pick me upなら「景気づけになるもの」「元気にしてくれるもの」という意味もある。
*5 toon townはディズニーランドの一角にあるテーマパークの名でもあり、映画「ロジャー・ラビット」でマンガキャラたちが住む町の名でもある。
*6 霊廟のオバケたちに関しては、成り行きで戦っただけで契約書を回収した描写はない。
*7 artful-dodger(巧みなかわし屋)とはディケンズの『オリバー・ツイスト』に登場したスリ師ジョン・ドーキンスのあだ名。転じて詐欺師、イカサマ野郎そのもの。
*8 直訳で「点線にサインする」。無条件でサインすること。点線は解答欄、署名欄に使われることから。
*9 直訳すると「多人数参加型飛行機」になったんだけど、ちょっとよくわからない。このゲーム最大二人しかプレイできないし飛行機ステージしかないわけじゃないし。
*10 where are youの古い言い方。コーエン兄弟のコメディ映画『オー・ブラザー!』の原題でもあり、さらに1941年に公開されたコメディ映画『サリヴァンの旅』の劇中脚本のタイトルでもある。
*11 サイコロの1の目が出ることであり、Cupheadの冒険の発端でもあるが、転じて「大凶」「不運」も意味する。
*12 stack the deckで「カードを不正に配る」、つまりインチキをする。サイコロに関してはキング・ダイスの勝ち台詞を参照。

text & tune: Fandroid!

ロボボイスが特徴的なFandroid!によるファンミュージック。

PVはmyszka11o氏によるもの。

原画バージョンはこっち。



You Signed a Contract
Fandroid!


[PR]
# by CockRobin96 | 2018-06-16 15:39 | Trackback | Comments(0)

The Airship《エアシップ(飛行船)》Cuphead

BGMはBandcampサウンドトラックでは45番。今回も対訳ではないので悪しからず。

Coin-Op Bop 《コイン・オプ・バップ》と同じく、サントラには収録されているが実際には使われなかったBGM。エアシップは飛行船のことなので、ヒルダちゃんと関連があったのステージだったのかもしれない。
が、ダウンロードコンテンツとして発表された新作トレーラーにBGMとして使用され、再び日の目をみることになった。
3つの島の霊廟で必殺技を授けてくれてカプマグ兄弟のご先祖説もある伝説の聖杯ことチャリスが少女「ミズ・チャリス」(「ミス」として紹介されているが「ミズ」が正しい。既婚にも未婚にも使える敬称。ついでに言えば彼女は「女神」ではなく「聖霊」。「霊」であり「既婚でも未婚でもありえる」ことが重要)として参戦、新たなる武器やお守り、新ステージ、そして謎のスケスケ塩シェフ(その名も「愉快な」シェフ・ソルトベイカー氏)など、盛りだくさんな内容で乞うご期待だが、マグマンくんの顔芸とアレなジェスチャーに若干話題を持ってかれた。というかいつになったらマグくんを1Pで使えるんや。
2019年に発売予定とのことだが、2014年に発表されて結局発売が2017年になったMDHRのことなので、あまり期待しすぎないようにしよう。
タイトルは「The Delicious Last Course(美味なる最後の一皿。DLCとも略されるが、Downloadable contentと同じ頭文字でもある)」。最後の晩餐といえば…そして伝説の聖杯といえば…



2017年9月に発売されたStudio MDHR謹製ゲーム「Cuphead」のステージタイトル・ボスの勝ちゼリフ等を勝手に日本語訳・解説してみるテスト。
対訳一覧はタグ「Cuphead」からご覧ください。
ご指摘・補足等お待ちしております。

KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]
(在庫切れ)


Cuphead (Original Soundtrack)
Kristofer Maddigan

[PR]
# by CockRobin96 | 2018-06-13 17:32

High Society Calypso《ハイ・ソサエティ・カリプソ(上流社会のカリプソ)》


Just dig that scenery floating by
We're now approaching Newport, Rhode I
We've been, for years, in Variety
But Cholly Knickerbocker, now we're going to be
空中からの眺めはほんと最高*1
俺らは只今ロード・アイランドに接近中*2
俺らはずっと、長年、色んなショーで出演してきたもんだが
今度はニューヨークっ子になるつもりさ*3

*In high, high so
High soci
High society
*上流、とっても上流
 上流社会
 上流社会でね

I wanna play for my former pal
He runs the local jazz festival
His name is Dexter and he's good news
But something kind of tells me that he's nursing the blues
昔のマブダチのために演奏してやりたいんだ
彼が開催する地元のジャズフェスティバルで
その名はデクスター、ほんとにいいやつだ*4
でも聞くところによると、何やらふさぎ込んでるらしい*5

*Refrain
*繰り返し

He's got the blues 'cause his wife, alas
Thought writing songs was beneath his class
But writing songs he'd not stop, of course
And so she flew to Vegas for a quickie divorce
デクスターがふさいでるのはそのカミさんのせい、ああ!
思うに、曲作りはデクスターの身分にはふさわしくない
でも曲作りはやめられない、当然だな!
それでカミさんはさっさと離婚しにベガスへ飛んでっちゃった

*Refrain
*繰り返し

To make him sadder, his former wife
Begins tomorrow a brand new life
She started lately a new affair
And now the silly chick is gonna marry a square
デクスターを悲しませてる、その元カミさん
明日からピカピカ新生活を始めようとしてる
彼女の近頃新しい事情とは
うっかりにも超堅物と結婚しようとしてること*6

*Refrain
*繰り返し

But, Brother Dexter, just trust your Satch
To stop that wedding and kill that match
I'll toot my trumpet to start the fun
And play in such a way that she'll come back to you, son
でもデクスターよ、このサッチモを信じてくれよ
結婚は白紙、最後は圧勝だって*7
トランペットを吹き鳴らして、愉快なことをはじめよう
そうすりゃ彼女もお前さんのとこに戻ってくるさ

*Refrain
*繰り返し

*1 digはloveという意味で使われることがある。
*2 ロード・アイランドはアメリカ北東部のニューイングランド地方にある州。ニューヨークは目と鼻の先。
*3 チョリー・ニッカボッカは「ニッカボッカのチャーリー」の意。ニューヨークに住むオランダ系移民の子孫、さらにニューヨークっ子のことを指す。ニッカボッカはオランダ移民が履いていたズボンのこと。
*4 good newsは好ましい人物、いいものという意味でも使う。
*5 nurse the blues で「憂鬱を抱え込む」。
*6 chickはヒヨコちゃん、転じて女の子ちゃん。squareは四角四面な人物、つまりカタブツ。
*7 killは口語で使うときはネガティブな意味ばかりではなく、「大量の食べ物や飲み物を平らげる」「試合で圧勝する」「作動中のものを止める」などで普通に使われる。「悩殺」の「殺」に近い。

text & tune: Cole Porter(1891-1964)

1956年公開のミュージカル映画「上流社会」のオープニングソング。劇中では3番の歌詞は省略されている。
モナコ公妃となったグレース・ケリーが最後に女優として出演した映画。
再婚を控えた大富豪のワガママ娘トレイシーと、そんな元妻の性格をよく知っていてなお未練たっぷりなデクスター、そんな二人をもう一度くっつけようと画策する妹やスキャンダルをスクープしてやろうとする記者が入り乱れるミュージカルコメディ。1940年に制作された映画「フィラデルフィア物語」のリメイクでもある。

Louis Armstrong And His Band
収録アルバム:High Society (Original Soundtrack)

[PR]
# by CockRobin96 | 2018-05-29 10:15 | Trackback | Comments(0)

The Daemon Lover《悪魔の恋人》Alasdair Roberts


'Where have you been my long, long love
These seven long years or more?
I'm seeking for my former vows
You gave to me before'
「今までどこにいたんだ、俺の遠い昔の恋人よ
 七年か、それ以上ものあいだ
 昔の誓いを果たしてほしいのだ
 お前が俺にかつて約束したことを」

'Oh, hold your tongue of your former vows
For they will breed sad strife
Hold your tongue of your former vows
For I'm become a wife'
「ああ、昔の約束のことは言わないで
 悲しいもめごとの種になるから
 昔の約束のことは言わないで
 わたしがあなたの妻になるという」

He's turned him right and round about
And the salt tear blint his eye
'I never would have trodden on Irish ground
But for the love of thee'
男はぐるりと後ろを向いた
その目から塩辛い涙が流れ出した
「俺はアイルランドの土を決して踏まなかった
 それもお前への愛ゆえだったのに」

'If I should leave my dear husband
And my two babes also
What have you to take me to
If I with you would go?'
「もしわたしの夫と
 ふたりの赤ちゃんすら置いて出てきたら
 あなたはわたしに何を持ってきてくれるの
 わたしがあなたと一緒に行くとしたら?」

'I've seven ships upon the sea
And the eighth brought me to land
With four and twenty mariners bold
And music on command'
「俺は海の上に七艘もの船を持っている
 八番目の船で俺は上陸した
 二十四人の屈強な水夫と
 意のままの音楽隊と一緒に」

She's put her foot on board the ship
No mariners she beheld
But the sails were of the taffeta
And the masts of the beaten gold
女が船の甲板に足を入れると
水夫のひとりも見えなかったが
帆はタフタで*1
マストは打ち延べた黄金だった

They had not sailed a league, a league
A league but barely three
Til dismal grew his countenance
And drumly grew the sea
ふたりは一リーグ、一リーグも航海しなかった*2
一リーグはないがあとすこしで三マイル
それまでに男の顔つきは暗くなり
海模様は荒れだした

They had not sailed a league, a league
A league but barely three
Until she saw his cloven foot
And she wept most bitterly
ふたりは一リーグ、一リーグも航海しなかった
一リーグはないがあとすこしで三マイル
女は男の割れたひづめを見て*3
この上なく苦々しげにすすり泣いた

'Leave off your weeping' then said he
'Of your weeping let me be
And I'll show you how the lilies grow
On the banks of Italy'
「嘆くのはおよし」と男が言った
「嘆くなら俺のことで嘆いておくれ*4
 百合がどんなふうに生い茂るか見せてやろう
 イタリアの丘で」*5

'What hill, what hill is thon I see
As white as any snow?'
'Thon is the hill of heaven' he said
Where all good people go
「あの山はなあに、遠くに見えるあの山*6
 雪のように真っ白い山は?」
「遠くのあれは天国の山さ」と男が言った
「善良な人々はみなあそこへ行く」

'What hill, what hill is thon I see
As black as any coal?'
'Thon is the hill of hell' he said
'Where you and I must go'
「あの山はなあに、遠くに見えるあの山
 炭のように真っ黒い山は?」
「遠くのあれは地獄の山さ」と男が言った
「お前と俺が行くべきところなのだ」

He struck the top mast with his hand
And the main mast with his knee
And he struck that gallant ship in two
And he sunk her beneath the sea.
男はその手でトップマストを
膝でメインマストをへし折った
そして二人の乗った壮麗な船を叩き壊し
男と女は海の下へ沈んでいった

*1 薄琥珀とも。うねりと艶を持つ、サテンよりやや硬い感じの生地。本来は絹だが、現在は化繊で作られることもある。
*2 1リーグは約3マイル。
*3 割れたひづめ(ヤギの足など)は悪魔の特徴。
*4 別バージョンでは「残してきた赤ちゃんに二度と会えなくなった」という理由で泣いていることが多い。
*5 スコットランドでカトリックが優勢だったころの名残り?それとも単に憧れの旅行先として名が出ただけ?
*6 thon=yonのスコットランド方言。

text & tune: スコットランドに由来し、英語圏に膨大なバージョンとともに伝わる民謡。

アメリカ版である「家大工」に比べると、女の不実さと、恋人の魔性がより強調された内容になっている。



Too Long in This Condition(CDのみ)

[PR]
# by CockRobin96 | 2018-04-24 10:33 | Trackback | Comments(0)

Papa Loves Mambo《パパはマンボがお好き》


Papa loves mambo
Mama loves mambo
Look at 'em sway with it
Gettin' so gay with it
Shoutin' "ole" with it
Wow (oh)
パパはマンボが大好き
ママもマンボが大好き
マンボにのってゆらゆらしてるよ
マンボにのってすごく愉快になってる
マンボにのって「オーレ!」って叫んでる
ワオ!(ウー!)

Papa loves mambo
Mama loves mambo
Papa does great with it
Swings like a gate with it
Evens his weight with it,
now
パパはマンボが大好き
ママもマンボが大好き
パパはマンボにのって絶好調
ジャズマンよろしくスウィングしてる*1
あんなにずっしり重いのに
ほら!

*He goes to,
she goes fro
He goes fast,
she goes slow
He goes left
she goes right
Papa's lookin' for mama,
but mama is nowhere in sight
(oh)
*パパが行けば
 ママが来る
 パパが早送りすると
 ママはゆっくり
 パパが左なら
 ママは右へ
 パパはママを探すけど
 ママはどこにも見えない
 (ウー!)

**Papa loves mambo
Mama loves mambo
Havin' their fling again
Younger than spring again
Feelin' that zing again
Wow (oh)
**パパはマンボが大好き
 ママはマンボが大好き
 また手足をフリフリしてる
 まためぐる春よりもっと若々しく
 また気持ちが盛り上がってる

***Papa loves mambo
Mama loves mambo
Don't let her rumba and
don't let her samba 'cause
papa loves a mambo tonight
(oh)
***パパはマンボが大好き
 ママもマンボが大好き
 ママにルンバをさせないで
 ママにサンバもさせないで
 だってパパは今夜ママンボとラブラブ!

*Refrain
*繰り返し

**Refrain
**繰り返し

***Refrain
***繰り返し

*1 gateは普通「門」の意味だが、ジャズ演奏家、ジャズ愛好家、または現代風のチャラ男という意味もある。

text & tune: Al Hoffman(1902-1960 ディズニーアニメ「シンデレラ」の音楽担当でもある)、 Dick Manning(1912–1991)、Bix Reichner(1905-1989)

1954年に発表され、人気曲となった。ペリー・コモのバージョンがよく知られる。パパがマンボ大好きなのは、多分「mambo」の中に「Mom(ママ)」が入ってるから。
スズキ謹製軽自動車「ハスラー」のイメージソングでもあるが、近年ももクロ×アラレちゃんという欲張りセットでコラボして話題になった。なんやこれ。(もともとDrスランプもイメージキャラクターだけど)。


ナット・キング・コール・トリオ
収録アルバム: Too Young - The Best Of Nat King Cole


[PR]
# by CockRobin96 | 2018-04-21 10:43 | Trackback | Comments(0)