Casey Junior《ケイシー・ジュニア》ダンボ


Casey Junior's coming down the track
Coming down the track
With a smoky stack
Hear him puffing, coming round the hill
Casey's here to thrill
Every Jack and Jill
ケイシー・ジュニアが戻ってくる*1
レールを降ってやってくる
モクモクする煙突をふりたてて
シュッシュッポッポッと丘を巡るのをお聞きよ
ケイシーがわくわくさせにやって来たよ
たくさんのジャックとジルのために*2

Every time his funny little whistle sounds
Everybody hurries to the circus grounds
Time for lemonade and Cracker Jacks*3
Casey Junior's back
Casey Junior's back
彼のひょうきんな口笛が響いた時はいつでも
みんなはサーカス広場へ急ぐんだ
レモネードとキャラメルコーンの時間だよ*3
ケイシー・ジュニアが帰ってきた
ケイシー・ジュニアが帰ってきた

text & tune: Frank Churchill and Ned Washington

*1 本来は列車事故で乗客を守って殉職した機関士ケイシー・ジョーンズ(1862-1900)という実在の人物の、末っ子のあだ名。ケイシーが乗っていた蒸気機関車がこの愛称で呼ばれるようになったとも。ケイシーの勇敢な死はバラッドとして歌われた。ディズニーはケイシー・ジョーンズを扱った『勇敢な機関士』という短編アニメを制作しているが、悲劇的な事故には触れず、あらゆる手段を使って指定時刻に間に合おうとするコミカルな機関士として描いている。
*2 マザーグースの《ジャックとジル》に由来する言い回し。男の子と女の子の総称。
*3 クラッカー・ジャックはアメリカのお菓子のブランドで、キャラメルコーンにピーナッツが混ぜてある。グリコキャラメルのようにおまけがついてきて、それを集めているコレクターもいる。

 ディズニー映画『ダンボ』に登場する劇中歌。これを書くためにあらためて『ダンボ』を見直してみたら、けっこうひどい話でワロタ。象のおばちゃんども大人げなさすぎだろ。それにダンボが大きくなって飛べなくなったらどうするんだろう? とりえがなくなるじゃないか。

 日本語による歌詞は、ケイシー・ジュニアが日本では知られていないため、「サーカス列車が来た」というだけのたわいない歌詞になっている。と思っていたが、新しい方の歌詞はちゃんと「ケイシー・ジュニア」の名前が入っている。


 サーカス乗せて汽車がゆく
 ウーウウー ポッポ ウーウウー
 野山越えてサーカス列車
 陽気な ポッポ 汽笛

 町から村へと響く
 そら来た 駆け出せ 列車だ
 サーカス乗せて列車がつく
 サーカス列車 ようこそ

勇敢な機関士ケイシー・ジョーンズ


収録アルバム: Dumbo / Bambi (Original Motion Picture Soundtrack)



現行日本語版


[PR]
by CockRobin96 | 2014-07-18 23:45 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/22981185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Cruel Sister《残酷な姉》 Hail Holy Queen... >>