Jonah and The Whale《ヨナと鯨》


Jonah was a man
Got word from the Lord
"Go and preach the Gospel To a sinful land"
But he got on a ship
And he tried to get away
And he ran into a storm In the middle of the sea
ヨナという男があったとさ
主から御言葉を受けた男
「行って、罪深き地に福音を告げ知らせよ」と
ところがヨナは船に乗って
主から逃げ出そうとした
そして海のど真ん中で、嵐に突っ込んだ

Now the Lawdy made the waves
Just a row so high
The ship bigin to sink
and they all begin to cry
So they pulled old Jonah
Out of the hole
And they dumped him in the water
Just to lighten up the load
主は波を作り出し、
高く低く揺さぶった
船は沈みだし、
みんな怒鳴りだした
そしてみんなはヨナ爺さんを
引きずり出して
水中に放り込んだ
主がそう示されたので

Now the Laed made a whale long and wide
(Lord, Lord, was't that a fish)
And he swallowes up Jonah, hair and hide
Lord, Lord, wasn't that a fish
さあ、主は鯨を造られた、縦にも横にもでかいのを
(主よ、主よ、これは魚じゃないんですか?)
そして鯨はヨナを飲み込んだ、何もかも
(主よ、主よ、これは魚じゃないんですか?)

Now Jonah started to pray
In the belly of the whale
Lord, Lord, wasn't that a fish
he repented of his sins
Like a man in jail
(Lord, Lord, wasn't that a fish)
さあ、ヨナは祈り始めた
鯨の腹の中で
(主よ、主よ、これは魚じゃないんですか?)
その罪を悔い改めた、
牢屋の中の人のように
(主よ、主よ、これは魚じゃないんですか?)

Now Jonah must have been a bad man
He must have been a sinner
(Lord, Lord, was't that a fish)
'Cause when the whale got him down
He didn't like his dinner
(Lord, Lord, was't that a fish)
今やヨナは悪人同然
ヨナはまさしく罪人だった
(主よ、主よ、これは魚じゃないんですか?)
それだから鯨はヨナを飲みくだしたけど
このディナーはお気に召さなかった
(主よ、主よ、これは魚じゃないんですか?)

Well, he swum around the ocean
Sick as he could be
(Lord, Lord, was't that a fish)
And out for three days,
Whoops-he had a-set him free
(Lord, Lord, was't that a fish)
さあ、鯨は大洋を泳ぎ回った、
お腹が痛かったものだから
(主よ、主よ、これは魚じゃないんですか?)
そして三日後に、
おやまあ、ヨナを解き放った
(主よ、主よ、これは魚じゃないんですか?)

So the whale spit Jonah
Out on the dry land
(Lord, Lord, was't that a fish)
And he went on a-preaching
Like a righteous man
(Lord, Lord, was't that a fish)
鯨はヨナを吐き出した
乾いた地の上に
(主よ、主よ、これは魚じゃないんですか?)
そしてヨナは福音を告げ知らせに行った
正しき人と同じように
(主よ、主よ、これは魚じゃないんですか?)

Then the people quit their sins
When they heard him in the town
(Lord, Lord, was't that a fish)
So when you hear the call
Don't you turn the Gospel down
Lord, Lord, was't that a fish
Hmm?
すると人々はその罪を悔い改めた、
町でヨナの声を聞いたので
(主よ、主よ、これは魚じゃないんですか?)
だからもしも君たちが、呼びかけを聞いても
福音に立ち返らないならば
「主よ、主よ、これは魚じゃないんですか?」
だぞ?

text&tune: Robert MacGimsey(1898-1979)

旧約聖書の中でもっとも短いヨナ記のストーリーをもとにした、コミカルな歌。作者はルイジアナ生まれの作曲家で、「アフリカン・アメリカン」スタイルのキャロルをよく書いた。一応黒人霊歌に分類したが何か違うこれ。
神に「預言者になって二ネヴェに悔い改めるように言え」と言われたヨナは、「うわめんどくせえ、しかも敵国にそんな義理ないし、みんなに袋だたきにされちゃう」と逃げ出したが結局戻ってくるはめになる。鯨(単に大きい魚とも)に飲み込まれ、三日後に再び出てきたヨナは、キリストの予型とされることもある。



[PR]
by CockRobin96 | 2014-09-11 23:22 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/23365428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Hark, Hark My S... The rain, rain,... >>