In Dulci Jubilo《甘き歓びのうちに(もろびと声あげ)》英語版


In dulci jubilo
Let us our homage show:
Our heart's joy reclineth
In praesepio;
And like a bright star shineth
Matris in gremio,
Alpha es et O!

甘き歓びのうちに、
いざ仰ぎたてまつれ。
我らの心は歓び躍る、
ひとつのうまぶねのうちに。*1
輝く星の光のように、
み母の膝におられる方、*2
アルファにしてオメガ!*3

O Jesu parvule!
I yearn for thee alway!
Hear me, I beseech thee,
O Puer optime!
My prayer let it reach thee,
O Princeps gloriae!
Trahe me post te!
ああ、小さきイエスよ!
わたしは絶えずあなたに恋いこがれています!
お聞きください、わたしの嘆願を、
ああ、比類無き幼子よ!
わたしの祈りがあなたのもとへ届きますように、
ああ、栄光の君よ!
あなたの前にわたしを至らせ給え!


O Patris carita,
O Nati lenitas!

Deeply were we stained
Per nostra crimina;
But thou for us hast gained
Coelorum gaudia.
O that we were there!
ああ、愛の父よ、
ああ、慈しみのゆえに生まれた方よ!

我らはひどく穢れていた、
我らが罪によって。
だがあなたは我らに勝ち得てくださった、
天の歓びを!
ああ、我らもそこにあらんことを!

Ubi sunt gaudia,
If that they be not there?
There are angels singing
Nova cantica,
There the bells are ringing
In Regis curia:
O that we were there!
歓びのあるところ、
そこに彼らが居ないことがあるだろうか?
天使たちが歌っている、
新しき歌を。*4
鐘が鳴っている、
王の宮廷で。
ああ、我らもそこにあらんことを!

*1 飼い葉桶。
*2 gremioは基本的に膝を指すが、胸、胎内など女性が子供を守り育むような奥まった場所にも使う。
*3 「わたしはアルファであり、オメガである。/最初の者にして、最後の者。/初めであり、終わりである」(ヨハネの黙示録22:13)。ギリシャ語でアルファはA、オメガはZ。最初と最後の意。
*4 「新しい歌を主に向かって歌え」(詩編98:1)。「新しい歌」は詩編や預言書で頻出するフレーズ。賛美歌を伴う礼拝は古くからあり、音楽によって日々刷新される信仰心をあらわした。

text&tune: 14世紀頃のドイツのキャロルをRobert Lucas de Pearsall(1795-1856)が編曲・英訳

日本では「もろびと声あげ、よろこびたたえよ……」の訳詩で歌われる。マカロニック、雅俗混合体などと呼ばれる、異なる言語をごちゃまぜにした歌詞を持つキャロル。本来はラテン語とドイツ語の混合であったが、1837年にロバート・ルーカス・デ・ピアソルによってラテン語と英語の混合の訳詩が生まれた。ピアソルの編曲は、イギリスのクリスマス礼拝では定番となっている。
なお、ピアセルはよくヘンリー・パーセルとごっちゃにされるが全然まったく別人なので悪しからず。プレトリウス版のドイツ語《甘き歓びのうちに》も参照の事。

下図は、9世紀から12世紀にかけてスペインなどで盛んに制作されたヨハネの黙示録の絵入り注解本『ベアトゥス黙示録』のうちのひとつ『ファクンドゥス写本』から。イスラムの影響を受けた独特の絵柄や色使いで、力強い印象をもたらす。それまで過小評価されていたヨハネの黙示録が広く認められるのに重要な役割を果たした。
b0310887_22345926.jpg


ポケットモンスターオメガルビー&アルファサファイア発売おめでとう!

収録アルバム: A Festival of Nine Lessons and Carols



ちょっと面白い編曲 3:40~

キリ・テ・カナワ
収録アルバム: Christmas with Kiri Te Kanawa

[PR]
by CockRobin96 | 2014-12-09 22:41 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/23857009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< In Dulci Jubilo... Es ist ein Ros ... >>