Gabriel's Message《ガブリエルのお告げ》

Harrison Oxley (1933-2009)版 あまり見かけない

David Willcocks版

The angel Gabriel from Heaven came,
His wings as drifted snow,
his eyes as flame;
'All hail,' said he,
'thou lowly maiden Mary,
Most highly favoured lady,'
Gloria!
天使ガブリエルは天より来たれり、*1
その羽根は降り積もった雪のよう、
その瞳は炎のよう。
「おめでとう」と天使は言った、
「賤(しず)のおとめマリアよ、*2
最も高く愛すべきお方よ」
栄光あれ!

'For known a blessed Mother thou shalt be,
All generation laud
and honour thee,
Thy Son shall be Emmanuel,
by seers foretold.
Most highly favoured lady,'
Gloria!
「あなたは祝された母となり、
 いつの世の人もあなたを
 たたえあがめるでしょう。
 あなたの子はインマヌエルとなる、*3
 預言者達が語ったお方に
 最も高く愛すべきお方よ」
栄光あれ!

Then gentle Mary meekly bowed her head,
'To me be as it pleaseth God,'
she said,
'My soul shall laud and magnify
his Holy Name.'
Most highly favoured lady,
Gloria!
優しきマリアは柔らかく頭を垂れ、
「神の御心のままにわたしになりますように」
と答えた。
「わたしの魂はたたえあがめます、*4
 主の聖なる御名を」
最も高く愛すべきお方よ、
栄光あれ!

Of her, Emmanuel, the Christ was born
In Bethlehem,
all on a Christmas morn,
And Christian folk throughout the world
will ever say:
Most highly favoured lady,
Gloria!
マリアからインマヌエル、キリストは生まれ給うた、
ベツレヘムで、
全てはクリスマスの朝に起こったこと。
世界中のキリスト教徒たちは
常にたたえて言う、
「最も高く愛すべきお方よ、
 栄光あれ!」と。

*1 ガブリエルは神からのメッセンジャーとして聖書でたびたび登場する天使である。マリアへの受胎告知のほか、洗礼者ヨハネの誕生をその両親に告知した。「わたしはガブリエル、神の前に立つ者。あなたに話しかけて、この喜ばしい知らせを伝えるために遣わされたのである。」(ルカによる福音書1:19)
*2 身分が低いことをいう。
*3 キリストの別称。《久しく待ちにし》に詳述。
*4 《マリアの賛歌》参照。

text: Sabine Baring-Gould (1834-1924)
tune: ベアリング-グールドが採取したスペインのバスク地方のキャロル

六ヶ月目に、天使ガブリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。
ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。
そのおとめの名はマリアといった。天使は、彼女のところに来て言った。
「おめでとう、恵まれた方。主があなたと主におられる。」
マリアはこの言葉にとまどい、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。
(ルカによる福音書 第1章26-35節)

イギリスの作曲家ベアリング=グールドによる、スペインのバスク地方のメロディをもとにしたキャロル。19世紀イギリスでは、科学の発達の反動として、民謡などの古き良きものを再発見することが流行した。本場スペインでどれだけ歌われてるかは知らん。むしろイギリス以外で歌われているのかこれは。変わったところでは、《イングリッシュマン・イン・ニューヨーク》のスティングがカバーしてたりする。

受胎告知は特に人気の高いテーマで、このシーンを描いた画家は数多い。アダムとエバの罪を克服したことを示すために、失楽園の場面を一緒に描くこともある。

ベアトリス・パーソンズ『受胎告知』
b0310887_2235935.jpg


日本語版


スティング版


↓デイヴィッド・ウィルコックスによるアレンジバージョン


[PR]
by CockRobin96 | 2014-12-10 21:40 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/23860949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Once in Royal D... In Dulci Jubilo... >>