Personent Hodie《この日人となりし》

ケンブリッジって漢字でこう書くんだ(驚愕)(そこか)

Personent hodie
この日人となりし、
voces puerulae,
幼子を呼ばわれ。
laudantes iucunde
ほめたたえよ、
qui nobis est natus,
わたしたちのために生まれた、
summo Deo datus,
神である方を。
et de vir, vir, vir,
お、お、お、
et de virgineo ventre procreatus.
おとめの胎から産まれ出た方を。

In mundo nascitur,
世に産まれ、
pannis involvitur
布にくるまれ、
praesepi ponitur
飼い葉桶に置かれた方は、
stabulo brutorum,
重く堅く立つ、
rector supernorum.
天の支配者として、
perdit, dit, dit, dit,
ほ、ほ、ほ、
perdidit spolia princeps infernorum.
滅ぼし、地獄の長(おさ)から奪いたもう。

Magi tres venerunt,
マギがはるかより来たり、*1
parvulum inquirunt,
いと小さきものをたずね、
Bethlehem adeunt,
ベツレヘムへ向かう、
stellulam sequendo,
星に従いて。
ipsum adorando,
そして心からあがめまつり、
aurum, rum, rum, rum,
こ、こ、こ、
aurum, thus, et myrrham ei offerendo.
黄金(こがね)と乳香と没薬を献げた。

omnes clericuli,
いざよろずの
pariter pueri,
幼き子らよ、
cantent ut angeli:
天使たちと歓び歌え。
advenisti mundo,
世に来たりたもう、
laudes tibi fundo.
世の基(もと)いなる御身を讃えて。
ideo, o, o, o,
そ、そ、そ、
ideo gloria in excelsis Deo.
それゆえ栄光あれ、いと高き神に。

*1 →《我らは東方の三人の王

text&tune: 16世紀フィンランドの聖歌集『ピエー・カンツィオーネス』に収録されたラテン語聖歌を、Gustav Holst(1874-1934)が編曲

ピエ・カンツィオーネスについては《いざ善良なるキリスト教徒らよ》も参照。日本語訳詞に《この日人となりし》がある。

日本語訳詞:
この日人と
なりし御子を
声も高く
歌いまつらん
喜びもて
イデオ・オ・オ・オ
イデオ・グロリヤ・イン・エクセルシス・デオ

神の御子は
み座をくだり
人の姿とりたまえり
へりくだりて
イデオ・オ・オ・オ
イデオ・グロリヤ・イン・エクセルシス・デオ

知恵に富める
博士たちも
御子の前に
来たり献ぐ
宝の箱
イデオ・オ・オ・オ
イデオ・グロリヤ・イン・エクセルシス・デオ

ひくきものも
たかきものも
天使たちと
共に歌え
声も高く
イデオ・オ・オ・オ
イデオ・グロリヤ・イン・エクセルシス・デオ

収録アルバム: Essential Carols - The Very Best of King's College, Cambridge


[PR]
by CockRobin96 | 2014-12-24 22:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/23921604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Nativity Carol《... Christmas Lulla... >>