O Clap Your Hands《共に手を打ち鳴らせ》


O clap your hands together, all ye people;
おお、ともに手を打ち鳴らせ、全ての民よ、
O sing unto God with the voice of melody.
おお、神に向かって歌え、歌声でもって。
For the Lord is high and to be feared;
主は高貴にして畏れられる、
He is the great King of all the earth,
全地を支配される偉大な王なのだから。
He shall subdue the people under us,
主は人民をわたしたちのもとに、
and the nations under our feet.
諸国民をわたしたちの足もとに導かれる。
He shall choose out an heritage for us,
主はわたしたちのために嗣業(しぎょう)の地を選びだし、*1
ev'n the worship of the jacob,
ヤコブの誉れとさえなされる、*2
whom he loved.
主が愛されたヤコブのものと。

God is gone up with a merry noise,
神は昇られる、歓呼のうちに、
and the Lord with the sound of trumpet.
主は角笛の響きとともに昇られる。
O sing praises
おお、賛美して歌え、
unto our God:
わたしたちの神に向かって。
O sing praises
おお、賛美して歌え、
unto the Lord our King.
わたしたちの王なる主に向かって。
For God is the King of all the earth:
神は全地の王であると、
sing ye praises with the understanding.
心に留めて賛美して歌え。
God reifneth over the heathen:
神は異邦人らをも統治される、
God sitteth upon his holy seat.
神は座しておられる、その聖なる王座の上に。
For God, which is highly exalted,
神は高く、卓抜した方、
doth defend the earth,
地を守られる、
as it were with a shield.
盾持つ人のごとく。

Glory be to the Father, and to the Son,
栄光は父と子と
and to the Holy Ghost;
聖霊に、
As it was in the begining, is now,
始めのように、今も
and ever shall be,
そしてとこしえに
world without end, Amen.
世々に限り無く、アーメン。

*1 嗣業とは聖書独特の概念で、神からの賜わりものを指す。具体的には土地、財産。特に、神はアブラハムとその子孫に肥沃なカナンの地を与えると約束した。元々他民族が住んでたのをぶんどって神からもらったと言い張ってるという説もある。まあ混在・混血しただけという説もあるけど。なお、新約聖書では天国の方を指す。
*2 《マニフィカト》や《汝の天幕はいかに善きかな》でも解説した、ユダヤ人の祖先にして英雄にしてゲス野郎。「私は全能の神である。産めよ、増えよ。あなたから、一つの国民、いや多くの国民の群れが起こり あなたの腰から王達が出る。わたしは、アブラハムとイサクに与えた土地を あなたに与える。また、あなたに続く子孫にこの土地を与える。」(創世記35:11-12)

text: 詩編47:2-7
tune: Orlando Gibbons(1583-1625)

ヴォーン=ウィリアムズ及びラッターの同名合唱曲がある(ヴォーン=ウィリアムズ版は「Who he loved」まで)。crapとclapを間違えると大変なことになるぞ! 気をつけてね!
オーランド・ギボンズはイギリスにとって国民的な音楽家のひとりであり、チューダー朝の人物。オーランド・ブルームの名前の由来でもある。早熟で、弱冠21歳にして王室礼拝堂付きのオルガニストに就任。同時代のタリスやバードがカトリックの信仰を守り続けたのに対し、英国国教会のために英語を用いた音楽を創作し続け、英国独自の宗教音楽(アンセム)発展に貢献。宗教曲の他に世俗曲であるマドリガルもよく作った。墓はカンタベリー大聖堂にある。
この時期のイギリスの宗教曲の特徴として、アカペラ&何層も声部を重ねるというのがある(この曲も楽譜を見ればわかるが八声で歌う)。別にCDで聞いても構わないが、音響のいい礼拝堂などで生で聞くと、ミルフィーユ状に幾重にも重なった声がさらに反響して心地よい音の洪水を生み出す。極端な例にトーマス・タリスの《四十声のモテット》がある。

ラッター版

ヴォーン=ウィリアムズ版





ラッター版



ヴォーン=ウィリアムズ版


[PR]
by CockRobin96 | 2015-02-07 22:03 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/24105706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< How Excellent T... O for the wings... >>