Bedlam Boys《ベドラムの少年たち》


To see Mad Tom of Bedlam
Ten thousand miles I traveled
Maudlin goes on dirty toes
For to save her shoes from gravel
ベドラムのおかしなトムに会いに*1
わたしは1万マイルも旅をした
モードリンは汚れたつま先でなおもゆく
靴を砂利で削らぬように

*Refrain
O Yet will I sing,
bonny boys,
bonny mad boys
Bedlam boys are bonny
For they all go bare
and they live in the air
And they want no drink nor money
*まだまだ歌おう
素敵な少年たち
素敵なおかしな少年たちを
ベドラムの少年たちは素敵
みんな素っ裸で歩き回るし
空の上で暮らしてるし
酒も金も欲しがらないんだもの

I went to Pluto's kitchen
To break my fast one morning
And there I got souls piping hot
That on the spit were turning
*Refrain
プルートの台所に行った*2
ある朝、朝食をいただこうと
そこではジュウジュウ熱々の魂たちを食べた
魂は串に刺されてあぶられてた*3
*繰り返し

My staff has murdered giants
My pack the long knife carries
To cut mince pies from children's thighs
With which to feed the fairies
*Refrain
「わたしのこん棒は巨人殺し
 わたしの荷物は長いナイフを運ぶため
 子供たちのもも肉入りパイを切り分けて
 妖精たちに食わせてやるのさ」
*繰り返し

His spirit hot as lightning
Did on the journey guide me
The sun did shake, the pale moon quaked
Whene'er they did espy me
*Refrain
主の霊は灯火のように熱くて
旅中わたしを導いてくれる
太陽は揺れ、青ざめた月は震え
いつでもわたしを覗き見てる
*繰り返し

No gypsy, slut nor doxy
Shall take me Mad Tom from me
I'll dance all night and with stars fight
But the fray, it shall become me
*Refrain
ジプシーも、ふしだら女も売春婦も
誰もおかしなトムをわたしから連れ去る者はない
夜通し踊りましょう、星たちが争う中で
でもケンカの方がわたしにはお似合いでしょう
*繰り返し

To see Mad Tom of Bedlam
Ten thousand miles I traveled
Maudlin goes on dirty toes
For to save her shoes from gravel
*Refrain
ベドラムのおかしなトムに会いに
わたしは1万マイルも旅をした
モードリンは汚れたつま先でなおもゆく
靴を砂利で削らぬように
*繰り返し

*1 ベドラムはイギリスにある世界で最も古い精神病院の一つ。詳細は解説にて。なお、「Tom o' Bedlam(ベドラムのトム)」という言い回しはすでにシェークスピアの『リア王』にも登場している。狂人であり物乞いである人物、または狂人をよそおった物乞いを指す。
*2 ローマ神話における冥府の神。ギリシャ神話のハデスに相当。バージョンによっては「サタン」。
*3 こんなの。回してもいいんだぜ、わけのわからないものを!
b0310887_1835734.jpg


text&tune: 18世紀のイギリス民謡 初出は1720年のThomas d'Urfey(1653–1723)による歌集。

精神病院に放り込まれたトムに、恋人の女性モードリンがはるばる会いに来たと思わされるが、最後の歌詞でモードリンも狂気に冒されていることが判明する。
なお、モードリンはMagdalene(マグダレン。キリストに癒された罪深い女「マグダラのマリア」に由来する女性名)のフランス語形だが、「感傷的、涙もろい」という意味もある。

ベドラムの正式名称は王立ベスレム病院 (Bethlem Royal Hospital)。一時期は非人間的で残酷な治療法で知られ、病院とは名ばかりの狂人動物園という有様だった(見学者は棒でつついて暴れさせて面白がったりしていた)。当時の様子はウィリアム・ホガースの連作『放蕩息子一代記』で見ることができる(なお、放蕩で身を持ち崩して精神病院にいれられる主人公の名前もトム)。Bedlamという言葉は今でも混沌や混乱を表す単語となっている。19世紀になるまで、精神病は「道徳の低い人間がなるもの」「勤労に従事しない怠け者」と見なされ、福祉が最も遅れた分野であった。1815年にようやく移転し、新しい建物と人道的な療法に改められ、特に芸術療法で知られるようになった。著名な入院者に猫画家ルイス・ウェイン(夏目漱石が取り上げたポストカードのイラストレーター)、チャップリンの母ハンナ、リチャード・ダッド(ロックバンド「クイーン」がオマージュしたファンタジー系画家)がいる。

ホガース『放蕩息子一代記』
b0310887_183557100.jpg


Leannan Sheeのバージョン。モードリンは最初から狂気であることが明言され、さまざまなとりとめのない幻覚が語られていく。



Old Blind Dogs
収録アルバム: Four On The Floor


[PR]
by CockRobin96 | 2015-07-18 18:39 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/24702209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Te Deum Laudamu... Yo Ho(A Pirate&... >>