My Bonnie lies over the ocean《わたしのいい人は大海原の彼方に眠る(マイ・ボニー)》


My Bonnie lies over the ocean
My Bonnie lies over the sea
My Bonnie lies over the ocean
Oh bring back my Bonnie to me
わたしのいい人は大海原の彼方に眠る*1
わたしのいい人は海の彼方に眠る
わたしのいい人は大海原の彼方に眠る
ああ、わたしのいい人を返してよ

*Bring back, bring back
Bring back my Bonnie to me, to me
Bring back, bring back
Bring back my Bonnie to me
*返してよ、返してよ、
わたしに、わたしに、あの人を返して
返してよ、返してよ、
わたしにあの人を返してよ

Last night as I lay on my pillow
Last night as I lay on my bed
Last night as I lay on my pillow
I dreamt that my Bonnie was there.
夕べ枕に頭を横たえていると
夕べ寝床に横たわっていると
夕べ枕に頭を横たえていると
わたしのいい人がそこにいる夢を見た*2

*Refrain
*繰返し

Blow the winds over the ocean
Blow the winds over the sea
Blow the winds over the ocean
To bring back my Bonnie to me
風よ吹き渡れ、大海原を越えて
風よ吹き渡れ、海を越えて
風よ吹き渡れ、大海原を越えて
わたしのいい人を連れ戻して

*Refrain
*繰返し

The winds have blown over the ocean
The winds have blown over the sea
The winds have blown over the ocean
And brought back my Bonnie to me
風が大海原を越えて吹き渡り
風が海を越えて吹き渡り
風が大海原を越えて吹き渡り
わたしのいい人を連れ戻した

*Refrain
*繰返し

*1 bonnie(bonny) スコットランドや北イングランドの方言で、「うるわしの」「ハンサムな」「風采のいい」など。
*2 本来は「my Bonnie was dead(わたしのいい人は死んでしまった)」となっている。子供向けのアレンジなのでやっぱ死ぬのはまずい。

text & tune: スコットランド民謡

異国の地で没した恋人への思いを歌う恋歌と見ることもできるが、スコットランド人の愛国心を隠した政治的な歌とすることもできる。ボニー(いい人)とはBonnie Prince Charlie(うるわしのチャーリー王子)と呼ばれたチャールズ・エドワード・ステュアートを指すとされる。(→《ロッホ・ローモンド》)。先だってイギリスから追い出されたジェームズ2世の孫息子チャーリーは、イギリスの王位奪還を企てイギリスに上陸したが、カローデンの戦いで大敗北を喫し、女装して追っ手を逃れ、フランスからローマに亡命した。それ以後不遇の生涯を送り、二度とイギリスに戻ることはできなかった。
カトリックの(というか自分たちに味方してくれる)王を戴くことが悲願であったスコットランド人にとって、チャーリーは実際の人物像を超えた象徴的な存在となった(実在のチャーリーは顔はいいけどあんまり有能ではなく、その上敗北後は心が折れたっぽい)。いつの日か血筋と美とカリスマを兼ね備えたスコットランド王の帰還があると信じ、この歌に託して歌ったのである。
繰り返しが多く覚えやすいので、子供の歌の鉄板ソングにもなっている。

漣健児の日本語訳で歌われる《恋人は海の彼方》


参考サイト:
古戦場カローデンのルポ
スコットランドの歴史に関連する様々なバラッド

Anuradha Javeri
収録アルバム: Nursery Rhymes: Hooplakidz, Vol. 4


ジャケットは死ぬほどダサいが編曲と声は素敵だ

おまけ

坂田靖子の短編集『村野』に、この歌を元ネタにした短編漫画が収録されている。
海難事故で死んだ美少年の幽霊につきまとわれ怯える男が、幽霊の見える友人に見てもらったら…
なんで美少年なのかというと、掲載されたのがJUNE(ジュネ)だったから。知ってる? ジュネ。
[PR]
by CockRobin96 | 2016-03-30 21:32 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/25597870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Tea for two《ふたり... The Devil And T... >>