One Note Samba《ワン・ノート・サンバ(一音のサンバ)》Hendricks

Lambert, Hendricks and Bavan版

Peggy Lee版(試聴のみ)(youtubeにもあるけど埋め込み無効)


In Brazil they have a samba
With a simple melody
ブラジルではみんながサンバを踊る
シンプルなメロディで

Just one single note, it sounded
And repeated constantly
ただひとつの音が響き、
絶え間なく繰り返す

Well my love is like that samba
with that simple melody.
わたしの愛情もサンバのよう
シンプルなメロディのサンバ

Just one single steady feeling,
that’s repeated constantly.
ただひとつの確かな想いを
絶え間なく繰り返す

That's the way my love is like a sun
That shines above, that's ever burning
a constant fire
そうなの、わたしの愛情は太陽のよう*1
天高くに輝き、永久(とわ)に燃え盛る
絶えざる炎

I will leave you never for I know
That you’ll forever be returning
I great desire
わたしはあなたを決して独りにしない、だって
あなたは永遠に戻ってこなくなるから
わたしが恋い焦がれても

My single note that symbols
of the love I have for you
わたしの一音は象徴なの*2
わたしのあなたへの愛情の

And my single note repeated
hold my love that constant too
わたしの一音は繰り返す
わたしの愛も絶え間なくあり続ける

Yes, if ever I should leave you
I would try not cry and then
そう、もしあなたから去らなくてはいけないとしても
わたしは泣かないようにするわ、そして

I’d return to you, my true love
And my single note again
あなたのもとに戻ってくる、本当の恋人のもとに
わたしのただひとつの音に再び還る

*1 That's the way=「それな」とか「その調子だ!」とかそんな感じ
*2 一音(いちおん)という言葉は実はないんです 単音とか純音とかが正しいんだけどなんか語呂悪いから

text: Jon Hendricks(1921-)(ジャズ界の巨匠。いいともに出たこともある。まだ生きとる)
tune: Antônio Carlos Brasileiro de Almeida Jobim(1927-1994)&Newton Mendonça(1927-1960) 二人ともブラジルの音楽家で、ボサノヴァというジャンルの普及に一役買った。

もともとはSamba de Uma Nota Só《サンバ・ヂ・ウマ・ノタ・ソ》というタイトルで、ポルトガル語の歌詞だった。「This is just a little samba…」で始まる、ジョビン本人による英語歌詞もあるが、それはそのうち。

CDのみ
収録アルバム:At Basin Street East

[PR]
by CockRobin96 | 2016-04-13 18:43 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/25658992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< The Lion and th... The Heavens are... >>