Zah Zuh Zaz《ザ・ズ・ザ》



Cupheadファンによるアニメーションつきバージョン
カップヘッドの中ボスキング・ダイスのモデルがキャブ・キャロウェイであるとされることから
ちなみにこれはキャブが主役のショートフィルム「キャブ・キャロウェイのハイ・ディ・ホー!」の劇中歌として歌われたもの

Now, here's a very entrancing phrase,
It will put you in a daze,
To me it don't mean a thing,
But it's got a very peculiar swing!
さあ、素敵にうっとりさせられるこの文句、
きっとみんなをくらくらさせてしまう
僕にとっちゃ何か意味があるわけじゃないけど
おかしなほどスウィングしてしまう!

Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay!

Now, zaz-zuh-zaz was handed down
From a bloke down in Chinatown;
It seems his name was Smoky Joe,
And he used to hi-de-hi-de-ho.
さて、「ザ・ズ・ザ」というのは受け売りで*1
チャイナタウンの盛り場のある男から聞いたもの
そいつの名はスモーキー・ジョーというらしい*2
そいつはハイ・ディ・ホーなやつだった*3

Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay!

When Smoky Joe came into town
And he kicked the gong around,
Any place that he would go
Minnie the Moocher she was sure to go,
スモーキー・ジョーは街に来ては
アヘンを吸ってたものだった、
彼の行くところどこにでも
はぐれミニーもきっとついていった*4

With her zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay!

It makes no difference where you go,
There's one thing that they sure do know:
There's no need for them to be blue,
'Cause the zaz-zuh-zaz will always see them through!
どこへ行こうと変わりゃしない、
それが誰もが確かに知っているただひとつのこと
だからってブルーになることなんてない
だって「ザ・ズ・ザ」がいつだって乗り切ってくれるだろうから*5

Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay!

*1 hand downで受け継ぐ、言い伝える、残す。またはおさがり。
*2 キャブの一連の曲に登場するキャラクター。あるいはキャブ自身の分身かもしれない。ミニーの恋人でアヘン中毒者だが、この曲では陽気でノリのいい性格が強調されている。
*3 hi-de-hoはキャブの代名詞ともいうべきスキャット(掛け声)。
*4 もちろんミニー・ザ・ムーチャーのこと。

*5 see throughは透けて見える、見破る、切り抜ける、やり抜くなど様々な意味がある。

text & tune: Cab Calloway(1907-1994)/ Harry White (1898–1962)

キャブ・キャロウェイ
収録アルバム: The 25 Best Songs


アニメで使ってるちょっと短いバージョンの方
キャブ・キャロウェイ
収録アルバム: On Film

[PR]
by CockRobin96 | 2018-02-17 12:02 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/28096764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< The Scat Song《ス... Kicking The Gon... >>