The Scat Song《スキャット・ソング》

スキャットなしバージョン

スキャットいりバージョン

When your sweetie tells you
Everything'll be okay
かわいこちゃんにこれを聞かせれば
何もかもがうまくいく

Just skeep-beep de bop-bop beep bop bo-dope
Skeetle-at-de-op-de-day

If you feel like shoutin'
Advertise it just this way
叫びたい気分だったら
このやり方でアピールしなよ

And skeep-beep de bop-bop beep bop bo-dope
Skeetle-at-de-op-de-day

Don't give a hang
What words you use at any time
Sing this silly language
Without any reason or rhyme
ちっとも気にすることなんかないさ*1
いつどんな言葉を使おうが
ヘンテコ言葉で歌いなよ
理由も詩韻もいりやしない

When you face the preacher
There's only one thing to say
説教師とご対面したら
こう言うしかないね

Just skeep-beep de bop-bop beep bop bo-dope
Skeetle-at-de-op-day

*1 a hangは「a damn」より軽い表現。not give (care) a hangで「ちっともかまわない、心配しない」

text & tune: Anthony De Wayne Perkins(?-?), Cab Calloway(1907-1994), Mitchell Parish(1900–1993)

スキャットはもともとサッチモことルイ・アームストロングが、歌詞を忘れた代わりに意味のない言葉で歌ったら受けたのが始まりとされている。多分今のキッズは知らないこのCMの「ダバダ~」もスキャットの一種。

スキャットが入るバージョンと、スキャットの代わりに奏楽が入るバージョンがある。
ベティさんの「山の老人」の最後で使われているのがこの曲。
5:25~


Cab Calloway
収録アルバム: Minnie The Moocher


Cab Calloway
収録アルバム: Cab Calloway


[PR]
by CockRobin96 | 2018-02-18 20:45 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/28120727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Binnorie (The T... Zah Zuh Zaz《ザ・ズ・ザ》 >>