The Daemon Lover《悪魔の恋人》Alasdair Roberts


'Where have you been my long, long love
These seven long years or more?
I'm seeking for my former vows
You gave to me before'
「今までどこにいたんだ、俺の遠い昔の恋人よ
 七年か、それ以上ものあいだ
 昔の誓いを果たしてほしいのだ
 お前が俺にかつて約束したことを」

'Oh, hold your tongue of your former vows
For they will breed sad strife
Hold your tongue of your former vows
For I'm become a wife'
「ああ、昔の約束のことは言わないで
 悲しいもめごとの種になるから
 昔の約束のことは言わないで
 わたしがあなたの妻になるという」

He's turned him right and round about
And the salt tear blint his eye
'I never would have trodden on Irish ground
But for the love of thee'
男はぐるりと後ろを向いた
その目から塩辛い涙が流れ出した
「俺はアイルランドの土を決して踏まなかった
 それもお前への愛ゆえだったのに」

'If I should leave my dear husband
And my two babes also
What have you to take me to
If I with you would go?'
「もしわたしの夫と
 ふたりの赤ちゃんすら置いて出てきたら
 あなたはわたしに何を持ってきてくれるの
 わたしがあなたと一緒に行くとしたら?」

'I've seven ships upon the sea
And the eighth brought me to land
With four and twenty mariners bold
And music on command'
「俺は海の上に七艘もの船を持っている
 八番目の船で俺は上陸した
 二十四人の屈強な水夫と
 意のままの音楽隊と一緒に」

She's put her foot on board the ship
No mariners she beheld
But the sails were of the taffeta
And the masts of the beaten gold
女が船の甲板に足を入れると
水夫のひとりも見えなかったが
帆はタフタで*1
マストは打ち延べた黄金だった

They had not sailed a league, a league
A league but barely three
Til dismal grew his countenance
And drumly grew the sea
ふたりは一リーグ、一リーグも航海しなかった*2
一リーグはないがあとすこしで三マイル
それまでに男の顔つきは暗くなり
海模様は荒れだした

They had not sailed a league, a league
A league but barely three
Until she saw his cloven foot
And she wept most bitterly
ふたりは一リーグ、一リーグも航海しなかった
一リーグはないがあとすこしで三マイル
女は男の割れたひづめを見て*3
この上なく苦々しげにすすり泣いた

'Leave off your weeping' then said he
'Of your weeping let me be
And I'll show you how the lilies grow
On the banks of Italy'
「嘆くのはおよし」と男が言った
「嘆くなら俺のことで嘆いておくれ*4
 百合がどんなふうに生い茂るか見せてやろう
 イタリアの丘で」*5

'What hill, what hill is thon I see
As white as any snow?'
'Thon is the hill of heaven' he said
Where all good people go
「あの山はなあに、遠くに見えるあの山*6
 雪のように真っ白い山は?」
「遠くのあれは天国の山さ」と男が言った
「善良な人々はみなあそこへ行く」

'What hill, what hill is thon I see
As black as any coal?'
'Thon is the hill of hell' he said
'Where you and I must go'
「あの山はなあに、遠くに見えるあの山
 炭のように真っ黒い山は?」
「遠くのあれは地獄の山さ」と男が言った
「お前と俺が行くべきところなのだ」

He struck the top mast with his hand
And the main mast with his knee
And he struck that gallant ship in two
And he sunk her beneath the sea.
男はその手でトップマストを
膝でメインマストをへし折った
そして二人の乗った壮麗な船を叩き壊し
男と女は海の下へ沈んでいった

*1 薄琥珀とも。うねりと艶を持つ、サテンよりやや硬い感じの生地。本来は絹だが、現在は化繊で作られることもある。
*2 1リーグは約3マイル。
*3 割れたひづめ(ヤギの足など)は悪魔の特徴。
*4 別バージョンでは「残してきた赤ちゃんに二度と会えなくなった」という理由で泣いていることが多い。
*5 スコットランドでカトリックが優勢だったころの名残り?それとも単に憧れの旅行先として名が出ただけ?
*6 thon=yonのスコットランド方言。

text & tune: スコットランドに由来し、英語圏に膨大なバージョンとともに伝わる民謡。

アメリカ版である「家大工」に比べると、女の不実さと、恋人の魔性がより強調された内容になっている。



Too Long in This Condition(CDのみ)

[PR]
by CockRobin96 | 2018-04-24 10:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/28261708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< High Society Ca... Papa Loves Mamb... >>