Jeanie with the Light Brown Hair《亜麻色の髪のジーニー(金髪のジェニー)》


I dream of Jeanie
with the light brown hair
Borne, like a vapor,
on the summer air;
I see her tripping
where the bright streams play
Happy as the daisies
that dance on her way
Many were the wild notes
her merry voice would pour
Many were the blithe birds
that warbled them o'er:
Oh! I dream of Jeanie
with the light brown hair
Floating, like a vapor,
on the soft summer air
僕はジーニーを夢見る
亜麻色の髪のひとを
陽炎のように、
夏空に映し出される
足取りも軽やかな彼女が、
きらめく流れで遊んでいるのを僕は幻視する
雛菊のように幸せそうに、
いかにも彼女らしく踊ってる
たくさんの野の調べが、
彼女の楽しげな歌声を振りまき
たくさんの陽気な鳥たちが、
いたるところでさえずる
ああ、僕が夢見るはジーニー、
亜麻色の髪のひと
陽炎のように浮かんでくる、
柔らかな夏空に

I long for Jeanie
with the daydawn smile
Radiant in gladness,
warm with winning guile;
I hear her melodies,
like joys gone by
Sighing round my heart
o'er the fond hopes that die:—
Sighing like the night wind
and sobbing like the rain,—
Wailing for the lost one
that comes not again:
Oh! I long for Jeanie,
and my heart bows low
Never more to find her
where the bright waters flow
ああ、僕はジーニーを恋い求める
あけぼののような微笑みを浮かべたひとを
歓喜のうちにきらめき、
陰険さも跳ね返す暖かさ
僕は彼女のメロディに耳を傾ける、
喜びが通り過ぎていくかのような
ため息が僕の心を取り巻き、
絶たれた甘やかな希みにかぶさるーー
夜風のようにしきりにため息をつき
雨のようにすすり泣くーー
失ったものが
二度とかえらぬことを嘆いて
ああ、僕はジーニーを恋い求め、
そして僕の心は深々とうなだれてしまう
もう二度と彼女は見つからないだろう、
輝く水に浮かぶあのひとは

I sigh for Jeanie,
but her light form strayed
Far from the fond hearts
round her native glade;
Her smiles have vanished
and her sweet songs flown
Flitting like the dreams
that have cheered us and gone
Now the nodding wild flowers
may wither on the shore
While her gentle fingers
will cull them no more:
Oh! I sigh for Jeanie
with the light brown hair
Floating, like a vapor,
on the soft summer air
僕はジーニーのことでため息をつくのに、
彼女のきらめきはあふれ出すばかり
甘やかな想いははるか遠く
彼女の原野をめぐり遊ぶ
その微笑みも消え失せ
優しい歌声も飛び去った
夢のようにひらひらと
僕らの慰めだったものは行ってしまった
うなずきかけてくれた野の花も今や
岸辺でしおれてゆく
彼女の優しい指が
摘み取ってくれることももう決してない
ああ、僕はジーニーのことでため息をつく
亜麻色の髪のあのひと
陽炎のように浮かんでる、
柔らかな夏空に

text & tune: Stephen Collins Foster(1826-1864)

このジーニー(ジェニー)とは、当時すでに別居していたフォスターの妻ジェーンのことであろうとされる。本来は「薄茶色(亜麻色)の髪のジーニー」であるが、フォスターの訳詞を多く手掛けた津川主一(1896-1971)によって「夢に見しわがジェニーは、ブロンドの髪ふさふさと…」と訳されて以来、日本では「金髪のジェニー」で定着している。ジェニーと呼びたい場合は「Jenny」になる。

ちなみに、NHK朝のラジオ体操で挿入されてる音楽でもある。

あと亜麻色ってこんな色。




Jan DeGaetani
収録アルバム: A Portrait

おまけ:日本では「金髪のジェニー」をモチーフにしたアニメが二度制作されている。特に「風の中の少女 金髪のジェニー」はフォスターの妻ジェーンの半生をモデルとしたフィクションであるが、随所にフォスターの曲が挿入されている。


「金髪」のイメージが定着してしまったので金髪になっている(まあ白人は髪の色ころころかわるから幼少時は金髪だったかも)。


[PR]
by CockRobin96 | 2018-07-17 11:22 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/28295827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Dream《夢》Pied Pi... Shakespeare & H... >>