Pop! Goes the Weasel《ポン!とイタチが逃げてゆく》


All around the cobbler's bench
The monkey chased the weasel
The monkey thought 'twas all in fun
Pop -- goes the weasel!
作業机のまわりをぐるぐる*1
お猿がイタチを追いかけた
お猿は思う、「ほんのおふざけさ」*2
ポン、とイタチが逃げてゆく

Johnny's got the whooping cough and
Mary's got the measles
That's the way the money goes
Pop -- goes the weasel!
ジョニーは百日咳をひいて
メアリーははしかにかかった
それでお金が逃げてゆく
ポン、とイタチが逃げてゆく

A penny for a spool of thread
A penny for a needle
That's the way the money goes
Pop -- goes the weasel!
糸ひと巻きが1ペニー
針一本が1ペニー
それでお金が逃げてゆく
ポン、とイタチが逃げてゆく

You may try to sew and sew
And never make anything regal
So roll it up and let it go
Pop -- goes the weasel!
縫えるもんなら縫ってみな
王室御用達なんてできやしないさ
だから丸めてほかしちまえ*3
ポン、とイタチが逃げてゆく

A painter would his lover to paint
He stood before the easel
The monkey jumped all over the paint
Pop -- goes the weasel!
絵描きが恋人を描こうとして
イーゼルの前に立っていた
お猿が絵の具の上に飛び上がった
ポン、とイタチが逃げてゆく

When his sweetheart she did laugh
His temper got so lethal
He tore the painting up in half
Pop -- goes the weasel!
すると愛しの彼女は大笑い
絵描きのご機嫌は急降下
絵を真っ二つに引き裂いた
ポン、とイタチが逃げてゆく

My son and I went to the fair
We saw a lot of people
We spent a lot of money there
Pop -- goes the weasel!
息子とおいらはお祭りへ
たくさんの人を見て
たくさんのお金を使っちゃった
ポン、とイタチが逃げてゆく

I got sick from all the sun
My sonny boy got the measles
Still we had a lot of fun
Pop -- goes the weasel!
おいらは日射病にかかったし
坊主ははしかにかかっちまった
でもとっても愉快だったよ
ポン、とイタチが逃げてゆく

I climbed up and down the coast
To find a golden eagle
I climbed the rocks and thought I was close
Pop -- goes the weasel!
海沿いの崖を登ったり下りたり
イヌワシを見つけようと
岩を登ったら「もうすぐそこだ」と思ったね
ポン、とイタチが逃げてゆく

But, alas, I lost my way
Saw nothing but a seagull
I tore my pants and killed the day
Pop -- goes the weasel!
ところが、あらまあ、見失った
見えたのはカモメだけ
ズボンをボロにして一日損した
ポン、とイタチが逃げてゆく

I went to the grocery store
I thought a little cheese'll
Be good to catch a mouse on the floor
Pop -- goes the weasel!
おいらは食料品店へ出かけて行った
小さいチーズがあるかと思って
床のネズミを捕まえるのにいいやつを
ポン、とイタチが逃げてゆく

But the mouse was very bright
He wasn't a mouse to wheedle
He took the cheese and said "Good night"
Pop -- goes the weasel!
ところが小ネズミはとっても賢くて
騙されるタマじゃなかった
チーズだけとって「それじゃおやすみ」
ポン、とイタチが逃げてゆく

All around the cobbler's bench
The monkey chased the weasel
The monkey thought 'twas all in fun
Pop -- goes the weasel!
作業机のまわりをぐるぐる
お猿がイタチを追いかけた
お猿は思う、「ほんのおふざけさ」
ポン、とイタチが逃げてゆく

I've no time to wait and sigh
I've no time to tease-l
Kiss me quick -- I'm off -- goodbye!
Pop -- goes the weasel!
待ち焦がれたりため息ついたり
じらしたりするヒマなんてない
早くキスして、そしたらすぐさよならだ
ポン、とイタチが逃げてゆく

*1 cobbler's benchは靴屋が使う作業台。形は動画を見ればわかる。All around the mulberry bush(桑の木のまわりをぐるぐる)になっていることもある。
*2 in fun=面白半分、ふざけて。
*3 アナ雪で知られるlet it goだが、「手放す」「ほっとく」「あきらめる」という意味でもある。
text & tune: 19世紀英国でダンス音楽として発祥し、英語圏で親しまれている童謡

上記はアメリカで発展したバージョンで、原型に近いイギリスバージョンではこうなっている。本来はお金が入ったはしから飲み代に消えていく様子を皮肉る大人向けの歌詞だった。

Half a pound of tuppenny rice
Half a pound of treacle
That’s the way the money goes
Pop goes the weasel
安物の米が半ポンド*1
糖蜜が半ポンド
それでお金が逃げてゆく*2
ポンとイタチが飛び出した

Up and down the City Road
In and out the Eagle
That's the way the money goes
Pop goes the weasel
シティーロードを行ったり来たり*3
イーグル亭を出たり入ったり*4
それでお金が逃げてゆく
ポンとイタチが逃げてゆく

Every night when I go out,
The monkey's on the table,
Take a stick and knock it off,
Pop! goes the weasel.
おいらが毎晩出る時にゃ
お猿がテーブルの上にいる
棒切れ持って叩き出せ
ポンとイタチが逃げてゆく

*1 tuppenny=two-penny=2ペンス。安っぽいものという意味でもある。
*2 Mix it up and make it nice(かき混ぜおいしくするんだぞ)となっていることもある。米をライスプディングなどのデザートに使うのはイギリスではよくある料理法。
*3 シティロードはロンドンに実在する通り。
*4 イーグル亭も実在する老舗のパブ。当時はミュージックホールでもあった。
b0310887_08083916.jpg

「ポンとイタチが逃げてゆく」(飛び出した、お出ましだとも訳される)という不思議なフレーズについては、様々な説がある。イタチはなんらかの商売道具であり(例えば糸繰り車を「spinner's weasel」という)、Popはpawn(質に入れる)ことで、「商売道具を質入れして飲み食いする」というのがもっとも知られている説である。またお猿は家賃の取り立て人をあらわしているとされる。

1963年から1979年まで放送された幼児向け番組「ロンパールーム」で使われたメロディなので、曲名は知らなくてもメロディは知っている日本人は意外と多いと思われる。また、NHK「みんなのうた」で「いいやつみつけた」のタイトルで紹介されたこともある(歌詞は阪田寛夫の創作)。
ローラ・インガルス・ワイルダーの自伝的児童小説「大きな森の小さな家」で、父さんがバイオリンで演奏する曲としても出てくる。

びっくり箱(英語ではJack-in-the-box)につきもののメロディとしても認識されている。動物人形の襲撃を回避するFive Nights at Freddy's 2というホラーゲームで、びっくり箱の人形の姿をした敵キャラが襲い掛かってくるときのBGMとなっている。このゲームは子供向けレストランが舞台になっているので、ほかにも《ロンドン橋落ちた》《大きなのっぽの古時計》などの有名な童謡が取り入れられている。


Muffin Songs
収録アルバム: Children Hit Songs, Vol. 4

参考文献:

[PR]
by CockRobin96 | 2018-07-05 08:10 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/28415575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Courage the Cow... BROTHERS IN ARM... >>