Hi De Ho Man《ハイディホー・マン》


セサミ・ストリートに出演した時のバージョン ちょっと短い

(Scat)

The hi-de-ho man, that's me
ハイディホー・マンとは俺のこと

How'd you like to blow your top
Dig yourself some fine ree-bop
Hi-de-hi, he-de-he
Oh, the hi-de-ho man, that's me
そうカッカするのはいかがなものかね*1
素敵なビバップでも身に着けなよ*2
ハイ・ディ・ハイ、ヒ・ディ・ヒ
そう、ハイディホー・マンとは俺のこと

*Hi-de hi-de hi-de-hi (Hi-de hi-de hi-de-hi)
 Hey-de hey-de hey-de hey (Hey-de hey-de hey-de hey)
 He-de he-de he-de he (He-de he-de he-de he)
 Hi-de hi-de hi-de-hi (Hi-de hi-de hi-de-hi)

Say I hepped'em in London
I hepped'em in Holland
I hepped'em in gay Paris
Yes sirree, yes sirree
Oh the hi-de-ho man, that's me
そう、俺はロンドンでも大流行*3
オランダでも大流行
花の都パリでも大流行
そうともさ、そうともさ
ハイディホー・マンとは俺のこと

*Scat

Say, Jack, ain't you glad you dug my jive
Looky here, Mitch hand me over that ripe, greasy five
Hi-de-ho, he-de-he
Oh the hi-de-ho man, that's me
ジャック、俺のスウィングは気に入らないかい*4
おいミッチー、ギトギトの手で握手しよう*5
ハイ・ディ・ハイ、ヒ・ディ・ヒ
そう、ハイディホー・マンとは俺のこと

*Scat

Say, Jack, be solid and mellow, be a real groovy fella
And your gonna be just about as sharp as me
Yes sirree, yes sirree
Oh the hi-de-ho man, that's me
さあジャック、すてきなリズムで、ノリノリなジャズマンになれよ*6
そうすりゃ俺みたいにカッコよくなれるさ
そうともさ、そうともさ
ハイディホー・マンとは俺のこと

*Scat

The hi-de-ho man, that's me
そう、ハイディホー・マンとは俺のこと

*1 blow (who's) topは「頭(髪)を逆立てる=怒髪天をつく」。wig、hair、cap、roofなどとにかく頭頂をあらわす単語がよく入る。
*2 dig oneself(自身を掘り下げる)で「猛勉強する、腰を据える」。ちなみに「dig oneself into a hole」で「墓穴を掘る」。ree-bop=bebop
*3 hep=hip。流行に敏感な、ナウいという意味の俗語でもある。
*4 ジャックが誰だか不明。身内ネタだろうか。それとも特定の誰かをさすものではない、「おい相棒」的な呼び方だろうか。dug=dig? dog? このへんちょっとよくわからない。
*5 ミッチーが誰だかも不明。five=五本指、つまり手。ここもこの訳であってるかちょっとわからない。
*6 solid=音楽やリズムがイケてる、mellow=すばらしく魅力的。

text & tune: Cab Calloway(1907-1994), Buster Harding(1917–1965), Jack Palmer(1900–1976)

キャブの代名詞ともいうべき「ハイディホー!」を自らアピールしまくる歌。セサミ・ストリートにもこの歌で出たことがある。

キャブ・キャロウェイ
収録アルバム: Hi De Ho Man

[PR]
by CockRobin96 | 2018-10-09 08:01 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/28706508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ALOHA E KOMO MA... Sweet Betty(Mad... >>