Thou Didst Leave Thy Throne《冠も天の座も》


Thou didst leave Thy throne
and Thy kingly crown,
When Thou camest to earth for me;
But in Bethlehem's home
was there found no room
For Thy holy nativity.
あなたは玉座も
王冠をも置いてきてくださった
わたしのために地上へおいでになった時には。
なのにベツレヘムの宿には
一部屋もなかった
あなたの聖誕を迎えるのに。

*O come to my heart, Lord Jesus,
 There is room in my heart for Thee.
*わが心においでください、主イエスよ
 あなたのためのわが心の部屋に。

Heaven's arches rang
when the angels sang,
Proclaiming Thy royal degree;
But of lowly birth
didst Thou come to earth,
And in great humility.
*Refrain
かつて天上のアーチの鐘が鳴り響き*1
天使たちは歌い
高貴な眷属たちはあなたをほめたたえた。
なのに低き生まれのものとして
あなたは地上においでになった
大いなる謙遜でもって。
*繰り返し

The foxes found rest,
and the birds their nest
In the shade of the forest tree;
But Thy couch was the sod,
O Thou Son of God,
In the deserts of Galilee.
*Refrain
狐たちは寝ぐらがあり
鳥たちには巣がある*2
森の木陰のなかに。
なのにあなたの寝床は草地の上、
ああ、神の御子が
ガリラヤの荒れ野におられるとは。
*繰り返し

Thou camest, O Lord,
with the living word
That should set Thy people free;
But with mocking scorn,
and with crown of thorn,
They bore Thee to Calvary.
*Refrain
主よ、あなたはおいでくださった
生けるみ言葉と共に
あなたの民を解き放つみ言葉と共に。
なのに嘲りと蔑みと共に
いばらの冠と共に
人はカルバリの木にあなたを架けた。*3
*繰り返し

When the heavens shall ring,
and the angels sing,
At Thy coming to victory,
Let Thy voice call me home,
:saying "Yet there is room,
There is room at My side for thee."
かの時には天は鳴り響き
天使たちは歌うでしょう
あなたが勝利すべくおいでになるときには。
どうかわたしをあなたのみ国にお呼びください*4
「まだ部屋はある、
 わたしの傍らがおまえの部屋だ」と。
*繰り返し

My heart shall rejoice, Lord Jesus,
When Thou comest and callest for me.
その時わが心は歓び踊る、主イエスよ
あなたがおいでになり、わたしをおそばに呼んでくださるときには。

*1 鐘とは書いてないがまあ↓みたいなとこに鐘がかかってるイメージ。実は日本には「アーチ」的な建造物がほとんどなかったりする。長崎と沖縄には中国経由で伝わったアーチ橋があったが、橋以外のアーチは知らんなあ。

*2 「狐には穴があり、空の鳥には巣がある。だが、人の子には枕する所もない。」 (ルカによる福音書9:58)より。また、イエスが荒れ野で四十日間断食したというエピソードがある。

*3 カルバリは「ゴルゴタ」のラテン語訳「カルバリア」の英語読み。どちらも「されこうべ」という意味で、イエスはこの名の丘で刑死した。名の由来は、丘のまるっとした形からとも、刑死者の骨が晒されているからとも言われる。
*4 homeは家庭と天国の両方の意味がある。

text: Emily Elizabeth Steele Elliott(1836-1897)  女流作家ジョージ・エリオット(本名はエヴァンス)とは無関係だが、女流讃美歌作者Charlotte Elliott(1789-1871)は彼女のおばにあたる。
tune: Timothy R. Matthews(1826-1910)

聖歌25番では「神のみ子 み栄えと 御座(みくら)を離れ…」で始まる訳詞がある。

讃美歌21による日本語訳詞


Johnson Ferry Choir & Orchestra
収録アルバム: Christmas at Johnson Ferry


日本語版
クロスロード・アカデミー・コーア/東京放送児童合唱団
収録アルバム: 讃美歌21/もろびとこぞりて

by CockRobin96 | 2019-01-31 08:51 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jennywren.exblog.jp/tb/28978928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Eliza Lee《イライザ・リー》 A Guy is a Guy《... >>