<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Battle Announce《バトル時アナウンス》Cuphead



Boss fight start [ボス戦スタート時]
*ランダムに組み合わせてアナウンスされる模様。

(Ready?)
(準備はいいか?)


Here's a real high-class bout!
これはワンランク上のひと勝負だ!

A brawl is surely brewing!
この騒ぎは必ずや一波乱あるぞ!

A great slam and then some!
ただの大ゲンカじゃないぞ!

Good day for a swell battle!
最高のバトルにはもってこいの日だ!

This match will get red hot!
この対決は白熱必至だ!

(Wallop!)
(ぶちかませ!)


Now go!
それ行け!

You're up!
君のターンだ!

Here goes!
さあ行くぞ!

And begin!
始まるぞ!

It's on!
戦闘開始!

Stage completion[ステージクリア]
Knockout! (Boss defeated)
ノックアウト!(ボス撃破時)

Bravo! (Run 'n Gun Stage cleared)
ブラボー!(ラン&ガンステージクリア時)

Victory! (Mausoleum cleared)
大勝利!(霊廟クリア時)

Mausoleum[霊廟戦]
Here comes a spooky bunch!
おっかない連中が来るぞ!

The ghouls are out tonight!
今夜は死霊どもが出てくるぞ!

You failed!
失敗だ!

*霊廟戦のアナウンスは最初なかったが、アップデート後追加。

なお、担当声優はLuke de Ayora。彼はアナウンスの他、ケトル長老グーピィワーナー、サリーも担当している。マジかよ。



KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]
(在庫切れ)


Cuphead (Original Soundtrack)
Kristofer Maddigan

[PR]
by CockRobin96 | 2017-12-25 22:53 | Trackback | Comments(0)

Hark! The Herald Angels Sing《聞け、天使らが歌うみ告げを(天には栄え)》

David Willcocks(1919–2015)によるファンファーレとディスカントアレンジ付き

Hark! the herald angels sing,
"Glory to the new born King,
peace on earth, and mercy mild,
God and sinners reconciled!"
Joyful, all ye nations rise,
join the triumph of the skies;
with th' angelic host proclaim,
"Christ is born in Bethlehem!"
Hark! the herald angels sing,
"Glory to the new born King!"
聞け!天使らが歌うみ告げを、
「新たに生まれし王に栄光あれ、
 地には平和と、柔和な憐れみあれ、
 神と罪びととが和らぎあった!」と
歓びあふれ、よろずの国びとよ身を起こし
空中の凱旋に連なれ、
天使らの大軍の高らかな声に合わせよ
「キリストはベツレヘムにて生まれ給えり!」と
聞け!天使らが歌うみ告げを、
「新たに生まれし王に栄光あれ!」と

Christ, by highest heaven adored;
Christ, the everlasting Lord;
late in time behold him come,
offspring of a virgin's womb.
Veiled in flesh the Godhead see;
hail th' incarnate Deity,
pleased as man with man to dwell,
Jesus, our Emmanuel.
Hark! the herald angels sing,
"Glory to the new born King!"
キリスト、いと高き天にて崇められるお方、
キリスト、とこしえの主よ
長らく待たれていた主の来られるのを見よ、
おとめの胎内より生まれ出づるお方を
肉体を纏った神性にまみえよ、*1
神格の受肉に歓呼せよ
快く人のうちに住まう人となられた、
イエス、我らがインマヌエルを*2
聞け!天使らが歌うみ告げを、
「新たに生まれし王に栄光あれ!」と

Hail the heaven-born Prince of Peace!
Hail the Sun of Righteousness!
Light and life to all he brings,
risen with healing in his wings.
Mild he lays his glory by,
born that man no more may die,
born to raise the sons of earth,
born to give us second birth.
Hark! the herald angels sing,
"Glory to the new born King!"
めでたし、天より降(くだ)されし平和の君よ!*3
めでたし、義の太陽よ!
主は光と命を万物にもたらし、
癒しのみ翼とともに昇られる
その日差しは栄光ゆえに柔らかく、
もはや決して死なない人としてお生まれになる
主は地の子らを起こすべくお生まれになり、
我らを再び産まれさせるべくお生まれになる
聞け!天使らが歌うみ告げを、
「新たに生まれし王に栄光あれ!」と

*1 「言(ことば)は肉となって、わたしたちの間に宿られた。」(ヨハネによる福音書 第1章14節)より。
*2 ヘブライ語で「神は我らと共にある」の意。キリストの別称にも使われる。参照↓

*3 「ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。権威が彼の肩にある。その名は、『驚くべき指導者、力ある神/永遠の父、平和の君』と唱えられる。」(イザヤ書9:5)より。


text: Charles Wesley(1707-1788)
tune: Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy(1809-1847)

原曲は、1840年に印刷術発明400年記念祝典のために作曲された男声合唱と管弦楽のためのカンタータ「Festgesang(祝典歌)」(別名「Gutenberg Cantata(グーテンベルク・カンタータ)」の第2曲。しかしウェスレーのクリスマス聖歌の方が有名になってしまったので、原曲原詩で歌われることはドイツですらめったになくなってしまった。
なお、作詞者のチャールズ・ウェスレーはメソジスト派の創始者ジョン・ウェスレーの弟。数千もの賛美歌の歌詞を作ったことでも知られる。音楽好きは子孫にも受け継がれ、息子、孫息子も作曲家となっている

「あめには栄え み神にあれや、
地(つち)にはやすき 人にあれや」と、
みつかいたちの たたうる歌を
ききてもろびと 共によろこび、
今ぞ生まれし 君をたたえよ。

さだめたまいし 救いのときに、
神の御座(みくら)を はなれて降(くだ)り、
いやしき賤(しず)の 処女(おとめ)にやどり、*
世びとのなかに 住むべき為に、
今ぞ生まれし 君をたたえよ。

あさ日のごとく かがやき昇り、
みひかりをもて 暗きを照らし、
つちよりいでし 人を活かしめ、
つきぬいのちを 与(あと)うるために、
今ぞ生まれし 君をたたえよ。

*現在は「聖霊(みたま)によりて おとめにやどり」と置き換えられる。

ボッティチェリ「神秘の降誕」
b0310887_22242997.jpg

Choir of King's College, Cambridge/Philip Jones Brass Ensemble/Ian Hare/Sir David Willcocks
収録アルバム: Carols from King's College, Cambridge - 25 of the most popular carols

[PR]
by CockRobin96 | 2017-12-24 10:21 | Trackback | Comments(0)

Mary's Lullaby《マリアさまの子守唄》


See the child that Mary bore
On her lap so softly sleeping
In a stable cold and poor
Ox and ass their vigil keeping
マリアさまが生んだ幼な子を見てごらん
おとめにふんわり抱かれて眠ってる
寒くみすぼらしい馬小屋の中
牛とロバが眠らずに見守ってる*1

*Sing lullaby, sing lullaby
My own dear son, my child
Lullaby, sing lullaby
Lullaby, my little baby
*ねんねんよ、おころりよ
 愛しいわが息子、わたしの子よ
 ねんねんころり、
 ねんねよ、わたしの赤ちゃん

Flights of angels round his head
Sing him joyful hymns of greeting
Peace on earth, goodwill to men
Each to each the song repeating
*Refrain
幼な子の頭を巡って天使たちが飛びまわる
喜ばしげに賛美歌を歌いながら
地には平和あれ、人には恵みあれと
お互いに歌を繰り返してる
*繰り返し

Shepherds kneeling by his bed
Offer homage without measure
Wise men, by a bright star led
Bring him gifts of richest treasure
*Refrain
羊飼いたちが幼な子の寝床にひざまずき、*2
計り知れないほどの敬愛を献げる
輝く星に導かれた賢者たちが*3
豪華な宝物を贈り物として持ってくる
*繰り返し

*1 参照↓

*2 参照↓

*3 参照↓

text & tune: John Rutter (1945- )

ララバイ(ルラバイ)は、よく子守唄と訳されるが、日本の「ねんねんよ」「おころりよ」などに相当するあやし言葉でもある。

ブーシェ「聖母子と聖ヨハネ」
b0310887_15364184.jpeg

Choir of Clare College, Cambridge & Orchestra of Clare College, Cambridge & ジョン・ルッター
収録アルバム: 「キングズ・カレッジ/きよしこの夜~25のヒーリング・キャロル」

[PR]
by CockRobin96 | 2017-12-20 10:54 | Trackback | Comments(0)

Twelve Days of Christmas《クリスマスの十二日》Canadian Brass


On the first day of Christmas my true love gave to me
Some brass music on a CD.
クリスマスの一日目に、恋人がわたしにくれたのは
CDに入った吹奏楽の曲

On the second day of Christmas the CD played for me
Samuel Scheidt's Galliard,
Baroque brass music on a CD.
クリスマスの二日目に、CDが聞かせてくれたのは
ザムエル・シャイトのガリアルド、*1
CDに入ったバロック吹奏楽の曲

On the third day of Christmas the CD played for me
Purcell's trumpet tune
(also by Jeremiah Clarke),
Samuel Scheidt's Galliard,
Baroque brass music on a CD.
クリスマスの三日目に、CDが聞かせてくれたのは
パーセルのトランペット曲
(もしかするとジェレマイア・クラーク)、*2
ザムエル・シャイトのガリアルド、
CDに入ったバロック吹奏楽の曲

On the fourth day of Christmas the CD played for me
Johann Sebastian Bach,
Purcell's trumpet tune,
Samuel Scheidt's Galliard,
Baroque brass music on a CD.
クリスマスの四日目に、CDが聞かせてくれたのは
ヨハン・セバスチャン・バッハ、*3
パーセルのトランペット曲、
ザムエル・シャイトのガリアルド、
CDに入ったバロック吹奏楽の曲

On the fifth day of Christmas the CD played for me
George Frideric Handel,
J.S. Bach,
Purcell or Clarke,
Galliard by Scheidt,
Classic brass music on a CD.
クリスマスの五日目に、CDが聞かせてくれたのは
ジョージ・フリデリック・ヘンデル、*4
J・S・バッハ、
パーセルもしくはクラーク、
シャイトのガリアルド、
CDに入ったクラシック吹奏楽の曲

On the sixth day of Christmas the CD played for me
Mozart's Horn Concerto,
George Frideric Handel,
J.S Bach,
Purcell or Clarke,
Galliard by Scheidt,
Classic brass music on a CD.
クリスマスの六日目に、CDが聞かせてくれたのは
モーツァルトのホルン協奏曲、*5
ジョージ・フリデリック・ヘンデル、
J・S・バッハ、
パーセルもしくはクラーク、
シャイトのガリアルド、
CDに入ったクラシック吹奏楽の曲

On the seventh day of Christmas the CD played for me
Papa Haydn's trumpets,
Mozart's Horn Concerto,
George Frideric Handel,
J. S Bach,
Purcell or Clarke,
Galliard by Scheidt,
Classic brass music on a CD.
クリスマスの七日目に、CDが聞かせてくれたのは
パパ・ハイドンのトランペット、*6
モーツァルトのホルン協奏曲、
ジョージ・フリデリック・ヘンデル、
J・S・バッハ、
パーセルもしくはクラーク、
シャイトのガリアルド、
CDに入ったクラシック吹奏楽の曲

On the eighth day of Christmas the CD played for me
Rossini's famous tune,
Papa Haydn's trumpets,
Mozart's Horn Concerto,
George Frideric Handel,
J. S Bach,
Purcell or Clarke,
Galliard by Scheidt,
Classic brass music on a CD.
クリスマスの八日目に、CDが聞かせてくれたのは
ロッシーニの有名なメロディ、*7
パパ・ハイドンのトランペット、
モーツァルトのホルン協奏曲、
ジョージ・フリデリック・ヘンデル、
J・S・バッハ、
パーセルもしくはクラーク、
シャイトのガリアルド、
CDに入ったクラシック吹奏楽の曲

On the ninth day of Christmas the CD played for me
Heroic theme by Wagner,
Rossini's famous tune,
Papa Haydn's trumpets,
Mozart's Horn Concerto,
George Frideric Handel,
J.S. Bach,
Purcell or Clarke,
Galliard by Scheidt,
famous brass music on a CD.
クリスマスの九日目に、CDが聞かせてくれたのは
ワーグナーの英雄的テーマ、*8
ロッシーニの有名なメロディ、
パパ・ハイドンのトランペット、
モーツァルトのホルン協奏曲、
ジョージ・フリデリック・ヘンデル、
J・S・バッハ、
パーセルもしくはクラーク、
シャイトのガリアルド、
CDに入った有名な吹奏楽の曲

On the tenth day of Christmas the CD played for me
Tchaikovsky's big brass band,
Wagner and the Ring,
Rossini's famous tune,
Papa Haydn's trumpets,
Mozart's Horn Concerto,
George Frideric Handel,
J.S. Bach,
Purcell or Clarke,
Galliard by Scheidt,
Famous brass music on a CD.
クリスマスの十日目に、CDが聞かせてくれたのは
チャイコフスキーの大吹奏楽団、*9
ワーグナーと「指環」、
ロッシーニの有名なメロディ、
パパ・ハイドンのトランペット、
モーツァルトのホルン協奏曲、
ジョージ・フリデリック・ヘンデル、
J・S・バッハ、
パーセルもしくはクラーク、
シャイトのガリアルド、
CDに入った有名な吹奏楽の曲

On the eleventh day of Christmas the CD played for me
A ragtime tune by Joplin,
Tchaikovsky's big brass band,
Wagner and the Ring,
Rossini's famous tune,
Papa Haydn's trumpets,
Mozart's Horn Concerto,
George Frideric Handel,
J.S. Bach,
Purcell or Clarke,
Galliard by Scheidt,
Brilliant brass music on a CD.
クリスマスの十一日目に、CDが聞かせてくれたのは
ジョプリンのラグタイム、*10
チャイコフスキーの大吹奏楽団、
ワーグナーと「指環」、
ロッシーニの有名なメロディ、
パパ・ハイドンのトランペット、
モーツァルトのホルン協奏曲、
ジョージ・フリデリック・ヘンデル、
J・S・バッハ、
パーセルもしくはクラーク、
シャイトのガリアルド、
CDに入った有名な吹奏楽の曲

On the twelfth day of Christmas the CD played for me
A world famous march by John Philip Sousa,
And a ragtime tune by Joplin,
Big brass by Tchaikovsky,
Wagner and the Ring,
Heigh ho to Rossini,
Papa Haydn's trumpets,
Mozart's Horn Concerto,
George Frideric Handel,
J.S. Bach,
Henry Purcell,
Galliard by Scheidt,
Great brass music on CD.
クリスマスの十二日目に、CDが聞かせてくれたのは
世界一有名なジョン・フィリップ・スーザのマーチ、*11
ジョプリンのラグタイム、
チャイコフスキーの大吹奏楽、
ワーグナーと「指環」、
ロッシーニのハイ・ホー、
パパ・ハイドンのトランペット、
モーツァルトのホルン協奏曲、
ジョージ・フリデリック・ヘンデル、
J・S・バッハ、
ヘンリー・パーセル、
シャイトのガリアルド、
CDに入った偉大な吹奏楽の曲

*1 ドイツの音楽家シャイト (1587-1654)のBattle Suite《戦いの組曲》のうちの第一曲、Galliard Battaglia《戦いのガリアルド(ガリヤード)》。
*2 Jeremiah Clark(1674-1707)のチェンバロ曲Prince of Denmark's March (Trumpet Voluntary)《デンマーク王子の行進(トランペット・ヴォランタリー)》を、パーセルがトランペット用にアレンジしたもの。よく結婚式に使われる。
*3 もちろんかの大バッハのToccata und Fuge in d-Moll《トッカータとフーガ ニ短調》BWV565。
*4 英語読みだと本当は「ハンデル」。オラトリオMessiah《メサイア》のThe trumpet shall sound《ラッパが鳴り響き》から。
*5 モーツァルトのホルン協奏曲は第一から第四まであり、これはそのうちの第四番第三楽章の「狩りのロンド」。ホルン曲は気のおけない友人だったホルンの名手Joseph Leitgeb(1732-1811)に捧げられたもので、第二番の直筆楽譜には「ろば・牡牛・馬鹿のロイトゲープを憐れんで」というふざけた献辞がある。
*6 Franz Joseph Haydn(1732-1809)のトランペット協奏曲のこと。現在のドイツ国歌の原曲を手がけたことで知られる。モーツァルトなどには「パパ」とあだ名され慕われた。pixiv百科事典の彼の項目は妙に力作で笑える
*7 Gioachino Antonio Rossini(1792-1868)のWilliam Tell Overture《ウィリアム・テル序曲》 より第四楽章「スイス軍の行進」。よく運動会に使われてるあれ。稼ぐだけ稼いだらさっさと引退して趣味に励んだイタリア人の鑑。
*8 もちろんWilhelm Richard Wagner(1813-1883)のDer Ring des Nibelungen《ニーベルングの指環》のうちDie Walküre《ヴァルキューレ》。「ワルキューレの騎行」の名でも知られる。
*9 最近チャイコちゃんとか呼ばれているPeter Ilyich Tchaikovsky(1840-1893)のТоржественная увертюра (1812 год)《序曲(1812年)》より。通称「大序曲」。コマさんの声で喋る甘ロリ美少女に罵倒されたい。なお、フルオケでやると本物の大砲が編成に入るやべー曲であることでも知られる。

*10 「ラグタイム」とは20世紀初頭のアメリカで大流行したピアノ音楽。中でも「ラグタイムの王様」と呼ばれたScott Joplin(1868-1917)はおびただしい数のラグタイムを作曲したことで知られる。これは最も有名な曲の一つThe Entertainer《エンターテイナー》。
*11 スーザ(1854-1932)のStars and Stripes Forever《星条旗よ永遠なれ》。マーチを山ほど作曲したので「マーチ王」と呼ばれた。

text & tune: 英語圏でよく知られる民謡The Twelve Days of Christmas《クリスマスの十二日》の、カナディアン・ブラスによる吹奏楽アレンジ。
めっちゃ頑張って原曲調べたので褒めてください。

カナディアン・ブラス & エルマー・イーズラー・シンガース & Lydia Adams & アーロン・デイヴィス & デビッド・グレイ
収録アルバム: カナディアン・ブラス・クリスマス


[PR]
by CockRobin96 | 2017-12-19 11:27 | Trackback | Comments(0)