タグ:Calloway ( 6 ) タグの人気記事

The Lady With The Fan《扇を持ったレディ》


She's the lady with the fan,
When she comes by, hold your man,
She made Smoky Joe so ginny
He forgot about his Minnie.
She's the lady with the fan!
あの娘は扇を持ったレディ
あの娘が現れると、男はみんな釘付け
あの娘はスモーキー・ジョーをジン浸りにしちゃった*1
ミニーを忘れようとして*2
あの娘は扇を持ったレディ

She's the lady with the fan,
Can she dance? Yeah, man!
Every wiggle gets a giggle
From the hick who pays a nickel.
To see the lady with the fan!
あの娘は扇を持ったレディ
踊れるのかって? もちろん!
他の踊り手はみんな笑いもの
いなかっぺも小銭を握りしめてやってくる
扇をもったレディを見ようと!

She's the lady with the fan,
(She's the lady with the fan,)
She's such a grand attraction,
She put lazy-bones in action,
She's the lady with the fan!
あの娘は扇を持ったレディ
(あの娘は扇を持ったレディ)
あの娘はあんなにも魅力的
怠け者でもハッスルさせる
あの娘は扇を持ったレディ

She's the lady with the fan,
(She's the lady with the fan,)
In fair or stormy weather,
She shakes them both together,
She's the lady with the fan!
あの娘は扇を持ったレディ
(あの娘は扇を持ったレディ)
いい天気だろうが大荒れ模様だろうが
あの娘はみんなまとめてよろめかす
あの娘は扇を持ったレディ

*1 キャロウェイの創作した一連の曲に登場する、キャロウェイの分身らしき男。
*2 キャロウェイの代表作《ミニー・ザ・ムーチャー》その人で、スモーキー・ジョーの恋人。この「扇を持ったレディ」こそが出世した彼女なのか、別の女なのかよくわからない。

text & Al Brackman(?-?) / Cab Calloway(1907-1994)
tune: Jeanne Burns(?-?)

キャブ・キャロウェイのハイ・ディ・ホー!」の劇中歌として歌われたバージョン。


キャブ・キャロウェイ
収録アルバム: And All That Jazz - Cab Calloway

[PR]
by CockRobin96 | 2018-08-21 12:15 | Trackback | Comments(0)

The Ghost Of Smokey Joe《スモーキー・ジョーの亡霊》


You didn't see me climb through the window
Nobody had to open that door
I just climb right through the wall
and I want you one and all
To stand aside and let me have the floor
窓を越えて忍び込む俺の姿は人には見えない
誰かに扉を開けてもらうこともない
俺は壁をすり抜けて忍び込む*1
俺がみんなにして欲しいことは
脇へどいて俺に話をさせてくれること*2

Take a look, I'm not such a stranger
Here's a face you cokies all ought to know
You can tell me I'm not wanted,
but the joint will still be haunted
'Cause I'm the ghost of Smokey Joe
よく見てくれ、俺はよそ者なんかじゃない
この顔はジャンキーならみんな知ってるはず
俺にいて欲しくないならそう言ってもいい
でもこの場所は祟られたままになる
俺はスモーキー・ジョーの亡霊だから

Remember when I kicked the bucket
In my mansion up on Strivers' Row
When they came and took me off in
A zillion dollar coffin
'Cause I'm the ghost of Smokey Joe
俺がくたばった時のことを忘れないでくれ*3
ストライヴァーズ・ロウの俺のマンションでのこと*4
みんなが来て俺を運び出し
億万長者のひつぎに納めた
俺はスモーキー・ジョーの亡霊だから

Tell me, do you remember Minnie?
(Yeah, we remember Minnie)
That frail I never found
聞かせてくれ、ミニーのことを覚えてるかい?*5
(ああ、ミニーのことを覚えてるよ)
二度と見つからないような俺のいい女

You never recognize your Minnie
(You never recognize your Minnie)
You mean to say that Minnie
Quit kickin' the gong around?
お前はもうミニーの顔がわからないんだね
(お前はもうミニーの顔がわからないんだね)
お前が言ってるのはミニーのことだろう
アヘンを吸うのはきっぱりやめたあの娘

I got a date on my estate down in Hades
Call my chariot so I can go
And should the moocher walk in
Just tell her you've been talkin'
To the ghost of Smokey Joe
地獄の俺の屋敷でデートの予定がある*6
車を呼んでくれたら俺はもう行くよ*7
はぐれ屋のあの娘がここにやってきたら
彼女に聞かせてやってくれ
スモーキー・ジョーの亡霊と話したことを

Yes, I remember Minnie
She's that frail I never found
そうだ、俺はミニーのことを忘れない
もう二度と見つからないようないい女

You mean to say that Minnie
Quit kickin' the gong around?
お前が言ってるのはミニーのことだろう
アヘンを吸うのはきっぱりやめたあの娘

I got a date on my estate down in Hades
Call my chariot so I can go
And should the moocher walk in
Just tell her you've been talkin'
To the ghost of Smokey Joe
地獄の俺の屋敷でデートの予定がある
車を呼んでくれたら俺はもう行くよ
はぐれ屋のあの娘がここにやってきたら
彼女に聞かせてやっておくれ
スモーキー・ジョーの亡霊と話したことを

*1 climb throughとright throughの複合。
*2 floorには発言権というような意味もある。
*3 kick the bucketは直訳すると「バケツを蹴る」という意味だが、「くたばる」のぞんざいな表現。首吊り自殺のときに踏み台がわりにしたバケツを蹴飛ばすことに由来するという説がある。スモーキー・ジョーは自殺したともとれる。
*4 「努力家通り」とも訳される、ニューヨークの高級住宅街。特に、社会的に成功した黒人が居を構えていたことで知られる。この周辺はセント・ニコラス歴史地区と呼ばれ、観光地になっている。ということはジョーは成功して大金持ちになったということになるが、ジョーがキャブの分身であると解釈すれば意外でもない。
*5 ミニー・ザ・ムーチャー及びキャブの創作曲に登場するヒロインで、スモーキー・ジョーの恋人。意外にもその後アヘンから立ち直ったらしい。


*6 ハデスは本来冥府の神の名だが、転じて地獄そのものも指す。
*7 アメリカでは死者を迎えに来るものといえば「チャリオット」と相場が決まっている。


text & tune: Cab Calloway(1907-1994)




キャブ・キャロウェイ
収録アルバム: Cab Calloway and His Orchestra 1939-1940

[PR]
by CockRobin96 | 2018-03-06 20:29 | Trackback | Comments(0)

The Scat Song《スキャット・ソング》

スキャットなしバージョン

スキャットいりバージョン

When your sweetie tells you
Everything'll be okay
かわいこちゃんにこれを聞かせれば
何もかもがうまくいく

Just skeep-beep de bop-bop beep bop bo-dope
Skeetle-at-de-op-de-day

If you feel like shoutin'
Advertise it just this way
叫びたい気分だったら
このやり方でアピールしなよ

And skeep-beep de bop-bop beep bop bo-dope
Skeetle-at-de-op-de-day

Don't give a hang
What words you use at any time
Sing this silly language
Without any reason or rhyme
ちっとも気にすることなんかないさ*1
いつどんな言葉を使おうが
ヘンテコ言葉で歌いなよ
理由も詩韻もいりやしない

When you face the preacher
There's only one thing to say
説教師とご対面したら
こう言うしかないね

Just skeep-beep de bop-bop beep bop bo-dope
Skeetle-at-de-op-day

*1 a hangは「a damn」より軽い表現。not give (care) a hangで「ちっともかまわない、心配しない」

text & tune: Anthony De Wayne Perkins(?-?), Cab Calloway(1907-1994), Mitchell Parish(1900–1993)

スキャットはもともとサッチモことルイ・アームストロングが、歌詞を忘れた代わりに意味のない言葉で歌ったら受けたのが始まりとされている。多分今のキッズは知らないこのCMの「ダバダ~」もスキャットの一種。

スキャットが入るバージョンと、スキャットの代わりに奏楽が入るバージョンがある。
ベティさんの「山の老人」の最後で使われているのがこの曲。
5:25~


Cab Calloway
収録アルバム: Minnie The Moocher


Cab Calloway
収録アルバム: Cab Calloway


[PR]
by CockRobin96 | 2018-02-18 20:45 | Trackback | Comments(0)

Zah Zuh Zaz《ザ・ズ・ザ》



Cupheadファンによるアニメーションつきバージョン
カップヘッドの中ボスキング・ダイスのモデルがキャブ・キャロウェイであるとされることから
ちなみにこれはキャブが主役のショートフィルム「キャブ・キャロウェイのハイ・ディ・ホー!」の劇中歌として歌われたもの

Now, here's a very entrancing phrase,
It will put you in a daze,
To me it don't mean a thing,
But it's got a very peculiar swing!
さあ、素敵にうっとりさせられるこの文句、
きっとみんなをくらくらさせてしまう
僕にとっちゃ何か意味があるわけじゃないけど
おかしなほどスウィングしてしまう!

Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay!

Now, zaz-zuh-zaz was handed down
From a bloke down in Chinatown;
It seems his name was Smoky Joe,
And he used to hi-de-hi-de-ho.
さて、「ザ・ズ・ザ」というのは受け売りで*1
チャイナタウンの盛り場のある男から聞いたもの
そいつの名はスモーキー・ジョーというらしい*2
そいつはハイ・ディ・ホーなやつだった*3

Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay!

When Smoky Joe came into town
And he kicked the gong around,
Any place that he would go
Minnie the Moocher she was sure to go,
スモーキー・ジョーは街に来ては
アヘンを吸ってたものだった、
彼の行くところどこにでも
はぐれミニーもきっとついていった*4

With her zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay!

It makes no difference where you go,
There's one thing that they sure do know:
There's no need for them to be blue,
'Cause the zaz-zuh-zaz will always see them through!
どこへ行こうと変わりゃしない、
それが誰もが確かに知っているただひとつのこと
だからってブルーになることなんてない
だって「ザ・ズ・ザ」がいつだって乗り切ってくれるだろうから*5

Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zaz,
Zaz-zuh-zaz-zuh-zay!

*1 hand downで受け継ぐ、言い伝える、残す。またはおさがり。
*2 キャブの一連の曲に登場するキャラクター。あるいはキャブ自身の分身かもしれない。ミニーの恋人でアヘン中毒者だが、この曲では陽気でノリのいい性格が強調されている。
*3 hi-de-hoはキャブの代名詞ともいうべきスキャット(掛け声)。
*4 もちろんミニー・ザ・ムーチャーのこと。

*5 see throughは透けて見える、見破る、切り抜ける、やり抜くなど様々な意味がある。

text & tune: Cab Calloway(1907-1994)/ Harry White (1898–1962)

キャブ・キャロウェイ
収録アルバム: The 25 Best Songs


アニメで使ってるちょっと短いバージョンの方
キャブ・キャロウェイ
収録アルバム: On Film

[PR]
by CockRobin96 | 2018-02-17 12:02 | Trackback | Comments(0)

Kicking The Gong Around《アヘンを吸いながら》


It was down in Chinatown,
All the cokies laid around,
Some were high and some were mighty low,
Count millions on the floor
When a knock came on the door,
And there stood old Smoky Joe.
チャイナタウンの真ん中で*1
中毒者たちがごろごろしているところ、
ハイなやつもいればすっかり鬱なやつもいる
床の上に数えきれないほど人がいて
そのとき扉を叩くものが来た、
そこに立っていたのは老けこんだスモーキー・ジョー

He was sweatin', cold and pale,
He was lookin' for his frail,
He was broke and all his junk ran out,
As he stood and looked around,
Nobody made a sound,
And then you hear old cokiy shout:
男は汗まみれで、冷え切って青ざめてた
男は自分のかわいい女を探してた*2
男は文無しでヤクも使い果たしてた
男が立ち尽くしてあたりを見回す間、
誰ひとり音をたてるものはなかった
そして老スモーキー・ジョーの叫びが聞こえた

"Tell me where is Minnie?
(Where is Minnie?)
I want Minnie!
(You want Minnie!)
Has she been here,
Kicking the gong around?"
「教えてくれよ、ミニーはどこだ?
(ミニーはどこだ?)
 ああ、ミニーが恋しい!*3
(ミニーが恋しいんだね)
 ここにいたんだろう、
 アヘンを吸いながら?」

"If you don't know Minnie,
(You don't know Minnie)
Oh, she's tall and skinny,
(Tall and skinny)
She gets her pleasure
Kicking the gong around!"
「ミニーのことを知らないなら、
(ミニーのことを知らないんだね)
 そう、あの娘は背が高くて痩せっぽちで、
(背が高くて痩せっぽち)
 あの娘が好きなのは、
 アヘンを吸うこと!」

(Scat)

"You just tell her Smoky Joe
Was here and had to go."
「あの娘に言ってくれ、スモーキー・ジョーが
 ここにいたけど行っちまったって」

And as he departed,
(As he departed)The curtains parted,
(The curtains parted)And there was Minnie
Kickin' the gong around!
男が立ち去ったとき、
カーテンがひらいた
ミニーがそこにいた、
アヘンを吸いながら!

*1 down-townで繁華街、街の中心。ごっつええ感じ。
*2 frailはミニーの形容詞の一つ。frail eelだと黒人スラングで「かわいい女、いい女」。客に騙されて無料で相手をしてしまう新米娼婦という意味もある。
*3 バージョンによっては「My poor Minnie! (Your poor Minnie!)」となっていることもある。

text & tune: Cab Calloway(1907-1994)

キャブの代表曲であるMinnie the Moocher《ミニー・ザ・ムーチャー》の続編にあたる曲。スモーキー・ジョーにアヘンを教わったミニーは、恋人のこともよくわからないほど朦朧となっている。一方文無しになったためアヘンが使えなくなったジョーは禁断症状を呈している(発汗、悪寒は禁断症状のひとつ)。
アヘン窟は当時、世界中チャイナタウンがあるところならどこにでもあるほど一般的であった。

キャロウェイ本人ではないっぽいが、ヴァン・ビューレンスタジオ制作のアニメ「Fly Frolic(ハエの大はしゃぎ)」で、虫たちのカフェに乱入したクモがこの歌を歌うシーンがある。(3:18~)
キャブ・キャロウェイ
収録アルバム: Masters of Jazz - Cab Calloway

[PR]
by CockRobin96 | 2018-02-13 11:11 | Trackback | Comments(0)

Minnie the Moocher《ミニー・ザ・ムーチャー》

ベティの家出版

ブルース・ブラザーズの劇中歌

Folks, Now here's the story 'bout Minnie the Moocher,
She was a red-hot hootchie-cootcher,
She was the roughest, Toughest frail,
But Minnie had a heart as big as a whale
皆の衆よ、これがはぐれミニーの物語*1
その娘はお熱い踊り子で*2*3
最高にガサツでタフな突き出し女*4
でもミニーはクジラみたいにでっかい心の持ち主だった

Ho-de-ho-de-ho,
(Ho-de-ho-de-ho,)
Hi-de-hi-de-hi-de-hi,
(Hi-de-hi-de-hi-de-hi,)
He-de-he-de,
(He-de-he-de,)
Ho-de-ho-de-ho,
(Ho-de-ho-de-ho)

She messed around with a bloke named Smoky,
She loved him though he was cokie,
He took her down to Chinatown,
He showed her how to kick the gong around,
(Showed her how to kick the gong around)
ミニーがいちゃつく野郎はスモーキーという名だった*5 *6
ミニーはスモーキーが大好きだったけど、奴はジャンキーだった
奴はミニーをチャイナタウンへ連れてって
アヘンの吸い方を教えてやったのさ*7

Hi-de-hi-de-hi-de-hi-de-hi-de-hi-de-hi,
(Hi-de-hi-de-hi-de-hi-de-hi-de-hi-de-hi,)
He-de-he-de-he-de-he-de-he-de-he,
(He-de-he-de-he-de-he-de-he-de-he,)
Ho-de-ho-he-doddy-hay, (Ho-de-ho-he-doddy-hay,)
Ho-de-ho-de-ho, (Hi-de-hi-de-ho)

Now, she had a dream about the king of Sweden,
He gave her things that she was needin',
He gave her a home built of gold and steel,
A diamond car with a platinum wheel
ミニーが夢見たのはスウェーデンの王様のこと
王様はミニーが欲しいものをなんでもくれた
王様は金と鋼鉄で建てた家もくれた
プラチナの車輪のついたダイヤモンドの車も

Oh, skip-bop-doop-bop-lay-de-doo,
(Oh, skip-bop-doop-bop-lay-de-doo, )
Skee-bop-de-google-eet-skee-bop-de-goat,
(Skee-bop-de-google-eet-skee-bop-de-goat, )
Skeet-dot'n-dot'n-dot'n-dot'n-dottee-oh,
(Skeet-dot'n-dot'n-dot'n-dot'n-dottee-oh, )
Hi-de-hii-de-ho,
(Hi-de-hii-de-ho)

Now, He gave her his townhouse and his racing horses,
Each meal she ate was a dozen courses,
She had a million dollars worth of nickels and dimes,
And she sat around and counted them all a billion times
王様がくれたのはお屋敷に競走馬
ミニーが食べたのは12コースもの料理
ミニーが持つのは億万長者くらいのニッケル貨や小銭*8
それを無限に数える以外何もしなかった*9

Ho-de-ho-de-ho,
(Ho-de-ho-de-ho,)
Hi-de-hi-de-hi,
(Hi-de-hi-de-hi)

*1 moocherは浮浪者、せびり屋、騙されやすいカモ、ヤク中などの意味がある。ミニーちゃんはその全部でもある。かわいそう。
*2 red hotはセクシーという意味もある。
*3 hootchy-kootchyとも。腰をくねらせるベリーダンサーのことだが、性的にそそる女という意味でもある。
*4 frailは脆い、か弱いという意味だが、男に騙されて金を取らずに相手してしまう新米娼婦のことも指す。ダメじゃん。また「俺のいい女」「かわいい女」のことも言う。
*5 mess around with...で(性的に)いちゃつく、困らせる、ふざけあう、弄ぶという意味がある。ミニーがスモーキーに懐いてつきまとっていたという意味かもしれない。
*6 smokyは煙たい、ススまみれという意味だが、黒人、アヘン常習者という意味もある。フルネームはSmoky Joeとされ、他にもZah Zuh Zaz《ザ・ズ・ザ》、Kicking the Gong Around《アヘンを吸いながら》、Ghost of Smokey Joe《スモーキー・ジョーの亡霊》にも登場する。ちなみにblokeは「あの男」「奴」という意味だが、コカイン(coke)と韻を踏む言葉でもある。
*7 kick the gong aroundで「アヘンを吸う」。アヘン窟へ入る時に銅鑼でも叩いたのか?
*8 お札とか金貨とか見たことないから想像できないんだね。かわいそう。
*9 sit aroundで「何もせずぼーっとしている」。アヘンで完全にぶっ飛んでしまっている。

text & tune: Cab Calloway(1907-1994)

バージョンによっては、最後に「Poor Min(かわいそうなミニー・ミン)」という歌詞がつく。
あとものすごいスラングまみれで絶対教育上よろしくない。
意外にも、Ghost of Smokey Joe 《スモーキー・ジョーの亡霊》でその後アヘンから立ち直ったらしいことがうかがえる。

キャブは1930~1940年代にかけて一世を風靡したアフリカ系アメリカ人のジャズシンガーであり、バンドリーダー。当時の様子は映画『コットン・クラブ』でうかがうことができる(キャブのそっくりさんも劇中歌に登場している)。父は弁護士、母はオルガニストという恵まれた家庭に育ち、音楽の教育を受け、姉のブランチと共にジャズシンガーへの道を邁進する。ルイ・アームストロングに教えてもらったスキャット唱法を多用する独特の芸風により「ハイディホー・マン」というあだ名がついた。ベティのアニメの他、音楽番組や音楽映画にも多数出演し、多くの映像記録が残っている。サンキューキャブ。
1950年以降は映画や演劇にステージを移し、1980年以降は映画『ブルース・ブラザーズ』及び子供向け番組『セサミ・ストリート』でリバイバルする。86歳で家族に見守られ逝去するという充実した人生であった。彼の功績をたたえ、彼の名を冠した奨学金基金やアートスクール、オーケストラが設立されている。

あまりに音楽記録が多いので、これはそのうちの1バージョンに過ぎない。
色々聴き比べてみても面白いかもしれない。
Cab Calloway Cotton Club Orchestra
収録アルバム: Inspired By The Motion Picture "Cotton Club"


おまけ:キャブが活躍した、従業員やエンターテイナーは全て黒人で客は全て上流階級の白人というナイトクラブ「コットンクラブ」を舞台に、己の才能を武器にのしあがりを目指す若者たちの群像と当時の世相を活写したコッポラ監督の映画。


おまけその2:あらゆるアメリカ音楽をオマージュした、あらすじがあってないような音楽映画。大御所が多数出演してることでも有名。キャブは主人公のブルース兄弟を孤児院で面倒を見てくれたおじさんという役で登場。ブルース兄弟がライブコンサートに到着するまでの時間稼ぎとして、Minnie the Moocherを歌う。


おまけその3:

2017年9月に発売されて話題になったゲーム「Cuphead」に、キャブをモチーフにしたボスキャラ「Mr. King Dice」が登場する(サイコロ頭に口ひげのおじさん)。彼の勝ち台詞である「Hi-de-ho!」はまんまキャブのスキャットによく出るフレーズでもある。ゲーム内の世界観そのものが1920~30年代のカートゥーンをモチーフにしており、白黒時代のアニメのスラップスティックでぐにゃぐにゃした動きを見事に再現している。ロックマンや魂斗羅などをオマージュした横スクロール系アクションゲームだが、難易度は鬼畜
死後にこんな形でリバイバルするとはキャブも思わんかったやろなあ。



サントラ欲しいな〜と思ったらまさかのレコードだった。
KRISTOFER MADDIGAN
収録アルバム:CUPHEAD (SOUNDTRACK) [4LP] [12 inch Analog]


おまけその4:
ベティさんの「ミニー・ザ・ムーチャー」を製作するに至るまでを詳しく概説。

[PR]
by CockRobin96 | 2017-05-20 10:49 | Trackback | Comments(0)