タグ:Cuphead ( 47 ) タグの人気記事

Roll or Die short ver.《ロール・オア・ダイ(賽は投げられた)ショートバージョン》Rockit Gaming


 Roll or die
 賽(さい)を投げてしまったから
 Roll or die
 賽を投げてしまったから
 Rollin'
 賽が回る

Feeling frantic
狂気を感じる
In the Botanic Panic
この「ボタニック・パニック」で
We’re the Root Pack Jammin
我ら「ルート・パック」が立ちはだかる
Now we’re feeling organic
我らは自然を感じ
Getting full
満ち足り
Eating all these vegetables
お野菜を残さず食べる
Potato, an onion
ジャガイモに、タマネギに
A carrot looking psycho
見るからに狂ったニンジンだ

Goopy Le Grande
グーピィ・ル・グラン
Kill you in the first degree
いの一番にお前たちを倒す*1
Rest in peace with
安らかに眠れ
With a boss like me
わたしと共に
Bouncing up and down
上へ下へと跳ね回る
With a gloppity hop
ネトネトぴっちゃんと
I’m a slippery slugger
俺はツルツルなハードパンチャー
With my boxing gloves!
ボクシンググローブも着用済みだ!

Flapping those wings
翼を羽ばたかせて
All the way in sky
空路はるばるようこそ*2
I’m a threatening Zeppelin
あたしは「不吉な」飛行船
coming to join the fight
一緒にフライトしましょうよ
They call me Hilda Berg
みんなはあたしを「ヒルダ・バーグ」と呼ぶ
I’m on an all time high
史上最高にハイな気分
Taking out you Cupheads
コップ頭たちをテイクアウトしてあげる
Float up on cloud 9
有頂天の上より高く*3

Come into my floral
我が花園へようこそ
Fury getting worried
憤怒が心を悩ませ
Allergies acting up
アレルギーを活性化させ
Vision getting blurry
視界を霞ませる
Cagney Carnation
キャグニー・カーネーション
Causing frustration
欲求不満なんだ*4
Dropping seeds
種を撒いてやる
On top of you
お前たちの脳天に
I bring the pollination
そして花粉を植え付けてやる

* Wake us up inside
*内なる僕らを呼び覚ませ
 Cause the bosses own the night
 夜を牛耳るボスキャラどもが
 Says the contract that we signed
 僕らが契約書にサインしたと言うなら
 Cause we
 僕らは
 Roll or die
 賽を投げてしまったから
 Roll or die
 賽を投げてしまったから
 Rollin'
 賽が回る

 Gamble with our time
 僕らの命数を賭けてやる*5
 Because chance is on our side
 ツキは僕らの方にあるから
 Will you fold or stack ‘em high
 ゲームを降りるか全てを賭けるか決めろ
 Cause we
 僕らは
 Roll or die
 賽を投げてしまったから
 Roll or die
 賽を投げてしまったから
 Rollin'
 賽が回る

 Roll or die
 賽を投げてしまったから
 Roll or die
 賽を投げてしまったから
 Rollin'
 賽が回る

Fighting souls ever since
闘魂は常に共にあり
Ever since we’ve been some tadpoles
俺たちがオタマジャクシだった頃からずっと
Winding up a punch
旋風拳を巻き起こせ
Double team ‘em take control
タッグを組んで戦いを制する
Call us Clip Joint Calamity
俺たちは「クリップ・ジョイント・カラミティ
You’ll have to scream profanity
お前たちは絶叫する羽目になる
While you’re stacking up your losses
敗北を積み重ねるうちに
You’ve become another casualty
気づけば遭難者になっているのさ

Now I won’t sugar coat it
わたくし、甘くはなくってよ
I’m the greatest bound to win
わたくしの圧勝は決まったも同然
Baroness Van Bon Bon
バロネス・フォン・ボンボン
I’m the candy queen of sin
わたくしこそは罪深きお菓子の女王*6
Lacking’ chin I can see it
開いた口が塞がらないのね
Other demons getting scared
他の魔物たちも恐れいる*7
In the sugarland shimmy man
この砂糖の国の舞踏会
You better come prepared
備えた方がよろしくてよ

You hang around this pyramid
このピラミッドのまわりをうろつく者たちよ
You’re bound to be in peril
お前さんがたは危険な目に遭う定めなのさ
Cause the gene don’t grant wishes
魔神はお願いを叶えるものではないのでね
And this puppet’s acting feral
このお人形は凶暴に
Slapping cups and mugs around
カップもマグもはたき落とす
You can never take the heat
この責め苦には耐え切れない
Master demon’s got you choking
魔物の親玉がお前さんがたを締め上げる
On a streak, always play for keeps
真剣勝負はひたすら続くのさ*8

Come into the carnival
カーニバルにおいでよ
And hang out with the clown
そしてこのクラウンと遊ぼうよ
Beppi doesn’t bite
ベッピさんは噛みつきゃしないよ
Swear it’s safe so come on down
誓って安全ですからどうぞお入りよ
We’ve been entertaining demons
魔物たちだって楽しませてきたんだよ
Longer than you’ve been alive
君たちの生まれるより前から
Come and see what happens
何が起こるか見ててごらん
If you take a ride
アトラクションに乗ったら
Take a look inside
内側を覗いてごらん

*Refrain
*繰り返し

*1 first degreeで第1級、または初級。最高級とも取れるし、ほんの手始めとも取れる。
*2 all the wayは色んな意味がある。

*3 cloud nineは天国の第九層、転じて至福の状態、有頂天。積乱雲のことも指す。
*4 私は性欲モンスターみたいな自己紹介やめろ。
*5 timeは「自分の番」という時でも使うが、命数を表すこともある。My time has comeで「命数が尽きた」「時節到来」の両方の意味がある。
*6 日本語でキャンディと言えば飴ちゃんのことだが、英語圏ではお菓子全般を指す。

*7 demonsは他のボスキャラを指すのか? ようわからん。
*8 streakは「一直線」「一筋に」という意味。play for keepsで「真剣勝負」。

text & tune: Rockit Gaming

タイトルは直訳すると「賭けか死か」。死ぬのは嫌だから賭けに出るしかない、というわけ。
「賽は投げられた」とちゃんと英語で言う場合は「The die is cast.」(dieはdiceの単数形)。元々はガイウス・ユリウス・カエサルがラテン語で言った言葉。
サブタイトルはCuphead ALL BOSSES Rap Songといい、本来はデビルまで続く長い曲だが、とりあえずできたところまで。フルバージョンはそのうち。

Yellow-py氏による絵コンテバージョン
ピラミッドのところにちゃっかり「怪奇ゾーン グラビティフォールズ 」のビル・サイファーがいる



Rockit Gaming
収録アルバム: Roll or Die

[PR]
by CockRobin96 | 2018-09-02 23:00 | Trackback | Comments(0)

Mausoleum Ⅰ. Ⅱ. Ⅲ《霊廟1・2・3》Cuphead


[霊廟1クリア失敗]
Get lost! You hear me?
This tomb is only for the eerie!
失せろ! ちゃんと聞いてんのか?
この墓地はこの世のものでない者たち専用なんだよ!


[霊廟1クリア成功]
[Legendary Chalice]
Gosh, I don't know how to thank you boys for saving me!
Where are my manners?
I didn't even introduce myself!
I am known as the Legendary Chalice.
Pleased to meet you.
I was searching for magic and got trapped by those ghosts!
Speaking of magic... Please accept this gift. It should help!
There are other Mausoleums around Inkwell Isle, I just wonder...
[伝説のチャリス]
ああ、助けてくれた坊やたちになんてお礼を言ったらいいかしら!
あら、ごめんあそばせ。*1
自己紹介すらしてなかったわね!
わたしは「伝説のチャリス」として知られてるの。
あなたたちに会えて嬉しいわ。
わたしは魔法のアイテムを探してて、オバケ達に罠にかけられてしまったのよ。
魔法といえば…この贈り物を受け取ってちょうだい。きっとあなたたちの助けになるわ!*2
他にも「霊廟」がインク壺島中にあるの、不思議よねぇ…
*1 直訳で「お行儀はどこにいったの?」だが、行儀の悪い子にこう言って叱ったり、自分で「失礼しちゃってごめんなさいね」という意味で使ったりする。
*2 speaking of 〜で「〜といえば」「話のついでなんだけど」の意。

Dear me!
You mustn't forget that magical super arts have to be equipped in the menu before use!
あらやだ!
忘れちゃダメよ、使う前にメニュー画面で「魔法の必殺技」を装備するのよ!

SUPER ART1 : Energy Beam
頭から真横に極太の水流をぶっ放す。ヘッドキャノン

固有BGMはLegendary Ghost《伝説の聖霊》(サントラでは25番)。チャリスは聖杯のこと。キリスト教の礼拝でぶどう酒を入れるのに使うものだが、究極的にはかつてキリストが最後の晩餐で使ったものを指すこともある。
ホクロの位置がマリリン・モンローっぽいおば…おねーさん。

ちょくちょくオバケたちに捕まるうっかり者。助けると、必殺技を授けてくれる。

カプマグ兄弟のご先祖さまではないかという説がある。島3のラグド・リッジで彼女によく似た石像があるのが確認できる。母親説もあったが、それならいくらなんでも遭遇時に気付くだろということで今ではあまり用いられない。
よく「女神」として紹介されているが、彼女は正しくは「」である。死んだらみんな神さま仏さまになる日本人にとっては「どっちもいっしょじゃん」と思うかもしれないが、キリスト教的な悪魔(デビル)が存在する以上、神は唯一神であり、女神の存在はあり得ない。そこんとこよろしく。

追記:ダウンロードコンテンツとして、チャリスさんがお若くなって参戦することが決定した(ほくろの位置が逆になっている)。ぺたんこ靴かわいい。(2019年予定。できるんですかねぇ)
しかしマグマンくんの顔芸とジェスチャーに若干話題を持ってかれた。
ウィキペディアなどでは「ミス・チャリス」と紹介されているがこれは明らかな誤訳で、Ms.は「ミズ」と発音するのが正しい。「既婚でも未婚でもありえる」敬称であることが重要なのである。




[霊廟2クリア失敗]
Yet another spooktacular performance from the Spectre Syndicate.
妖怪連盟提供の驚異と恐怖のショーはまだまだ続く!

spook+spectacularという造語。spectreはspecterの英国綴り。カナダは英国の影響が強いからだろうか。

[霊廟2クリア成功]
I knew if i rooted around here I could find something special for you!
But I didn't know I'd get trapped again!
Thanks for saving me a second time.
Take this magical super art and I'll see if I can find you another!
この辺を探せば、あなたたちにもっとすごいものを見つけてあげられると思ってたのよ。
でもまた罠にかかるとは思わなかったのよ〜。
二度も助けてくれてありがとうね。
この「魔法の必殺技」を持ってってちょうだい。また他のを見つけたら会いに行くわね!


SUPER ART2 : Invincibility
短時間体が金色に輝き、無敵状態になる。これはマリオやソニックやカービィと同じ。よく見ると少し体が透けている。



[霊廟3クリア失敗]
Is success achievable?
Not when we are this un-boo-lievable!
目標達成だって?
我々にベロベロバーなんてされてるうちはダメだね!

booはブーイングする、ブー!と言って脅かすの意。それと、unbelievable(信じられない)のダジャレ。

[霊廟3クリア成功]
Thank goodness you came by!
Those lousy ghosts had me but good that time!
Here's the last magical super art I was able to find for you!
Well, time for me to take a powder. Good luck!
あなたたちがきてくれて本当に良かった!
気持ち悪いオバケたちに捕まって、ひどい目にあったわ。*1
これがわたしに見つけることのできた最後の「魔法の必殺技」よ!
さて、もうおさらばしなきゃ。がんばってね!*2


*1 but good でこっぴどく、徹底的に。「オバケに捕まってたけど良かったわぁ」ではない。
*2 take a powderで「逃げる、ずらかる」。女性がお化粧直ししにトイレに行くふりしてデートをトンズラすることから由来。

SUPER ART3 : Giant Ghost
マッスルな霊体を召喚し、触れたものにダメージを与える。操作は自機と連動。ところでチャリスさんがこの技を使ったらやっぱりムキムキになるんでしょうか。


参考:必殺技一覧





Cuphead Japanese_Translation Index《カップヘッド日本語訳 目次》

Kristofer Maddigan
収録アルバム: Cuphead (Original Soundtrack)

[PR]
by CockRobin96 | 2018-07-27 12:10 | Trackback | Comments(0)

Railroad Wrath《レイルロード・ラス(憤怒鉄道)》Inkwell Isle 3 Boss


Phantom Express:ファントム・エクスプレス(幽霊超特急)
怒りのレイルロード…なんでもない。
モデルと戦い方は、ファイナルファンタジー6に登場するダンジョンを兼ねたボスキャラ「魔列車」。
1932年に公開された同名のモノクロ映画がある(日本未公開)。

野菜3体に始まり、お化け4体で終わる。
イントロダクションでちょろっと出てきた「wrong side of the tracks(ガラの悪い地区)」というのは、この線路を越えた向こう側を指す。side of the tracksを直訳すると「線路の向こう側」、アメリカでは鉄道線路の片側に高級住宅地または貧民地区が集中したことから。
日本の浮世絵に描かれた妖怪との共通点が多く指摘されている。日本人としてはちょっと嬉しい。

Blind Specter "I can... see... into the future. You...will be... counting worms."
ブラインド・スペクター(目無しお化け)「私には…未来が見える。お前たちが…墓でウジ虫を数えているのがな」

鳥山石燕の「画図百鬼夜行」に登場する妖怪「手の目」+および「今昔百鬼拾遺」の「泥田坊」に似ている。また、ダークファンタジー映画「パンズ・ラビリンス」の目無しの怪物「ペイルマン」もモデルとされる(ペイルマンのモデルがそもそも手の目だが)。
b0310887_20490921.jpg
b0310887_20291159.jpg

read who's palm(誰々の手のひらを読む)といえば、占いのこと。
さらに、死人とウジ虫の組み合わせは土葬が一般的な欧米ではよくある。
4体の中でこいつだけ駅員には見えないが、どういう立場なのだろうか。

T-Bone "All aboard!! Next stop -- your funeral."
Tボーン「発車いたします! 次の停車駅は…貴様らの葬式会場だ」

Tボーンといえばステーキだが、お肉はない。車掌帽をかぶった巨大な骸骨。元ネタは日本の妖怪「がしゃどくろ」、または歌川国芳の「相馬(そうま)の古内裏(ふるだいり)」。
b0310887_21191746.jpg
もしくはシリー・シンフォニーシリーズの一編「骸骨の踊り」。



というわけでミスター・ボーンジャングルズという名前もある(「骨ガチャガチャ氏」の意)。
ボーンジャングルズはティム・バートンの「コープス・ブライド」に登場した死者の酒場の人気歌手。

または、ハンナ・バーベラプロのアニメ「スクービー・ドゥーとスクラッピー・ドゥー」の1988年テレビスペシャル「Scooby-Doo and the Reluctant Werewolf」(日本未公開)に出てきた骸骨。


Blaze Brothers "Sorry! This train is only for the dead...but we can help you with that."
ブレイズ・ブラザーズ「悪いな! この列車は死人専用なんだ…だが乗る手伝いをしてやれるぜ!」

Blazeは燃え上がる炎、まぶしく輝くもの、または道しるべ。
一見なんだかよくわからないが、鉄道信号の一種ではないかと言われている。電気攻撃を仕掛けてくるし。
b0310887_21172685.jpg
その他ピストン部分という説もあるが、ゲームファイル上は「lollypop ghouls」(ペロペロキャンディー鬼)という訳のわからん名前が付いていた。
また、日本の妖怪ろくろ首(見越し入道)もモデルとされる。
b0310887_21185689.jpg
ファンダムでは「Swing you sinners!」の家オバケっぽい(島2の池の顔と同じ)と言われているが、ロビンはシリーシンフォニーの「真夜中の舞踏会(陶器の店)」に出てきた背景のお皿っぽいと思う。
b0310887_11210358.jpg

The Head Of The Train "What a glorious night for me to bring the fright!"
先頭車両「恐慌をきたすにはもってこいのわが栄光の夜だな!」

顔面がついた機関車といえば、機関車トーマスチャギントン「ダンボ」のケイシー・ジュニアなどがいる。動物っぽい動きと鼻のあたりはケイシー・ジュニアがモデルかもしれない。

また、日本の妖怪「朧車(おぼろぐるま)」もモデルとされる。
b0310887_21113264.gif



Cuphead Japanese_Translation Index《カップヘッド日本語訳 目次》

Kristofer Maddigan
収録アルバム: Cuphead (Original Soundtrack)

[PR]
by CockRobin96 | 2018-07-26 21:19 | Trackback | Comments(0)

High Seas Hi-Jinx!《ハイシーズ・ハイジンクス!(潮騒ぎカラ騒ぎ)》Inkwell Isle 3 Boss


Cala Maria:カラ・マリア
high seasは「領海」という意味だが、単に「高波」という意味でもある。
マリアかマライアかはどっちでもいいらしい。また、ヒメヘビの属名が「カラマリア」であることからも連想されている。

ムチムチボディが悩ましい人魚ちゃん。お腹のお肉にアニメーターのこだわりを感じる
モデルはアニメ界のセックスシンボルことベティ・ブープ…でもあるんだが、コナミの横スクロールゲーム「極上パロディウス」のイライザ及び「セクシーパロディウス」のメデューサ(首がとれるところは「新・光神話 パルテナの鏡」のメデューサも入ってる。というか大元であるギリシャ神話でも首を切り落とされている)。自機が赤と青なのもいっしょだな!(あっちは姉が青で妹が赤だが)
b0310887_10045513.png
b0310887_10045763.jpg
このゲームでは珍しく虹彩のある目を持っており、これはシリーシンフォニーシリーズの「Moth and the Flame」のヒロインの蛾の女の子をモデルにしている。なお、最終的に敗北するときのマリアちゃんの目はまだ犬っぽかった頃のベティさん
b0310887_10344889.png
b0310887_10334916.jpg
また塩ヒゲ船長と同じく、いくつかの要素がシリー・シンフォニーの「海の王ネプチューン」から取られている。
calamariは食用イカのことだが、頭にあるのはタコ。これは映画「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト」に登場したデイヴィ・ジョーンズのパロディ。彼女は言うなれば女版デイヴィ・ジョーンズなのである。眷属を呼び出すときだけタコの目が×から●になる。


"You are a cutie... I am not sure if I should catch and release!"
「カワイイ子ね…キャッチ&リリースすることもないかもね!」

ゲーム中、ボスやNPCには大体複数形で呼ばれることが多いが、マリアちゃんにはなぜか単数形で呼ばれる。
呼び出される眷属のうち、カメはディズニーの短編アニメ「ウサギとカメ」のトビー・トータスがモデル。
b0310887_11425033.jpg
"You dare to gaze?! How 'bout stone boots so you can swim with the fishes!"
「あたしを見れるもんなら見てごらん? お魚と一緒に泳げる石のブーツの履きごこちはどうよ!」

足をコンクリートで固めて海に沈めるのは、マフィアがよくやる処刑法。2016年にブルックリンの海岸にそういう遺体が流れ着いて話題になった。
第二形態時の特徴的な手つきは、キャブ・キャロウェイが音楽を担当した「山の老人」のベティさん(2:07〜2:25あたり)ではないかと思う。確信はないが。

"Holy Mackerel! Is that your best effort?"
「イカしてなーい! 最高にがんばってそれなの?」

イカだけに。mackerelはサバのこと。HolyのあとにShitに限らず色んなものをくっつけることがよくある。ディズニーのオリジナルアニメ「怪奇ゾーン グラビティフォールズ」の第17話(11:15あたり)で、スタン大叔父さんが「Holy Mackerel!(吹き替えでは「驚いたな!」)」と叫ぶシーンがある。
洞窟にびっしりと生えた紅珊瑚は、「メデューサから滴り落ちた血で珊瑚ができた」という神話に由来。
ちなみにグッドエンドの全員集合シーンでは、もげた身体が元に戻ってる上に大きさも縮んでいる。解せぬ。
もげた方の体は「ミロのビーナス」を模している。

最初の「YOO-HOO!!(ユー・フー)」という呼び声は「ヤッホー」の変形で、女性が遠くの人に呼びかけるときに使うが、特にミニー・マウスがミッキーに呼びかける声で知られる


公式ではお花ちゃんと並んでお気に入りキャラなのか、トレーラーの常連だったりレコーディング風景がyoutubeにアップされたりしている。


担当アニメーターはキャグニージミと同じくJake Clark。初期コンセプトの画像も公開されている。(これはファンがまとめたのをデザイナーが「まとめてくれてありがとう!」と返信している)


Cuphead Japanese_Translation Index《カップヘッド日本語訳 目次》

Kristofer Maddigan
収録アルバム: Cuphead (Original Soundtrack)

[PR]
by CockRobin96 | 2018-07-26 11:49 | Trackback | Comments(0)

Rugged Ridge《ラグド・リッジ(デコボコ山脈)》Inkwell Isle 3 Run'n'Gun


"You'll never best a bluff, persevere a peak, or curb a cliff -- just give up now!"
「絶壁を登ることも、絶頂を越えることも、断崖を抜けることもできない…今こそ諦めるんだな!」

実はこのラグド・リッジは島2のグリムがいる塔の後ろの山とつながっており、グリムの幼生みたいなちびドラゴンが雑魚敵として登場する。
他の雑魚敵で、マウンテンゴートはベティさんの「山の老人」の冒頭に出てくるヤギ(と「スーパーマリオ」のハンマーブロス)、サチュロスはシリー・シンフォニーの「Playful Pan(森の妖精)」に登場する半獣神パン、顔のある炎は同じくシリーシンフォニーの「The Moth and the Flame(モスの消防隊)」の炎がモデル。
b0310887_22244834.jpg
b0310887_22274277.png
b0310887_22215339.jpg
b0310887_22220796.jpg
"Fee fi fo fum, I'm the guardian of this ruined land."
「悪い子はとって食うぞ、俺こそはこの荒れ果てた地の守り手なのだ」

Fee fi fo fum」は昔話の人食い巨人の決めぜりふ。
一つ目巨人(サイクロプス)のモデルは、1958年の特撮映画「シンドバッド 7回目の航海」に出てきた巨人。


この辺りの廃墟で、「伝説のチャリス」らしき人の石像や、食器モチーフの遺物が確認できる。盾飾りのラテン語は「Calix Animi」と読める。「カップ一族の」とも訳せるし「命を得たカップ」とも訳せる。よくわからない。

※情報提供・82様

槍を持ったチャリスちゃんさんのモデルはおそらく「アテナ」。他の彫刻も、「ソクラテス像(アテネ)」「アトラス像(ナポリ国立考古学博物館)」「ミュロンの円盤投げ」「アルテミシオンのポセイドン(ゼウス)(アテネ国立考古学博物館)」「大神祇官姿のアウグストゥス帝(バチカン美術館所蔵)」「アルルのヴィーナス(?)(マリア像かも)」などの有名な彫刻をモデルにしている。
Aクラス男ことフォーキントンのご先祖っぽい人も地味にいる。フォークの像はロンドンにある「エロス像」がモデル。フォーキントンのしゃべり方もイギリス風。
b0310887_21533269.jpg


Cuphead Japanese_Translation Index《カップヘッド日本語訳 目次》

Kristofer Maddigan
収録アルバム: Cuphead (Original Soundtrack)

[PR]
by CockRobin96 | 2018-07-25 22:24 | Trackback | Comments(0)

Junkyard Jive!《ジャンクヤード・ジャイヴ!(廃品処理場のスウィング)》Inkwell Isle 3 Boss


Dr. Kahl's Robot:カール博士のロボット
ジャイヴとはスウィングジャズに合わせて踊るダンス。またはスウィングを演奏すること。

ロボットのモデルは1968年のSF小説「アイアン・マン 鉄の巨人」(1999年に「アイアン・ジャイアント」としてアニメ映画化)とされる。

でも顎の形やギミックが飛び出すあたりは「ミッキーと人造人間」のほうかもしれない。


胸にハートが入っているのは「オズの魔法使い」のブリキの木こりから。
b0310887_09242348.jpeg
伸縮する腕などはラピュタのロボット兵もちょっと入ってるかもしれない。ところで「巨大ロボアニメ」の元祖は鉄人28号(1956年)と思われがちだが、フランスの長編アニメ「やぶにらみの暴君(後に「王と鳥」としてリメイク)」(1952年)が先行だったりする。


スウィングする巨大ロボというのは、フランスのエレクトロ・スウィンググループ「キャラバン・パレス」のPVっぽくもある。


一方カール博士は、「ロボットを使役する悪の科学者」というすごくスタンダードでわかりやすいキャラデザ。あまりにも該当するモデルが多すぎるのだが、オマージュ元のロックマンシリーズのワイリー、セガのソニックシリーズのエッグマン、クラッシュ・バンディクーシリーズのコルテックス、ミッキーの白黒時代アニメに登場した「マッド・ドクター」がいる。共通点は髪型。なお、kahlとはドイツ語でハゲ。ストレートすぎぃ!(KarlであればCharlesのドイツ語名)

ロボの頭に搭乗するのは、マジンガーZ…なのかなあ…


"OBJECTIVE COMPLETE. TARGET SCRAPPED."
「目標達成。たーげっとヲ破壊シマシタ」


"MALFUNCTION. MALFUNCTION."
「故障デス、故障デス」


"I have the perfect equation to hinder yer evasion!"
「ワシにはお前達の回避を阻止する完璧な方程式があるのじゃ!」

この形態のモデルは、Dr. ワイリーの乗り物(ロックマン7)っぽくもあるし、クッパの乗り物「クッパクラウン」ぽくもある。


撃破すると、博士の服が弾け飛ぶという死ぬほどどうでもいいサービスシーンが入る。お前が脱ぐのかよ!
しかも回収した契約書によれば、魂を持ってかれるのはカール博士ではなくロボットの方。なぜデビルがロボットの魂を要求しているのか、どのようにしてロボットが魂を持つようになったのか、ギャグ・シリアス問わずさまざまな考察がなされている。

ドイツ系&廃材を使ったメカつながりで、ワーナー・ワーマンと関連付ける考察もある。島3はなぜかNPC含めドイツ系が多い。



Cuphead Japanese_Translation Index《カップヘッド日本語訳 目次》

Kristofer Maddigan
収録アルバム: Cuphead (Original Soundtrack)

[PR]
by CockRobin96 | 2018-07-25 09:52 | Trackback | Comments(0)

Murine Corps《ミュリン・コア(小ネズミ兵団)》Inkwell Isle 3 Boss


Werner Werman:ワーナー・ワーマン(ドイツ語発音だとヴェルナー・ヴェアマン)
ここだけ他のステージと違って韻を踏んでいないが、これはMarine Corps(海兵隊)のひねり。海兵隊っぽく吹奏楽を多用したBGM。なお、Corpsをコープスと読むのは本来誤りだが(語源であるフランス語発音がそのまま定着したため)、もしかすると「Corpse(死体)」とかけているかもしれない。実験体のなれの果てかな。
Murineはハツカネズミ、スナネズミなどの小型のネズミ。mouseと同じ。ratだとドブネズミなどの大型のネズミを指す。

ワーナーのキャラデザモデルはミッキーの兄貴分「モーティマー・マウス」(1936年「ミッキーのライバル騒動」で初登場)。茶色いのはトムのライバルねずみジェリーの他に、シリーシンフォニーの「田舎のねずみ」(同じく1936年)もちょっと入ってるかもしれない。あともしかすると、戦中に日本で制作されたプロパガンダアニメの悪い顔したミッキーとコウモリ。
加えてドイツ兵の帽子(第一次世界大戦まで使用されていた「ピッケルハウベ」)、ドイツ語なまり、戦車などわかりやすい要素がくっついている。
なんでネズミ+戦車かというと、第二次世界大戦中にドイツ軍が試作した超重戦車の名前が「マウス(ネズミ)」。ただし完成せず実戦には投入されなかった。
「人間の落し物を再利用しました」みたいな部屋の内装は、ジェリーのお部屋っぽい。
b0310887_09442438.jpg
b0310887_23484691.jpg
b0310887_00325088.jpg
"Zat vas easy as eins, zwei, drei!"
「三つ数えるように簡単だったぞ!」

ちなみに乗ってる戦車はアンディ・ウォーホルで有名なキャンベルのスープ缶。


"Zis tank is ze ultimate veapon. You vill not vin!"
「この戦車は究極の兵器だ。お前たちは絶対に勝てない!」

左右から迫ってくる丸ノコは、瓶の王冠を再利用したものとなっている。カジノで発売していると思われる飲料や、机に置いてあるサイコロなどで、ワーナーとカジノの関係を暗示している。

"Hiss! Hiss! Me-e-e-e-ow!!"
「フシャシャー! ミャーオ!」

この猫のカラーリングは「トムとジェリー」のトムをオマージュ。ただし、トムは年代ごとにちょっとずつ模様が違ってたりする。

うみゃみゃみゃみゃー。
君はメカを操るのが得意なフレンズなんだね!
担当アニメーターはHanna Abi-Hanna。他にデビルベッピグリムを担当しており、動画をインスタなどに公開している。なお、アニー賞の最優秀キャラクター・アニメーション賞(ビデオ・ゲーム部門)を受賞した。ワオ!


Cuphead Japanese_Translation Index《カップヘッド日本語訳 目次》

Kristofer Maddigan
収録アルバム: Cuphead (Original Soundtrack)

[PR]
by CockRobin96 | 2018-07-25 00:33 | Trackback | Comments(0)

Perilous Piers《パーラス・ピアーズ(危険埠頭)》Inkwell Isle 3 Run'n'Gun


"The Fish Federation and the Crustacean Nation are victorious once again!"
「魚類連邦と甲殻類国家に勝利を再び!」


Crabby Clawsters(怒りんぼチョキチョキズとでも言おうか。clawはカニなどのハサミ、~sterは「〜する人」)という名がある人面蟹のモデルは、塩ヒゲ船長の船と同じく「Small Fry」にでてきた主人公の小魚くんを暗闇でおどかすカニ。


髭の生えたでかいロブスターには、Kaptain Krustacean(クラステイシャン司令官)という名前がある。
そのほか、雑魚敵の愛称は以下の通り。
Fishy Flyers(空飛ぶお魚。クマノミっぽい模様をしている)
Larnicle the Barnicle(フジツボのラルニコル。フジツボというよりイソギンチャクに似ている。セガのゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」に出てきた雑魚敵がモデル)
Urban Urchins(都会ウニ)
Bubble Stars(バブルスターズ。泡に入ったヒトデ)
Buoy Boys(ブイ・ボーイズ。ピンクのランプを灯した浮かぶ標識)
Perilous Pearl Shooters(危険な真珠撃ち。すぼまった薄緑のイカのような姿をしている)
Shy Shrimp(シャイな小エビ)

紫のタコで移動する際の背景に、カジノの広告やアクメ社(根菜詰め合わせの背景のアレ)の看板、往年のアニメーターやクリエイターの苗字などが掲示してあるという小ネタが入っている。カラ・マリアちゃんの頭も紫のタコだが、こいつとの関連は不明。

Cuphead Japanese_Translation Index《カップヘッド日本語訳 目次》

Kristofer Maddigan
収録アルバム: Cuphead (Original Soundtrack)

[PR]
by CockRobin96 | 2018-07-24 23:17 | Trackback | Comments(0)

Dramatic Fanatic《ドラマティック・ファナティック(劇場の激情)》Inkwell Isle 3 Boss


Sally Stageplay:サリー・ステージプレイ
タップダンスの音がかっこいいBGM。ファナティックは熱狂的ファン・狂信者という名詞、または狂信的という形容詞。
ステージプレイはまんま「舞台演劇」の意。
キャラデザはポパイの恋人オリーブ・オイルっぽいが、「女優」という彼女の職業はベティ・ブープと同じでもある。「ベティの白雪姫」に登場した悪い女王様にも似ている。というか昔のカートゥーンの女子キャラバリエーション少なすぎやろ。
b0310887_14324359.jpg
また、ベティが一度共演したことがある「サリー・スウィング」というキャラが、彼女の名の由来であろう。髪型とパラソルが日本の舞妓さんぽいという説もあるが、どうかなあ。確かにベティさんは一度日本にきているが
傘を武器にするゲームキャラというと緋雨閑丸(サムライスピリッツ)、パラソルカービィ(とワドルディ)がいるが、特に扇子を用いた攻撃をする不知火舞(餓狼伝説)との関連が示唆されている(彼女も日傘を持った公式イラストがある)。サリーが隠れ巨乳だったりしないかなあ


実は一瞬だけパンチラしているが、視認する前に蹴り殺されるのでどうでもいい
最初のウェディングドレスを引き裂くモーションは、ストリートファイターⅢのユリアン(男)から。


"Break a leg...nah, break two!"
「片足折ってご挨拶…いえ、両足折って土下座ね!」

Break a leg(片足が折れるように)は本来は舞台用語で「ご成功を!」を意味する。「Good Luck」と言ってしまうと逆に「Bad Luck」を呼び寄せるからわざと不吉なことを言う、あるいは「好評になって(足を曲げて)お客にご挨拶できますように」「おひねりを投げ込まれて(足を曲げて)拾えますように」という意味だとも言われている。ちなみに「両足が折れますように」は単なる悪口。
背景で慌ててるおじさんは、グッドエンディング時の全員集合シーンで書き割りではなく本物の旦那であることが判明する。

"Stay away from center stage or succumb to the power of a starlet's rage!"
「舞台中央から下がるか、スター女優の勢いにひれ伏すかよ!」

ということはおもちゃを投げてくる二人の赤ちゃんも実子かもしれない。子持ちでカジノ行って借金背負っちゃいかんでしょ。
starletは「小さな星」、売り出し中の若手女優を言う。でも既婚で子持ちやんけ!というか本当に「若手」かどうかも怪しい。

"Good riddance -- go away! It is time for my soliloquy."
「いい厄介払いね…さあどいて! わたしの独擅場よ」

「どくせんじょう」と読む。独壇場(どくだんじょう)は誤読。
技名のボードが出るのは、スクエニ(旧スクウェア)のゲーム「ファイナルファンタジー」の戦闘場面から。また、ファイナルファンタジー6のラスボス、ケフカも元ネタの一つ。


女神に扮した役者が宙吊りになっている演出は、メリエスの「月世界旅行」の一シーンに似ている。
b0310887_10480992.jpg
"Please exit stage left during my standing ovation!"
「わたしが拍手喝采されてる最中は静かに退場してちょうだい!」

exit stage leftで「静かに立ち去る、ひっそりと世を去る」。
シェイクスピア「この世はみな舞台、人はみな役者」(「お気に召すまま」2幕7場)
スタンディング・オベーションは起立して拍手喝采すること。プレーヤーに対する最高級の賛辞。


Cuphead Japanese_Translation Index《カップヘッド日本語訳 目次》

Kristofer Maddigan
収録アルバム: Cuphead (Original Soundtrack)

[PR]
by CockRobin96 | 2018-07-24 15:10 | Trackback | Comments(0)

Shootin' 'n' Lootin'《シューティン・ルーティン(狙い撃って奪い取れ)》Inkwell Isle 3 Boss


Captain Brineybeard:キャプテン・ブライニービアード(塩ヒゲ船長)
ポパイのライバル、ブルートっぽいキャラデザの船長。というか島2の怪鳥父子でも取り上げた「ポパイと船乗りシンドバッド」そのまんま。初期にはBGMもウォーリィとほぼ共有だったりする(単にまだ完成してなかっただけかも)。
なお、彼だけがCupheadのキャラの中で五本指をしている。博士女優は四本指。解せぬ。
b0310887_09245139.jpg


眼帯に両足が義足。この体格で両方義足ってつらそう。酒焼け(潮焼け?)して赤くなった鼻はシリー・シンフォニーの「海の王ネプチューン」の海賊たちから。このアニメ、ディズニーにしては珍しくちょっとエッチ。
b0310887_18410177.jpg
義足と眼帯は冒険小説『宝島』のジョン・シルバーを含めた「海賊」のスタンダードなイメージ。ただし塩ヒゲ氏は一瞬だけ眼帯がめくれる描写があり、無傷の目があるのが確認できる。一説には、船底などの暗がりから急に出てきた時に、眼帯をかぶせた方の目を使えばすぐ見えるようになるとも。
最初期の設定ではまんま「シルバー船長」という名だった。


"Yer skills be like me buried treasure... just a myth!"
「おめーらの腕前ってのは俺様が昔埋めた財宝と同じだな…ただの作り話だ!」

この辺まで来ると、「なんか凄い取立屋が来る」とか噂にでもなってるのだろうか。

"HAW-HAW-HAW-HAW-HAW!"
「ワーッハッハッハッハ!」

笑い声だけ。船がツノのあるクジラ(?)に変化している。このモデルはもしかすると1939年のカラーアニメ「Small Fry」に登場したでかい魚。
実はのどちんこレーザーはパリィが可能。
なお、船が変化した時、船長は背景で海に真っ逆さまに落ちている。扱い雑ぅ!
b0310887_13584369.jpg

初期の試遊動画。まだまだ粗削りで手探りしてる感がある…



Cuphead Japanese_Translation Index《カップヘッド日本語訳 目次》

Kristofer Maddigan
収録アルバム: Cuphead (Original Soundtrack)

[PR]
by CockRobin96 | 2018-07-24 12:58 | Trackback | Comments(0)